QX2(NewQX)専用マクロ

一覧

以下は、QX2(NewQX α0.53以降)専用のマクロです。
拡張子が MAC のマクロを実行するには、旧QXの qxwmac32.dll が必要です。


カーソル位置の単語を取得して検索コンボ/バッファへ
V0.73  getwrd2073.zip 13-05-01 4,703 bytes

カーソル位置の単語を取得してツールバーの検索コンボに設定するマクロです。同じカーソル位置で連続して実行すると、最初に取得した検索文字列の末尾に次々と単語単位で継ぎ足して設定されます。

現QX用の「現位置の単語を取得/検索バッファへ」とほぼ同機能ですが、検索バッファではなく「検索コンボ」に単語を設定します。検索コンボが非表示の場合は、検索バッファに設定することも可能です。

V0.73
・GETWORD2.vbs,search_string および replace_string の動作を改善しました。

V0.72
・GETWORD2.vbs,replace_string で、置換の前に行選択が解除されないようにしました。
・文書を何も編集していないときに、GETWORD2.vbs でエラーメッセージが出る不具合を修正しました。

V0.71
・空行位置で実行すると、「検索コンボが見つかりません」というメッセージが出る不具合を修正しました。
・文書を何も編集していないときに実行すると、エラーメッセージが出る不具合を修正しました。

V0.70
・GETWORD2.vbs に、search_string と replace_string を追加しました。UseSrcCombo=1 の場合、SearchString、ReplaceString の代わりに用いると、取得単語が検索・置換ダイアログの検索文字列に設定されます。

V0.60
・検索コンボが非表示の場合、検索バッファを使用できるようにしました。
・検索コンボを使用する場合、検索ダイアログの「特殊文字列を使用しない」の設定にかかわらず動作するようになりました。

一覧