2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーなどもなかなか、FTP接続や簡易マクロも実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


ダウンロード V10.57  nyanfi1057.zip 2017-11-20 4.5 MB (ソースコード付)
MD5: 7e2b982d7269347896f2401a03f08f48
※本体から更新の確認、アップデートが可能です。

旧バージョン
nyanfi1056.zip/ nyanfi1055.zip/ nyanfi1054.zip/ nyanfi1053.zip/ nyanfi1052.zip
nyanfi1051.zip/ nyanfi1050.zip/ nyanfi1049.zip/ nyanfi1048.zip/ nyanfi1047.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_1.zip 2017-11-07

V10.57
・通常のファイルやURLリンク以外の項目をファイルリストへドラッグ&ドロップしようとした場合、ドロップ禁止カーソルを表示するようにしました。なお、エクスプローラからのアーカイブ内ファイルのドロップには対応していません(WinRAR や 7-Zip File Manager からは可能)。

V10.56
・ファイラーの ToTab コマンドのパラメータに、タブに設定されているキャプションも指定できるようにしました。

V10.55
・テキストビュアーにおけるプログラムソースのコメント強調表示で、.py の """ ~ """ および .rb の =begin ~ =end が機能しなくなっていたのを修正(v9.18)。

V10.54
・マーク一覧において、ヘッダの「ファイル名」のクリックで名前/拡張子順を切り替えていたのをやめ、項目を「名前」と「種類」(拡張子)に分けました。
・マーク一覧のヘッダ項目に「設定日時」を追加。マークした日時、またはメモ内容を変更した日時を表示します。なお、以前のマーク項目については情報が保存されていないためタイムスタンプが用いらます。
・マーク一覧において、現在選択されているソート方法のヘッダ項目を再度クリックすることで、昇順/降順を切り替えられるようにしました。
・マーク一覧を更新日時順でソートした場合、ディレクトリ部分が名前順になっていたのを修正。

V10.53
・バックグラウンド・タスクでごみ箱を使って削除を行っている最中に ESC キーを押すと異常終了するのを修正。

V10.52
・動作環境から Windows XP を外しました。XP ではエラーが出て起動しません。

V10.51
・ExeCommands コマンドのパラメータに複数コマンドを指定してファンクションキーに割り当てている場合、ファンクションキーバーのボタンを押して実行できないのを修正。

V10.50
・モーダルダイアログからさらに参照ダイアログなどを開いて戻った場合、メイン画面にフォーカスが移ってしまうようになっていたのを修正(V10.40)。なお .nyanfi ファイルの設定ダイアログは、スポイトを使う場合があるため、モーダル表示効果が働かないようにしました。

V10.49
・ALTキーを押した状態でファンクションキーバーのボタンを右クリックするとポップアップメニューがすぐ消えてしまい、またメニュー項目は一つしかないので、メニューを出さずに表示名変更の入力ボックスを直接表示するようにしました。

V10.48
・オプション設定 - 一般 - 操作 に「ALTキーでメニューにフォーカスしない」を追加。チェックすると、ALTキー単打でメニューにフォーカスが移らなくなります(Alt+英字によるメニューアクセスは可能)。なおメニューバーが非表示の場合、ALTキー単打後のキー操作が1回無効にならないようにしました。

V10.47
・Copy、Move コマンドのパラメータに SD(フォルダの参照ダイアログでコピー/移動先を選択)、SS(カレントのサブディレクトリや親ディレクトリをコピー/移動先として選択)を追加。
・Alt+F~キーの場合もファンクションキーバーに表示されるようにしました(反応が鈍い場合もあり)。
・修飾キーを押している状態で他のアプリケーションに移ってからフォーカスが戻った場合、ファンクションキーバーの表示が更新されないのを修正。
・モーダルダイアログからヘルプを開いて閉じたとき、フォーカスがメイン画面に移ってしまうのを修正(モーダル表示効果を有効にしているとスクリーンの下にダイアログが潜ってしまう場合があった)。

V10.46
・ファンクションキーバーのボタン表示名を変更できるようにしました。ボタンの右クリックメニューで「表示名の変更」を選ぶか、オプション設定 - キー設定の一覧で項目をダブルクリックすると、表示名変更のための入力ボックスが表示されます。

V10.45
・テキストビュアーに HelpCurWord コマンドを追加。カーソル位置の単語を、パラメータで指定したヘルプファイルで検索します。
・APP0(JFIF)に続けてAPP1(Exif)が存在する Jpeg 画像でファイル情報を取得すると、エラーが出たりその後のファイル操作ができなくなったりする場合があるのを修正。なお、このようなファイルについても Exif 情報を取得できるようにしました。

V10.44
・ヘルプを開いている状態でモーダルダイアログを開こうとした場合、ヘルプを閉じるようにしました。
・ShowFKeyBar コマンドを追加。ファンクションキーバーを表示します。ボタンには、キーに割り当てられているコマンド名(パラメータ部分を除く)が表示されます。なお、修飾キーが Alt のみの組み合わせは表示されません。またツールバーとは異なり、割り当てられているコマンドの有効/無効やチェック状態はボタンに反映されません。
・ディレクトリの移動中にスキップしたファイルがあった場合、それが含まれていた移動元ディレクトリの削除もスキップしてエラーにならないようにしました。

V10.43
・別ウィンドウのテキストビュアーも Enter キーで閉じられるようにしました。
・テキストビュアーの Close コマンドのパラメータに AL を追加。別ウィンドウで開いているすべてのテキストビュアーを閉じます。
・文字列検索(GREP)の結果リストから、TextViewer_XW コマンドが割り当てられているキーで、別ウィンドウのテキストビュアーを開けるようにしました。
・内部と別ウィンドウの両方でテキストビュアーを開いている場合、あるいは文字列検索(GREP)の結果リストから別ウィンドウのテキストビュアーを開いている場合、TAB キーで両者の間を行き来できるようにしました。
・アプリケーション一覧で、ヘルプや別ウィンドウのテキストビュアーに対するウィンドウ操作が正しく機能しないのを修正。また、一覧にアプリケーション一覧自身が表示されるようになっていたのを修正(V10.40)。

V10.42
・オプション設定 - 一般 - コピー動作 の「キャッシュ・リソースをバイパスし、バッファーなしI/Oを使用」をチェックしていて、RAMディスクとの間でサイズの小さなファイルをコピーすると、エラーになる場合があるようなので、10MB以下のファイルに対してはこのオプションを適用しないようにしました。
・INIファイルのキー名で "Wheel" のスペルが "Whell" や "Wheell" になっていた箇所を修正。INIファイル読み込み時に置換し、修正されたキー名で保存します。

V10.41
・TextViewer コマンドのパラメータで、表示対象に XW を追加指定できるようにしました(例: TextViewer_"D:\Data\hoge.txt";XW)。
・ViewLog、ViewIniFile コマンドのパラメータに XW を追加。別ウィンドウのテキストビュアーで開きます。
・ファイラーに ToExViewer コマンドを追加。別ウィンドウのテキストビュアーにフォーカスを移します(複数ある場合はポップアップメニューで選択)。
・別ウィンドウのテキストビュアーでの PrevFile/NextFile コマンドは、複数開いている場合のウィンドウ切り替えとして機能するようにしました。
・キー設定などで "ViewIniFile" を参照すると、"ViewIiniFile" になってしまっていたのを修正。

V10.40
・TextViewer コマンドのパラメータに XW を追加。テキストビュアーを別ウィンドウで開きます。モーダルウィンドウではないので、表示したままメイン画面での操作が可能です。ただしビュアーで使えるコマンドや機能には制限があります。

V10.39
・ツールバーに登録できるボタン数の制限(50)をなくしました。
・ツールバーの設定ダイアログをサイズ変更可能にすると、コマンド欄へのファイルドロップが受け入れられなくなるようなので、固定サイズに戻しまた。
・オプション設定やツールバーの設定で、参照ボタンによってコマンドのパラメータにファイルを指定した場合、ショートカット(.lnk)を選ぶと、そのリンク先ファイル名が設定されてしまうのを修正。
・タスクをキャンセルした場合、終了時の通知音を鳴らさないようにしました。

V10.38
・ファイラーに MuteVolume コマンドを追加。音量ミュートを切り替えます。

V10.37
・テキストビュアーでインクリメンタルサーチを行った場合、ファイル名に使えない文字が入力できず、また正規表現用の特殊文字がマッチしないのを修正。

V10.36
・テキストビュアーに IncSearch コマンドを追加。インクリメンタルサーチ・モードで文字列検索を行います(Migemo 対応)。使用できるコマンドは、IncSearchDown、IncSearchUp、ClearIncKeyword、MigemoMode、NormalMode、IncSearchExit のみです。

V10.35
・ListLog コマンドのパラメータに FF (フィルタ欄にフォーカス)を追加。
・ListLog、ListText コマンドのパラメータに EO に指定してログを表示した場合、ステータスバーの項目幅が適切に設定されない場合があるのを修正。
・KeyList、EditHistory コマンドなどでパラメータに FF を指定した場合、フォーカスがあるにもかかわらずフィルタ欄が無効な背景色になってしまう場合があるのを修正。
・最近編集/閲覧したファイル一覧/マーク一覧で下部の設定パネルが閉じられていた場合、コマンドのパラメータに FF を指定して実行するとエラーメッセージが出るのを修正。FF を指定した場合は、閉じていた設定パネルを開いて表示するようにしました。

V10.34
・オプション設定 - コマンド - IncSearch に「Migemo 検索開始文字数」を追加。この設定は、FindTagName コマンドや、各種一覧のフィルタで Migemo を用いる際にも適用されます。
・オプション設定 - 一般2 - イメージプレビュー に「ZIP内の画像を表示」を追加。ZIPアーカイブ(.zip .cbz .epub に対応)内に適当な画像があればプレビュー表示します。
・[..] 位置に対するファイル情報に、カレントの拡張子別ファイル数(サブディレクトリ下は除く)を付加するようにしました。またアーカイブのファイル情報に、拡張子別ファイル数を付加するようにしました。
・[..] 位置に対して、CopyFileInfo コマンドが機能しなかったのを修正。
・IncSearch コマンドにパラメータを指定してキーに割り当てていると、一覧ダイアログや関数一覧などで、そのキーによって一覧からフィルタ欄に移れないのを修正。
・WIC の拡張コーデックがインストールされている場合、対応拡張子のうちソートした最後の一つが抜けて表示できなかったのを修正。

V10.33
・ファイラーの ListFileName コマンドで、一覧の表示がファイル名($B、$F)で始まる場合、Enter キーを押すと、ダイアログを閉じてそのファイル位置に移動するようにしました(選択状態もファイルリストに反映)。また、ShowFileInfo、ListFileInfo コマンドが割り当てられているキーで、カーソル位置のファイル情報をダイアログ表示します(右クリックメニューからも可能)。
・ファイラーの ListFileName や PlayList_LS コマンドによる一覧で、ファイル名を拡張子別配色で表示するようにしました。
・IncSearch コマンドのパラメータに MM (Migemo モード)、NM (通常モード)を追加。指定したモードでインクリメンタルサーチに移ります。無指定の場合は、従来通り前回のモードになります。
・タグ名検索ダイアログにおいて、インクリメンタルサーチの MigemoMode コマンドが割り当てられているキーで Migomo モードに切り替えられるようにしました(日本語を含むタグ名を検索可能)。
・FindTagName コマンドのパラメータ EJ が機能していなかったのを修正。
・DotNyanDlg コマンドを割り当てたツールボタンに、.nyanfi ファイルの有無が正しく反映されない場合がある現象に対処。

V10.32
・関数一覧などを開いたとき、「連動」が有効なら、一覧のカーソル位置をテキストビュアーのカーソル位置に合わせて初期化するようにしました。
・タグ名検索ダイアログの一覧を複数選択可能としました。右クリックメニューの「このタグ名をコピー」をやめ、代わりに「コピー」と「すべて選択」を追加。
・タグ名検索ダイアログで上下矢印キーを用いると、2行ずつ移動してしまうのを修正。
・テキストビュアーの FindTagName_CO コマンドで、前回の入力語が残っていると、それによって一覧が絞り込まれてしまうのを修正。

V10.31
・テキストビュアーの FindTagName コマンドのパラメータに CO を追加。現在閲覧中のファイルに関するタグ名だけを検索します。この場合、ダイアログで何も入力していないと、すべてのタグが一覧表示されます。
・ダイレクトタグジャンプ先が閲覧中ファイル内の場合、開き直さないでそのまま移動するようにしました。

V10.30
・TagJumpDirect、TagViewDirect、FindTagName コマンドで、tags ファイルが見つからなかった場合は警告を出すようにしました。
・TabHome コマンド実行時、直前に取得されたエラーメッセージが残っていると、それが表示されて処理が中断してしまう場合があるのを修正。

V10.29
・FindTagName コマンドのタグ名検索ダイアログの入力を、ランチャーと同様のインクリメンタルサーチ方式に変更(フォーカスは常に一覧)。また、シンプルスクロールバーの設定を適用するようにしました。
・ダイレクトタグジャンプの候補一覧で、拡張フィールドにタブ文字がふくまれていると、備考が詰まって表示されてしまうのを修正。

V10.28
・TagJumpDirect、TagViewDirect コマンドのパラメータでタグ名を指定できるようにしました。
・ファイラー/テキストビュアーに FindTagName コマンドを追加。tags ファイルからタグ名を検索した後、ダイレクトタグジャンプを行います。
・ダイレクトタグジャンプの候補一覧に「場所」(tags 相対)、「備考」(拡張フィールド)を追加。また、見出しの「行番号」/「パターン」を、内容に応じて切り替えるようにしました。
・オプション設定 - キー設定 において、ファイル欄で Enter キーを押して候補を確定した場合、パラメータのコンボボックスが更新されないのを修正。

V10.27
・USキーボードによるインクリメンタルサーチで、「` = + '」が入力できないのを修正(動作未確認)。

V10.26
・テキストビュアーに TagJumpDirect、TagViewDirect コマンドを追加。ctags で作成したタグファイル(tags)を用いて、カーソル位置の単語の定義位置に、エディタ/ビュアーでダイレクトタグジャンプします。タグファイルの形式は、行番号と検索パターンの両方に対応しています(検索パターンの場合、内部で行番号に変換)。
・TagJump、TagView コマンドのパラメータに DJ を追加。タグジャンプができなかった場合、カーソル位置の単語でダイレクトタグジャンプを試みます。
・インクリメンタルサーチで、「= ~ { } [ ] ; ,」も受け付けるようにしました。

V10.25
・ファイラーに ConvertDoc2Txt コマンドを追加。選択中(無ければカーソル位置)のバイナリ文書をテキストに変換して反対パスに出力します(要 xd2txlib.dll)。
・キー割り当て一覧の右クリックメニューに「コマンドをコピー」を追加。
・オプション設定 - 起動時 - ウィンドウサイズ が「前回終了時のサイズ」に設定されていて、最大化していた状態で再起動すると、ステータスバーの時計パネルの幅や、テキストビュアー/イメージビュアーの情報ヘッダの各パネル幅が適切に設定されないのを修正。
・オプション設定 - イベント、およびツールバーの設定ダイアログで、コマンドファイル以外のファイルを参照する場合、ファイル選択ダイアログの「ファイルの種類」ドロップダウンに不定な項目が表示されるのを修正。

V10.24
・ツールバーの設定ダイアログのサイズを変更できるようにしました。
・ワークリストで ContextMenu コマンドが正しく動作しないのを修正。なおワークリストでは異なるディレクトリの項目が混在する可能性があるため、対象項目が一つの場合にのみ実行可能としました。
・UNCパスでインクリメンタルサーチ・モードから ESC キーで抜けると、UNCパスのチェックが中断されて別ディレクトリに移動していまうのを修正。チェック時に ESC キーが押されていたら、離されるまで待ちます。
・UNCパスのルートでフィルタマスク・モードのインクリメンタルサーチ(IncSearch_FM)を行っている場合、マッチ数が0になるとリストが空になってキー操作ができなくなるのを修正。一時的に空項目を追加します。なお、IncSearch_FM および Filter コマンドから抜けるときにマッチ数が0だったら、絞り込みを解除して元に戻すようにしました。

V10.23
・オプション設定およびツールバーの設定ダイアログで、実行ファイル入力欄へのファイルドロップを受け入れるようにしました(.lnk も可)。ツールバーの設定ダイアログでは、OpenByWin_ファイル名 として入力し、ファイルまたはリンク先が .exe の場合はそれをアイコンとして設定します。
・オプション設定 - 外部ツール において、実行ファイルの参照ボタンやファイルドロップでショートカット(.lnk)を選んだ場合、その内容に基づいて、キャプション、実行ファイル、パラメータ、作業ディレクトリを設定するようにしました(リンク先が .exe の場合のみ)。

V10.22
・文字列検索(GREP)の結果リストで、OpenByApp および OpenByWin コマンドをファイラーで割り当てられているのと同じキーで実行できるようにしました。
・イメージビュアーでルーペを浮動化している場合、ルーペの位置/サイズを変更した後、クリックで一時的に等倍表示にして戻るとルーペの位置/サイズが変更前の状態に戻ってしまうのを修正。

V10.21
・Windows 10 の設定で「ホバーしたときに非アクティブ ウィンドウをスクロールする」をオンしていて、フォーカスのないファイルリストをマウスホイールでスクロールした場合、プレビューやファイル情報の対象がわからなくなくため、そのリストにフォーカスを移すようにしました。ファイルリスト以外のリストボックスをスクロールしたときはフォーカスを移しません。
・スプラッシュ画面にバージョン番号を表示するようにしました。

V10.20
・xd2txlib.dll (hishida 氏作 xdoc2txt のDLL版)に対応しました。PDF、WORD、EXCEL、一太郎などの各種バイナリ文書に対して、テキストビュアー表示(オプション設定 - テキストビュアー に「xd2txlib.dll でテキスト表示」を追加)、文字列検索(GREP)、ファイル名検索での文字列検索が可能です。
・ExeCommands コマンド内でアーカイブからコピーを行った際にも、SetCopyMode 補助コマンドを利用できるようにしました。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索で、テキストに対する検索文字列コンボボックスについても右クリックメニューから履歴の削除や正規表現の参照をできるようにしました。
・オプション設定 - イメージビュアー に「表示しないファイルの拡張子」を追加。指定したファイルは、ImageViewer コマンドで開けず、サムネイルにもリストアップされません。
・ヘルプの オプション設定 - 一般 - コピー動作 「同名時の自動改名書式」に \TS (カーソル位置項目のタイムスタンプ)が抜けていたのを修正。

戻る