2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーもなかなか、FTP接続や簡易マクロ、タグ管理、Git連携機能なども実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


32ビット版 V13.70  nyanfi1370.zip 2019-05-16 5.7 MB (ソースコード付)
MD5: d6395146dfad56d4e95ca8e7dec6e19c

64ビット版 V13.70  nyanfi64_1370.zip 2019-05-16 6.3 MB (ソースコード付)
MD5: c3476738e241a4e2fe35f5eaaf96791f

GitHub
NyanFi_x86 / NyanFi_x64

旧バージョン
nyanfi1369.zip/ nyanfi1368.zip/ nyanfi1367.zip/ nyanfi1366.zip/ nyanfi1365.zip
nyanfi1364.zip/ nyanfi1363.zip/ nyanfi1362.zip/ nyanfi1361.zip/ nyanfi1360.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V13.70
・名前の変更ダイアログ - 「設定」 - 「その他」 - 「ファイル名主部の文字置換」において、元文字を \x{16進数} という形式で入力することで、Unicode文字コードによる指定を可能にしました(例: \x{202e})。
・テキストビュアーの文字情報(CharInfo)にUnicodeのブロック名を表示するようにしました。

V13.69
・ファイラーの CursorDown/CursorUp コマンドのパラメータに SL を追加。次/前の選択項目にカーソル移動します。また CursorDown_SL/CursorUp_SL のエイリアスとして NextPrevSelItem/PrevSelItem コマンドを追加。
・オプション設定 - フォント・配色 に「ドラッグ時のシンプルスクロールノブ色」を追加。設定すると、シンプルスクロールバーでノブをつかんだときに色が変わります。
・オプション設定 - フォント・配色 に「シンプルスクロールバーの選択位置(FL)」を追加。設定すると、ファイラーで項目を選択している場合、選択位置を示す半透明の横線がシンプルスクロールバー上に表示されます。
・オプション設定 - 一般2 - 「イメージプレビュー」-「ZIP内の画像を表示」の対応拡張子に .movi および .gdtf (General Device Type Format) を追加。
・特定ディレクトリをマウントした仮想ドライブ内で FindHardLink コマンドを実行した場合、結果リストが正しく表示されないのを修正。なお結果リストには、実際の場所にあるファイルが列挙されます。
・テキストプレビューのスクロールバーを右クリックしたときに、イメージプレビュー用のメニューが出てしまうのを修正。
・登録ディレクトリダイアログにおいて、ファイラーで IncSearch コマンドが割り当てられているキーを押したとき、それが項目の呼び出しキーでなかった場合、「無効/非表示ウィンドウにはフォーカスを設定できません」というメッセージが出るのを修正。

V13.68
・SelByList コマンドで用いるリストファイルに、正規表現のマッチパターンを記述できるようにしました(例: (/hoge_\d{4}\.txt/)。
・SetDirTime コマンドで、非表示になっている隠しファイル/システムファイル属性のファイルやサブディレクトリは処理対象から外すようにしました。
・ディレクトリのジャンクションやシンボリックリンクにも、SetFolderIcon コマンドでアイコンを設定できるようにしました。この場合、矢印マークがオーバーレイ表示されます。
・タブグループを切り替えた際や NyanFi 終了時に、タブグループの状態を自動的に保存するようにしました。
・オプション設定 - 一般 - コピー動作 に「タグをコピー」を追加。
・NyanFi 上で項目を削除した場合、設定されていたタグデータを自動的に削除するようしました。
・タグが設定されているディレクトリの移動で、タグが反映されないのを修正。

V13.67
・タブグループの読込/保存を行って終了した場合、次回起動時には前回のタブグループであるとみなし、SaveTabGroup コマンドではそのファイル名で上書き保存するようにしました。なおタブの設定ダイアログのタイトルバーに、現在のタブグループ・ファイル名が表示されます。
・オプション設定 - イベント に「キーボード/マウスのロックが解除された」を追加。LockKeyMouse コマンドによるロックが解除されたときに実行されます。
・マルチディスプレイ環境で LockKeyMouse コマンドを実行した場合、ヒント表示をメイン画面中央に表示するようにしました。
・テキストビュアーの NextFile/PrevFile コマンドで前後のファイルに移る際に、「テキストビュアーを開く直前」イベント内で SetWidth、SetTab コマンドを使用していると、不要な処理によって余計な時間がかかっていたのを修正。
・7-zip64.dll 文字化け対策版の7z.dll対応版を使用していて、オプション設定 - 一般2 - その他 - 「7-zip64.dll(7z.dll対応版)の対応拡張子」に登録されていないファイルを仮想ディレクトリとして開いた場合、中のファイルを一時解凍して処理できなかったのを修正。

V13.66
・AlphaBlend コマンドで、パラメータの不透明度に +/- を付けることで相対指定を可能にしました。なお、不透明度の最低値を64(25%)に制限。
・文字列検索(GREP)で、検索終了後に「次行表示」チェックボックスを変更した場合にも、結果リストの表示が切り替わるようにしました。なお結果リストでのマウスオーバー時には、設定にかかわらず、次行を含む行内容(ファイル名部分は除く)をヒント表示します。
・文字列検索(GREP)の結果リストの右クリックメニューに「次行表示部分の明度を加減」を追加。また「行頭のタブや空白を非表示」を、次行表示部分にも適用するようにしました。
・文字列検索(GREP)の結果リストで、次行表示の2行目以降の改行マークが表示されなくなっていたのを修正。

V13.65
・FindFileDlg コマンドのパラメータにリストファイル名を指定することにより、それに記述されている任意の複数ディレクトリ内を一括検索できるようにしました。
・ワークリストで SelReverse、SelReverseAll コマンドを実行した場合、セパレータは選択しないようにしました。

V13.64
・ファイラーに LockKeyMouse コマンドを追加。キーボード/マウスをロックします。また オプション設定 - デザイン - 「モーダル表示効果」を有効にしていると、デスクトップ全体が半透明のスクリーンで覆われます。ロック解除は、パラメータで指定した任意の英数文字列(無指定の場合はESCキー)で行います。
・MonitorOff コマンドのパラメータに KM を追加。ディスプレイの電源を切る前にキーボード/マウスをロックします。解除については LockKeyMouse コマンドと同様です。

V13.63
・7-zip32.dll 文字化け対策版の7z.dll対応版を使用していて、CsrDirToOpp コマンドをファイルに対し実行した場合、オプション設定 - 一般2 - その他 - 「7-zip32.dll(7z.dll対応版)の対応拡張子」に登録されていないものについても、アーカイブとして認識可能なら開けるようにしました。
・OpenCtrlPanel コマンドのパラメータに GM を追加。OpenByExp_"shell:::{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}" のエイリアスとなり、コントロールパネルを GodMode で開きます。
・NameFromClip コマンドのパラメータに RC を追加。名前の変更ダイアログの「ファイル名主部の文字置換」で設定されている置換内容を適用します。なお オプション設定 - キー設定 で、NameFromClip コマンドのパラメータを設定できなかったのを修正。

V13.62
・ドライブ一覧で、ネットワークドライブの場合、「ボリューム」列にUNCパスを表示するようにしました(「ディレクトリの文字色」を使用)。このとき列幅に余裕があれば、その前にボリューム名も表示します。なお仮想ドライブについても、余裕があればボリューム名を併記、さらにディレクトリ名をパス付きで表示します。

V13.61
・タスクバーにピン留めしたアイコンで最小化/復帰を行ったときなどに、ファンクションキーバーの内容が正しく表示されないの場合があるのを修正。

V13.60
・7-zip32.dll 文字化け対策版の7z.dll対応版を使用している場合、.exe ファイルに対して OpenStandard コマンドを実行すると、格納されているリソース部分がアーカイブとして開かれるようになっていたのを修正(v13.59)。オプション設定 - 一般2 - その他 -「7-zip32.dll(7z.dll対応版)の対応拡張子」に .exe を追加すればアーカイブとして開けますが、その場合、ファイル実行は別のコマンドで行う必要があります。なお UnPack コマンドではリソースの抽出が可能です。

V13.59
・標準で対応しているアーカイブ拡張子以外のファイルでも、ZIP/TARアーカイバが対応可能なものは、OpenStandard、UnPack コマンドなどでアーカイブとして扱えるようにしました。また ZIP/TARアーカイバが対応可能な場合、ファイル情報に「形式」を表示するようにしました。
・オプション設定 - 一般2 - その他 -「最小化時にタスクトレイに格納」をチェックしていない場合、最小化から元のサイズに戻したときに、ファンクションキーバーの内容が正しく表示されないのを修正。
・オプション設定 - 一般 - 操作 - 「Altキーでメニューに移らない」を、Altキー単打の場合だけでなく Shift + Alt にも適用するようにしました。
・「Altキーでメニューに移らない」が有効またはメインメニューが非表示の場合、Shiftキーを押しながらAltキーを押して離すと、ファンクションキーバーの表示が Shift+Alt の内容のまま戻らないのを修正。なお「Altキーでメニューに移らない」が無効の場合、メニューにフォーカスが移ると後続キーはメニューに送られるため、ファンクションキーバーの内容は機能せず表示が実態と合わなくなります。Altキーをメニューアクセス以外に利用する場合は、「Altキーでメニューに移らない」を有効にしてください。

V13.58
・ファイラーに LockComputer コマンドを追加。コンピュータをロックします。パラメータ MO によってディスプレイの電源を切ることも可能。
・MonitorOff コマンドのパラメータに LK を追加。ディスプレイの電源を切る前にコンピュータをロックします。
・Paste コマンドのパラメータに EX を追加。クリップボードの内容がテキストの場合は NewTextFile コマンド、画像の場合は ConvertImage_CB コマンドを利用して新規ファイルを作成します。それ以外では通常動作。
・ConvertImage_CB で、指定したファイル名が既存の場合「同名あり」と表示するようにしました。
・ConvertImage_CB で、カーソル位置がディレクトリだと、警告が出て実行できなかったのを修正。

V13.57
・正規表現による置換で、行頭の連続した文字列のうち先頭部分のみを削除しようとした場合(例: /^0/)、削除後の後続部分がさらにマッチして削除されないようにしました。ちなみにこれは、使用している正規表現ライブラリの関数仕様によるもので、以前のバージョンでも /^0(.*)/ --> \1 などとすれば先頭のみの削除が可能です。
・文字列検索(GREP)/文字列置換で、正規表現の場合も「大小区別」オプションを設定できるようにしました。

V13.56
・オプション設定 - デザイン に「固定ピン」を追加。FixTabPath コマンドで固定したときに表示されるマーク文字を変更できます。
・ドライブ容量推移のグラフにフォーカスがある場合、NextDrive/PrevDrive のキーで対象ドライブを切り替えられるようにしました。
・ConvertImage コマンドのパラメータに CB を追加。クリップボードの画像を変換し、指定した名前でカレント側に保存します。
・SubViewer コマンドのパラメータに CB を追加。クリップボードの画像をサブビュアーで表示します。なお SubViewer_LK でサブビュアーを開いた場合、対象を固定状態で表示するようにしました。
・ImageViewer_CB コマンド(クリップボード画像の閲覧)が正しく動作しなくなっていたのを修正(v12.27)。

V13.55
・アーカイブに対して OpenStandard コマンドを実行した際に対応するアーカイバがない場合は、警告を出さずにテキストビュアーで開くようにしました。

V13.54
・テキストビュアーの文字情報において、分割境界線をドラッグすることで拡大表示の文字サイズを変更できるようにしました。また右クリックメニューに「拡大表示の背景色/文字色」を追加。
・Edit 補助コマンド画面の配色設定を、配色のエクスポートに対応するため、INIファイルの [Color] セクションに移動。既存の設定は一旦削除されますので、設定し直してください。
・ファイルリストにマスクが適用されていない場合、ドライブ情報が左寄せで表示されるようになっていたのを修正(V13.53)。

V13.53
・オプション設定 - デザイン - ドライブ情報の書式の「選択時はファイルリストの配色に」を廃止(常に有効)。なお「情報パネルをフラット表示」が有効な場合、選択時にドライブ情報の上端に「分割境界線」色で1px相当の境界を表示するようにしました。
・オプション設定 - フォント・配色 に「結果リストの注目箇所背景色」を追加。DiffDir コマンドの結果リストで、新しい方の更新日時に用いられます。なお片方にしかないファイルについては、存在する側の背景を強調するよう変えました。
・結果リストまたはワークリストにおいて JumpTo コマンドをパラメータ無しで実行した場合、カーソル位置の項目に移動するようにしました。

V13.52
・ディレクトリ関係のヒントに、同期関係以外の説明も表示するようにしました。
・ドライブ容量推移のオプション部分をツールバー形式にしました。またグラフにフォーカスがある場合、参照位置にラインカーソル色をブレンド表示するようにしました。参照位置は、↑/↓/HOME/END キーなどで移動できます。
・互換性のために残しておいた イメージビュアーの GifViewer コマンドを廃止。キー設定などで使用していた場合は SubViewer コマンドに変更してください。
・サブビュアー(SubViewer)で、固有アイコンやMP3/FLACの埋め込み画像も表示できるようにしました。
・ファイル情報ダイアログの右クリックメニューに「イメージプレビュー」を追加。サブビュアーを利用して画像を表示します。
・テキストビュアーの ImgPreview、イメージビュアーの SubViewer コマンドで表示されるサブビュアーの位置・サイズを別途保存/復元するようにしました。
・リストファイルを指定して PlayList_LS コマンド実行後にプレイリストを一覧ダイアログで表示した場合、NextFile/PrevFile コマンドのキーを押すと、ダイアログが消えないままファイラーに戻ってしまうのを修正。プレイリスト表示時は NextFile/PrevFile 動作を無効にしました。
・Gitビュアー - 差分概略に空行がある場合、不要な分割線やカンマが表示されるのを修正。

V13.51
・特殊フォルダ一覧にフィルタ機能(Migemo、AND/OR 可)を追加。これにともない、SpecialDirList コマンドのパラメータに FF (フィルタ欄にフォーカス)を追加。
・特殊フォルダ一覧の右クリックメニューに「NyanFi 関連のディレクトリを表示」、「実行ファイルのアイコンを表示」、「アプリケーション情報」(エディタやツール項目で有効)を追加。
・コマンドファイル一覧のフィルタやオプション部分をツールバー形式にしました。
・直下に .git があるディレクトリが、オプション設定 - 一般2 - ファイル情報 - 「情報を取得しないパス」に該当していて、既存の Git-Commit/Status 情報がない場合、取得を行わないようにしました。

V13.50
・PopupMainMenu コマンドのパラメータにデフォルトのアクセラレータキーを指定することで、そのメニューだけを表示できるようにしました(例: PopupMainMenu_F)。
・他の画面モードのツールボタンに設定されているアクセラレータキーによって、意図しないツールボタンが呼び出されてしまう場合があるのを修正。
・オプション設定 - 一般2 - 「アーカイブ内のファイル情報/プレビューを表示」をチェックしていて、アーカイブの仮想ディレクトリ内で連続的にカーソル移動したとき、一次解凍に失敗する場合があるのを修正。アーカイバ動作中は、処理をスキップするようにしました。

V13.49
・オプション設定 - 起動時 に「仮想ドライブのマウント」を追加。指定したローカル・ディレクトリを起動時に仮想ドライブとしてマウントします。
・ドライブ一覧で、特定ディレクトリをマウントした仮想ドライブは、「種類」を「仮想ドライブ」と表示し、ボリュームラベルの代わりにパス無しディレクトリ名またはドライブ名を表示するようにしました。なお仮想ドライブは、[取り外し]ボタンでマウントを解除できます(EjectDrive コマンドでも可)。
・Windows 10 で透明な境界部分を持つテーマを用いている場合、モーダル表示効果用スクリーンは、ウィンドウの見えている部分だけを覆うようにしました。
・オプション設定 - 起動時 - ウィンドウサイズ -「サイズと位置を固定」の設定が、二重起動した NyanFi にも適用されていたのを修正。

V13.48
・ファイラーに SimilarSort コマンドを追加。カーソル位置ファイル名との類似性(標準化されたレーベンシュタイン距離)に基づいてファイルリストをソートします。パラメータ指定により、拡張子、大小文字、数字部分、全角/半角の無視が可能。

V13.47
・MatchSelect コマンドのパラメータに書式文字列 \N を追加。カーソル位置のファイル名主部またはディレクトリ名に置換して用いられます(例: MatchSelect_/^\N_\d*\./)。
・FileRun コマンドのパラメータを "ファイル名 パラメータ" 形式で指定すると正しく機能しないのを修正(例: FileRun_"perfmon.exe /rel")。
・InputCommands、CopyCmdName コマンドの入力ボックスで、文字列の途中を編集するとキャレットが末尾に飛んでしまうのを修正。
・ファイラーですべてのタブが一行に納まらず、左/右端のタブが先頭/末尾でない場合、描画が正しく行われないのを修正。

V13.46
・UnPack、UnPackToCurr コマンドのパラメータに OW を追加。既存の同名ファイルを確認無しで上書きします。
・同名ファイルの比較ダイアログに「ボリュームシリアル番号/ファイルID」条件を追加。これによってハードリンクの確認を行えます。
・TabHome コマンドを実行時に、ディレクトリが変化しなくても .nyanfi ファイルを適用するようにしました。
・ファイラーおよびテキストビュアーのインクリメンタルサーチに IncSearchTop コマンドを追加。マッチする項目を先頭から再検索します。
・テキストビュアーでインクリメンタルサーチ時の情報ヘッダに「位置/ヒット行数」を表示するようにしました。また別ウィンドウのテキストビュアーでも、同様の情報と疑似キャレットを表示。
・オプション設定 - コマンド - IncSearch で「大小文字を区別」をチェックしていて、テキストビュアーでインクリメンタルサーチを行った場合、マッチしない部分も強調表示されてしまうのを修正。

V13.45
・名前の変更ダイアログに「リスト」タブを追加。"検索文字列 [TAB] 置換文字列" という書式で記述したリストファイルにしたがって一括置換を行います(/パターン/ で正規表現も可)。また RenameDlg コマンドのパラメータに ED を追加。改名対象に対して "項目番号 [TAB] ファイル名" という書式のリストファイルが作られ、それをテキストエディタで編集することで改名を行えます。

V13.44
・SelByList コマンドのパラメータに LR (カレント/反対側の両方で選択)、SM (選択された項目だけを残す)を追加。またパス無しファイル名(ワイルドカード可)で記述されたリストファイルにも対応し、ディレクトリに関係なく選択を行えるようにしました。
・ファイル名検索の結果リストに対して絞り込み検索を行った場合も、リストの最小更新間隔を制限することで、表示のちらつきを抑え処理を高速化しました。なお、検索中にシンプルスクロールバーが更新されていなかったのを修正。

V13.43
・オプション設定 - フォント・配色 - 配色 に「ツールウインドウの境界線」を追加。色を指定すると、ツールウインドウ(デバッグウィンドウ、文字情報、CSV/TSVレコード、インスペクタ、ビットマップビュー、Gifビュアー、浮動化されたルーペ/ヒストグラム)に1px相当の境界線を表示します。Windows 10 でツールウインドウの境界が分かりにくい場合に利用してみてください。
・ランチャーの右クリックメニューに「フォルダアイコンでソート」を追加。

V13.42
・フォルダアイコン検索ダイアログ(FindFolderIcon)において、ファイラーで割り当てられているのと同じキーで頭文字サーチを行えるようにしました。また項目を一つも選択していない状態で OK ボタンや ENTER キーを押した場合、カーソル位置のアイコンを検索するようにしました。
・特殊フォルダ一覧の仮想フォルダに「GodMode」を追加。
・登録ディレクトリダイアログに[特殊..]ボタンを追加。特殊フォルダ一覧を参照できます。
・Windows 10 で透明な境界部分を持つテーマを用いている場合、各種一覧などの右クリックメニューで「サイズと位置をファイルリストに合わせる」を用いたときに隙間が空かないようにしました。
・オプション設定 - 起動時 - ウィンドウサイズ - 指定サイズ の「左」/「上」入力欄に負の値も設定できるようにしました。

V13.41
・Gitビュアー - 差分概略のフォント・配色を、ブランチ一覧/コミット履歴に合わせました。プロポーショナルフォントやイレギュラーな Ricty Diminished ~ でもレイアウトは崩れません。なお右クリックメニューの「拡張子別配色を適用」は廃止し、ディレクトリ部分は「ディレクトリの文字色」で、ファイル名部分は拡張子別配色で表示するようにしました。
・Gitビュアー - 差分概略の右クリックメニューに「このファイルのパスをコピー」を追加。
・パスマスク・ダイアログに設定パネルの開閉ボタンを追加。また下部に設定パネルを持つダイアログで、Alt+O キーでもパネルの開閉を行えるようにしました。
・固定長表示のテキストビュアーで WordLeft/WordRight コマンドを実行した場合、左右の列項目に移動するようにしました。

V13.40
・一覧ダイアログで「名前=値」形式のリスト(INIファイルなどは除く)を表示している場合の右クリックメニューに「カーソル行の値をコピー」を追加。
・OpenADS コマンドで代替データストリームを開いたときに、余計な無名の項目が表示されるようになっていたのを修正(V13.37)。

戻る