2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーもなかなか、FTP接続や簡易マクロ、タグ管理機能なども実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


32ビット版 V13.00  nyanfi1300.zip 2019-01-21 5.4 MB (ソースコード付)
MD5: 4b70c23c34afa6b1d66b73814e0f3993

64ビット版 V13.00  nyanfi64_1300.zip 2019-01-21 5.9 MB (ソースコード付)
MD5: 0380e74b6df376fdfaaf78884691c7d6

旧バージョン
nyanfi1299.zip/ nyanfi1298.zip/ nyanfi1297.zip/ nyanfi1296.zip/ nyanfi1295.zip
nyanfi1294.zip/ nyanfi1293.zip/ nyanfi1292.zip/ nyanfi1291.zip/ nyanfi1290.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V13.00
・FileRun コマンドで、パラメータのファイル名に空白が含まれていると正しく機能しないのを修正。
・ファイルリストのフォントに Ricty Diminished ~ を指定していると、拡張子が4文字程度で省略表示になってしまう場合があるのを修正(V12.81)。

V12.99
・キー割り当て一覧の右クリックメニューに「コマンドのヘルプ」を追加。

V12.98
・ファイラーの FileEdit コマンドのパラメータに OS を追加。反対側で選択されているファイルも一緒に開きます。
・オプション設定の各種パス設定や、構文強調表示定義ファイルの TargetPath/ExcludePath で、環境変数や定義済み変数 %ExePath% を使えるようにしました。
・起動時に .nyanfi ファイルによる個別の配色指定が効かない(通常の配色に戻ってしまう)のを修正。
・オプション設定 - 起動時 - 初期パス の「パスマスク」の右クリックメニューに「設定項目の編集」が表示されなかったのを修正。
・オプション設定 - キー設定 で、ToOppSameHash コマンドのパラメータ・コンボボックスが編集可能にならないのを修正。

V12.97
・.nyanfi ファイルの設定ダイアログで、「パスマスク」と「GREPマスク」の右クリックメニューに「設定項目の編集」が表示されなかったのを修正。なお「パスマスク」にマスク名(:~:)があった場合は、それを除いた部分を「設定項目の編集」の対象とするようにしました。

V12.96
・現在開いているアーカイブファイルの名前を反対側で変更した場合、その仮想ディレクトリを解除するようにしました。
・Pack コマンド実行時のログ内容がおかしくなっていたのを修正(V12.68)。
・XMLビュアーで、表示モードが XML の場合、ノードの名前が検索できなかったのを修正。

V12.95
・二重起動された NyanFi の場合、一時ディレクトリ名の末尾に _ で区切って連番を付加することで、他の NyanFi と競合しないようにしました。

V12.94
・オプション設定 - テキストビュアー に「スクロールバーを折り返し位置に表示」を追加(デフォルトで有効)。折り返しがウィンドウ幅でない場合、スクロールバーを折り返し位置の横に表示します。
・テキストビュアーでバイナリ表示の場合、ルーラにバイト位置を示す 0~F を表示するようにしました。
・テキストビュアーでも ShowFileInfo/ListFileInfo コマンドを実行できるようにしました。両者は同機能で、表示中ファイルのファイル情報をダイアログ表示します。

V12.93
・テキストビュアーのバイナリ表示でバイト列検索を行った場合も、シンプルスクロールバーにヒット位置表示を行うようにしました。

V12.92
・イメージビュアーからオプション設定を行うと予期せぬエラーが発生する場合があるため、ビュアーを閉じてから設定に移るようにしました。またテキストビュアーも念のため閉じるようにしました。
・アーカイブ内で、パラメータに相対ファイル名を指定して JumpTo コマンドを実行できなかったのを修正。

V12.91
・シンプルスクロールバーを使用していて、ファイラーでインクリメンタルサーチを行ったり、テキストビュアー/一覧ダイアログで文字列検索を行ったりした場合、ヒット位置を示す半透明の横線をスクロールバー上に表示するようにしました。これにともない、オプション設定 - フォント・配色 - 配色 に「シンプルスクロールバーのヒット行」を追加(無効にすると非表示)。

V12.90
・ソートダイアログのソート方法に「なし」を追加。これにともない SortDlg コマンドのパラメータに U を追加。その他、ソートに関連する表示、設定、書式、定義済み変数などについても対応。なおオプション設定 - キー設定で、他のソートとのトグル切り替えを設定したい場合、 パラメータ欄のドロップダウンリストには選択項目がないため直接入力してください(例: SortDlg_FU)。

V12.89
・FTP接続で、標準以外のポート番号を指定できるようにしました。 ホストアドレスの末尾に : (コロン)で区切ってポート番号を指定してください(例: ftp.hoge.jp:2221)。
・FTP接続時に、リモート側のパスマスクをローカル側と合わせるようにしました。切断してリモート側が通常リストに戻るとパスマスクも復帰します。

V12.88
・アーカイブファイルに対して ImageViewer コマンドを実行した場合、内部に栞マークの付いた画像があればそれを、無ければ最初に見つかった画像を表示するようにしました。この場合、イメージビュアーを閉じると仮想ディレクトリから抜けます。
・オプション設定 - イメージビュアー - 「閉じた時に栞マークを設定」が、アーカイブ内のファイルに適用されていなかったのを修正。
・イメージビュアーでフィット表示している画像をマウス左ボタンで一時的に等倍表示にした直後、そのままドラッグしてすぐにスクロールできなくなっていたのを修正(V12.27)。

V12.87
・ディレクトリを選択して ListTree コマンドを実行した場合、それらの階層下だけを対象とするようにしました。
・ListTree コマンドによるツリー表示から保存したファイルを ListText コマンドで開いた場合、ListTree コマンドの場合と同様の表示/操作になるようにしました。
・ListTree、ListText コマンドによるツリー表示をフィルタで絞り込んだ場合、ツリー構造が崩れないように階層の抜けを補うようにしました。
・オプション設定 - キー設定 の「キー検索」にあった「2ストロークキー操作」チェックボックスを廃止。最初に押したキーが既存の2ストローク開始キーだった場合、自動的に2ストローク目の入力を促すようにしました。

V12.86
・オプション設定 - フォント・配色 - 「拡張子別配色」に「検索」欄を追加。また追加/変更しようとした拡張子がすでに登録されていたら警告を出すようにしました。
・実行ファイルやDLLがPEフォーマットでない場合、ファイル情報に警告を表示するようにしました。

V12.85
・BOM無しのユニコード・ファイルに対して文字列置換を行った場合、結果にBOMが付かないようにしました。
・文字列検索(GREP)/文字列置換の画面で、一部のタブ順が入れ替わっていたのを修正。

V12.84
・MaskSelect コマンドで、マスクの先頭に ! を付けることで、それ以外のファイル/ディレクトリを選択できるようにしました(例: MaskSelect_!*.bak)。
・マッチ選択ダイアログ(MatchSelect)の右クリックメニューで、正規表現を参照できるようにしました。

V12.83
・名前の変更ダイアログの「置換」で、「検索」欄の右クリックメニュー「1番目の名前を入力」を用いたときに、自動プレビューが機能しなくなっていたのを修正(V12.82)。
・フォーカスのないコンボボックスを右クリックするとエラーが発生する場合があるのを修正。なお、フォーカスのない編集可能なコンボボックスを右クリックした場合、フォーカスを移すようにしました。

V12.82
・名前の変更ダイアログを開いたとき改名のプレビューを行ったときに、フォーカスが正しく設定されなくなっていたのを修正(V12.81)。
・名前の変更ダイアログで「置換」や「MP3」タブに切り替えたとき、プレビュー処理が2回発生するのを修正。なお複数ファイルの改名において改名数が0の場合、エラーチェックと重複チェックを省くようにしました。

V12.81
・マスクが解除されている場合(*)のファイルリストの更新を高速化。
・名前の変更ダイアログで、多数ファイルのプレビュー中に応答無し状態にならないようにしました。

V12.80
・通常表示のイメージビュアーで NextFile_F1 / PrevFile_F1 を実行した場合にも、オプション設定 - イメージビュアー - 「カーソルをループ移動する」および「先頭・最後でヒント表示」を適用するようにしました。また見開き表示の場合にも「先頭・最後でヒント表示」を適用するようにしました。
・オプション設定 - イメージビュアー - 「見開き表示で1ファイルずつ移動」を廃止。常に1ファイルずつ移動したい場合は、NextFile_F1 / PrevFile_F1 を利用してください。
・オプション設定 - キー設定 のキー検索で、カーソルキーなどのダイアログキーも検索できるようにしました。

V12.79
・イメージビュアーの NextFile / PrevFile コマンドのパラメータに F1 を追加。オプション設定にかかわらず、見開き表示で1ファイルずつ移動します。JumpIndex_+1 /_-1 でも1ファイルずつ移動できますが、オプション設定 - イメージビュアー -「右綴じでNext/Prev入替」が適用されるので NextFile / PrevFile を利用した方が良いでしょう。

V12.78
・タスクの一旦停止を、対象の列挙処理や同名ファイルのスキップ処理に対しても適用するようにしました。

V12.77
・「設定項目の編集」ダイアログは初回表示時に動的作成するようにしました。
・アーカイブの source ディレクトリに不要な tags ファイルが入っていたのを削除。

V12.76
・オプション設定などのダイアログで、. (ドット)または ; (セミコロン)で区切って複数の項目を設定できる入力欄の右クリックメニューに「設定項目の編集」を追加。設定内容が一覧で表示され、項目の追加、編集、削除、並べ替えなどを行えます。

V12.75
・オプション設定 - テキストビュアー -「HTML→テキスト変換」に「削除するブロック要素のクラス」、「削除するブロック要素のID」を追加。また画面レイアウトを整理。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索の「ハードリンクのリンクカウント数」で、カウント=1(ハードリンク無し)の検索ができなかったのを修正。
・文字コードの変換ダイアログで選択肢に「UTF-8N」が入っていたのを削除。BOMの有無はチェックボックスで指定してください。

V12.74
・FTPアップロード中にマウス操作で反対側に移ってしまうと、完了時に左右両方がリモート側になってしまうのを修正。処理中は反対側にフォーカス移動できないようにしました。

V12.73
・ディレクトリに「同期コピーの設定」で登録した同期先がある場合、ファイル情報にそれを表示するようにしました。
・ワークリストや、ファイル/ディレクトリ名検索で「ディレクトリ名を反映」をチェックしていない場合の結果リストにおいて、カーソル位置のディレクトリと反対側パスが一致する場合、ディレクトリ関係に "⇔" が表示されなかったのを修正。
・テキストビュアーの文字情報で "&" (U+0026)が表示されなかったのを修正。

V12.72
・テキストファイルの結合ダイアログに「BOM付」オプションを追加。ユニコードの場合にBOMの有無を指定できます(出力コードが自動の場合は先頭ファイルと同じ)。
・名前を付けてテキストファイルを保存する際のダイアログのエンコーディング選択コンボボックスに「UTF-8N」(BOM無し)を追加。
・テキストファイルのコードページが 1200、1201、65001 とみなされる場合、ファイル情報や情報ヘッダにBOMの有無を明確に表示するようにしました。
・オプション設定 - 一般2 - 「ファイル情報」の「未処理のキー入力がある場合スキップ」を廃止(常に有効)。
・ファイルリストがディレクトリ比較の結果の場合、キーリピートによるカーソル移動時に反対側カーソルの描画処理などを抑止することにより操作性を改善しました。
・正規表現チェッカーで[コピー(C文字列)]ボタンを押した場合、ダブルクォーテーション文字がエスケープ(\")されていなかったのを修正。

V12.71
・ファイラーに ListTree コマンドを追加。ディレクトリ構造を一覧ダイアログでツリー表示します。
・FileExtList コマンドのパラメータに CP を追加。カーソル位置のディレクトリ内のみを対象とします。
・CopyDir_LS コマンドでディレクトリ名一覧を表示している場合、Enter キーでカーソル位置のディレクトリに移動できるようにしました。
・ListFileName コマンドでファイル名一覧を表示している場合、名前に空白が含まれていると、選択状態の反映や Enter キーによる移動ができなかったのを修正。なお一覧で行頭にファイル名がない場合でも、選択状態の反映や移動を可能にしました。

V12.70
・オプション設定 - キー設定 の「キー」グループに[検索...]ボタンを追加。一覧で使われているキーを検索できます。
・文字コードの変換ダイアログに「BOM付」オプションを追加。ユニコードの場合にBOMの有無を指定できます。
・コマンドラインの実行ダイアログで、右クリックメニューの「カーソル位置のファイル名」が機能しなくなっていたのを修正(V12.30)。

V12.69
・ファイル情報で非常に長い項目名が表示されると、その後で別ファイルに移っても適切な表示位置に戻らなくなっていたのを修正(V12.66)。
・振り分けダイアログの設定欄のポップアップメニューで、マスク/パターン欄の「正規表現」や振り分け先欄の「書式文字列を参照」が表示されなくなっていたのを修正(V12.56)。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索において、ファイル情報、アプリケーション情報、Exif情報などの検索文字列欄のポップアップメニューから正規表現を参照できなかったのを修正。

V12.68
・アーカイブの作成ダイアログに「同名アーカイブがある場合の処理」オプションを追加。「既存内容に追加」(同名ファイルは上書き)または「削除して新規作成」のいずれかを選択できます。また確認メッセージの有無も設定可能。

V12.67
・起動後にタブグループ・ファイルを用いていない状態で SaveTabGroup コマンドを実行した場合は、SaveAsTabGroup コマンドを実行するようにしました。
・LoadResultList コマンドのパラメータでファイル名を指定できるようにしました。
・オプション設定 - コマンド - OpenStandard に「タブグループ」、「メニュー定義」、「結果リスト」を追加。カーソル位置がタブグループ・ファイル(通常のINIファイル以外の [TabList] セクションを持つ .INI ファイル)なら LoadTabGroup、メニュー定義ファイル(一行目が ";[MenuFile]") なら ExeMenuFile、結果リストファイル(一行目が ";[ResultList]")なら LoadResultList コマンドで開きます。
・コマンドファイルがBOM付きで保存されていると、ファイル情報の「説明」が取得できないのを修正。

V12.66
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索で「その他」の「プロセスが使用中」をチェックしている場合、「アプリケーション情報」などの文字列検索でプロセス情報も検索できるようにしました。
・ファイル情報の描画処理を高速化(特に項目数が多い場合)。
・ショートカットやシンボリックリンクのファイル情報で、リンク先の属性・サイズ・タイムスタンプ行の表示が正しく行われなくなっていたのを修正(V12.61)。
・ファイル/ディレクトリ名検索の結果リストで、栞マーク項目の背景が表示されないのを修正。
・特殊フォルダ一覧で仮想フォルダを選んだ場合、エクスプローラで開かれなくなっていたのを修正(V12.44)。

V12.65
・プロセスが使用中のファイルを削除・変更しようとしてエラーになった場合、その実行ファイル名が取得できたらログに出力するようにしました。
・ディレクトリの削除で、階層下にあるファイルの削除に失敗した場合、それを含むディレクトリの削除をスキップするようにしました。
・ファイル名検索で、ディレクトリ毎の検索が完了していなくても、マッチしたら結果リストを更新するようにしました。
・ログウィンドや、タスクログを表示している一覧ダイアログで、"\" を オプション設定 - 一般1 - 「表示」の「ディレクトリ区切り文字」で置換表示するようにしました。コピーした場合は "\" になります。

V12.64
・名前の変更ダイアログで、名前の途中に ":" を入力すると、それ以前の部分が削除されてしまうようになっていたのを修正(V12.57)。

V12.63
・オプション設定 - 一般2 - 「ファイル情報」に「プロセス使用情報を表示」オプションを追加。ファイルが何らかのプロセスによって使用中の場合、その情報を表示します。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索 「その他」に 「プロセスが使用中」を追加。
・名前の変更ダイアログで、改名だけでなく、属性やタイムスタンプの変更に失敗した場合にも、再試行の確認メッセージを出すようにしました。

V12.62
・ファイラーに CompressDir コマンドを追加。対象ディレクトリ以下のNTFS圧縮/解除をバックグラウンド・タスクで行います。デフォルトの圧縮では、アーカイブ、画像、動画などが除外されます。
・圧縮属性の項目があるカレントで CalcDirSizeAll コマンドを実行した場合、[..] 位置のファイル情報に、カレント全体の圧縮サイズ、圧縮率、対ドライブ比率を表示するようにしました。

V12.61
・属性表示にNTFS圧縮(C)も含めるようにしました。ファイルが圧縮属性を持つ場合、ファイル情報に圧縮サイズと圧縮率が表示されます。
・CalcDirSize、CalcDirSizeAll コマンドで圧縮属性を考慮するようにしました。ディレクトリ容量よりも小さい圧縮サイズが取得された場合、ファイル情報に圧縮サイズと圧縮率を表示します。
・オプション設定 - フォント・配色 - 配色 に「圧縮属性の文字色」を追加(デフォルト=無効)。
・名前の変更ダイアログの属性に「圧縮」を追加。NTFS圧縮の設定/解除を行えます。
・ファイル/ディレクトリ名検索ダイアログの属性条件に「圧縮」を追加。

V12.60
・ディレクトリ名検索ダイアログの条件に「好ましくないディレクトリ名」を追加。長すぎるパス名や、先頭/末尾の空白、連続空白、サロゲートペア文字、環境依存文字、RLO文字を含む名前にマッチします。
・拡張子部分についても、空白記号の表示を行い、また好ましくない空白の警告や検索の対象としました。
・末尾に空白があるファイルを削除できるようにしました。

戻る