2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーなどもなかなか、FTP接続や簡易マクロも実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


ダウンロード V11.41  nyanfi1141.zip 2018-05-21 4.8 MB (ソースコード付)
MD5: 63c7d6fe0cb0d0fd101dae38583f1890
※本体から更新の確認、アップデートが可能です。

旧バージョン
nyanfi1140.zip/ nyanfi1139.zip/ nyanfi1138.zip/ nyanfi1137.zip/ nyanfi1136.zip
nyanfi1135.zip/ nyanfi1134.zip/ nyanfi1133.zip/ nyanfi1132.zip/ nyanfi1131.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V11.41
・オプション設定 - 一般 - ワークリスト に「項目の自動削除」を追加。チェックすると、ワークリストの読み込みや更新の際に、存在しない無効な項目が自動的に削除されます(従来の動作)。チェックを外すと、存在しない項目は「無効な項目の文字色」(「配色」に追加)で表示されます。
・オプション設定 - 一般 - ワークリスト の「UTF-8でファイルに保存」を廃止。ワークリストは常に UTF-8 で保存します。
・ファイラーの WorkList コマンドのパラメータに DI を追加。カレントで表示中のワークリストに無効な項目がある場合、それを一括削除します。

V11.40
・オプション設定 - 通知・確認 に「ディレクトリの削除制限」を追加。一覧に登録したディレクトリを Delete、CompleteDelete コマンドで削除しようとした際に、指定したモード(削除禁止/確認して削除)による制限がかかります。
・CreateDir_IN;~、Clone_IN、CloneToCurr_IN コマンドの入力ボックスに「デフォルトを選択状態に」チェックボックスを追加。チェックすると、入力欄の初期状態が全選択になります。

V11.39
・コマンドラインの実行ダイアログに「権限昇格ダイアログを表示」オプションを追加。実行の際に権限の昇格が必要な場合、UACの管理者権限昇格ダイアログを表示します。なおこの場合、「コンソールアプリの出力」の設定はすべて無効となります。

V11.38
・オプション設定 - フォント・配色 - 「配色」に「リストの背景色(交互)」を追加。指定すると、通常のファイルリスト(背景画像なしの場合)、コマンドファイル一覧、拡張子別一覧、最近編集/閲覧したファイル一覧、マーク一覧、ダイレクトタグジャンプの候補一覧で、偶数行の表示に用いられます。

V11.37
・ExeCommands の FormatDT 補助コマンド、および時計パネルの書式文字列に $EN を追加。任意の位置に記述することで、ロケールが英語(en-US)に切り替わり、指定子の表示が以下のように変わります。ddd (Sun~Sat)、dddd (Sunday~Saturday)、mmm (Jan~Dec)、mmmm (January~December)。例: FormatDT_Today="$EN'Date:' dddd, mmmm dd, yyyy"。

V11.36
・Clone_IN コマンドによる入力ボックスでキャンセルが効かなかったのを修正。

V11.35
・CreateDir コマンドのパラメータに IN を追加。その後に ; (セミコロン)で区切って名前を記述すると、それをデフォルトとする入力ボックスが出ます。名前には \- 以外の書式文字列が使えます。
・単独の対象に対して Clone_IN コマンドを実行した場合、\N の代わりにその名前(ファイルの場合は主部)をデフォルトとして入力ボックスを表示し、任意に改名してクローン化できるようにしました。この場合、同名ファイルがなくても改名が適用されます。
・アーカイブの作成ダイアログに「追加スイッチ」オプションを追加。各フォーマットごとにスイッチオプションを追加指定できます。指定した内容は、規定スイッチオプションの末尾(構文解析停止の直前)に挿入されます(例: -ms=off 7zでソリッドモードOFF)。

V11.34
・Filter コマンドのフィルタ欄で、インクリメンタルサーチの KeywordHistory コマンドが割り当てられているキーを押すと、履歴がドロップダウン表示されるようにしました。この場合、↓、↑キーでドロップダウンの項目を選択、ESC、ENTERキーでドロップダウンが閉じます。
・Filter コマンドのフィルタ欄で、インクリメンタルサーチの IncSearchDown、IncSearchUp コマンドが割り当てられているキーによって、ファイルリストのカーソル移動を行えるようにしました。

V11.33
・ファイラーのインクリメンタルサーチに KeywordHistory コマンドを追加。キーワードの履歴をポップアップメニューで参照します(Migemo モード時は無効)。メニューには、カレントでマッチするものだけを表示。履歴には、インクリメンタルサーチ・モードから抜ける際にマッチしているキーワード(3文字以上)が追加されます。
・Filter コマンドのフィルタ欄をコンボボックスに変更。キーワードの履歴を参照できるようにしました。

V11.32
・アーカイブ内でも SelMask および MarkMask コマンドを利用できるようにしました。
・同名ファイルの比較ダイアログに「選択項目だけを残す」を追加。結果の選択項目だけを残して他を隠します(選択マスク)。
・アーカイブ/検索結果リスト/ワークリストで ESC キーを押した場合、キーに ExeCommands コマンドが割り当てられていたら、通常のファイルリストに復帰せずにそのコマンドを実行するようにしました。

V11.31
・SubDirList コマンドのパラメータで、ディレクトリ名として "\" を指定した場合、カーソル位置のディレクトリ名を用いるようにしました(ディレクトリでない場合はカレント)。
・ReloadList コマンドのパラメータに HL を追加。ファイルリストにあるファイルのハードリンク情報をチェックすることで、タイムスタンプ情報を更新します。
・LinkToOpp コマンドで、シンボリックリンク、ジャンクションのリンク先も開けるようにしました。
・SetPathMask_EX コマンド(カーソル位置の拡張子でマスク)が機能しなくなっていたのを修正。

V11.30
・ファイラーの SetDirTime コマンドにおいて、パラメータでディレクトリを指定できるようにしました(相対指定可)。選択状態にかかわらず、そのディレクトリが対象になります。

V11.29
・ファイラーで何らかのモーダルダイアログを表示したときに、ファイルリストのカーソル表示が維持されなくなっていたのを修正。

V11.28
・「Migemo 検索開始文字数」を2以上に設定している場合、一覧ダイアログや文字列検索(GREP)の結果リストに対するフィルタを Migemo モードで用いると、検索開始文字数未満でエラーメッセージが出るのを修正。

V11.27
・文字列置換で元ファイルのバックアップを行う場合、対象がハードリンクだったら、リンクが切れないようにコピーでバックアップを作成するようにしました。
・文字列置換の拡張設定 - 「元ファイルのバックアップ」で、「保存先」の相対指定が正しく機能しないのを修正。

V11.26
・SubViewer コマンドのパラメータに RL、RR、FH、FV を追加。サブビュアーで表示している画像(GIFやメタファイルは除く)を左/右に90度回転、左右/上下反転します(右クリックメニューからも可能)。
・サブビュアーのタイトルバーに縮小倍率を表示するようにしました。

V11.25
・EditInifile コマンドの確認で再起動する場合、また Restart コマンドでINIファイル名を引用符で囲んで指定した場合、INIファイル名が正しく渡されなくなっていたのを修正(V10.93)。

V11.24
・Jpeg 以外に HEIF(.heic) やRAWファイル(.CRWを含む)に対しても、SetExifTime コマンドが機能するようにしました。
・.opus のファイル情報を表示するようにしました。また .opus ファイルに対して ListDuration コマンドを使えるようにしました。
・ファイラーでも SubViewer コマンドを利用できるようにしました。サブビュアーを開き、カーソル位置の画像ファイルを表示します。

V11.23
・HEIF(.heic) のExif情報を表示できるようにしました。なお画像を表示するにはWICコーディック(CopyTrans HEIC for Windows など)が必要です。
・Highlight.INI のキーに FontName、FontSize を追加。通常とは異なるフォントを指定できます。
・Exif情報に256バイトを超えるASCIIタイプのデータが含まれていると異常終了する不具合を修正(FUJIFILM X100F の Copyright 情報で発生)。

V11.22
・フォントに Ricty Diminished ~ を指定した場合に表示が乱れるのを修正。これは、サイズによって半角文字の実際の表示幅がその取得値と一致しないためで、このずれを内部的に補正するようにしました。なおこのフォントは、サイズによって半角と全角の幅が 1:2 にならない場合があるため、テキストビュアーなどで用いるときは注意してください。
・オプション設定 - 一般2 - テキストプレビュー に「~行以上なら分割」を追加。プレビューが指定行数以上の場合に末尾分割表示を有効にします。

V11.21
・一覧ダイアログで、シンプルスクロールバーによってカーソル位置が変化したときに、ステータスバーの内容が更新されないのを修正。
・一覧ダイアログで標準スクロールバーの場合、「カーソルを常に可視領域に」(TV)が効かないのを修正。
・テキストビュアーで、スクロールバーによってカーソル位置が連続的に変化した場合、情報ヘッダの行位置表示が追随しきれないのを修正。

V11.20
・開発環境を C++Builder 10.2.3 にアップデート。
・登録ディレクトリ、ディレクトリ履歴の右クリックメニューに「プロパティ」を追加。ファイラーで PropertyDlg コマンドが割り当てられているキーでも表示可能。
・ListTail、ListText コマンド実行中に、前後の不正なファイルに移ってエラーが発生すると、一覧ダイアログの描画が停止したまま残ってしまうのを修正。また、ステータスバーに諸情報が表示されなくなっていたのを修正。

V11.19
・テキストビュアー、ログウィンドウに PrevErr/NextErr コマンドを追加。前後のエラー位置に移動します。また一覧ダイアログでログを表示している場合、テキストビュアーで PrevErr/NextErr コマンドが割り当てられているキーが機能します。
・ログウィンドウにフォーカスがあるときにファンクションキーバーの表示内容が切り替わらないのを修正。なお、テキストプレビューやファイル情報にフォーカスがある場合は、F1: Help だけになるようにしました。

V11.18
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索で、「コードページ/改行コード」条件に「BOM」を追加。
・FTP接続のオプションで「アップロードファイルのタイムスタンプを維持」と「ホストからの応答メッセージをログに表示」を有効にしている場合、アップロード時の応答メッセージが適切に表示されていなかったのを修正。

V11.17
・Unicode テキストファイルがBOM付だった場合、ファイル情報やテキストビュアーのコードページに "BOM付" と表示するようにしました。
・ログウィンドウの右クリックメニューに「デバッグ情報を表示」を追加。オプション設定 - 一般2 - ログ -「デバッグ情報」に対応しています。

V11.16
・7-zip32.dll 文字化け対策版(x@rgs 氏作)の7z.dll対応版を利用している場合、7-zip32.dll が 7z.dll の存在を認識できていなかったら、NyanFi 起動時のログに " >E LOAD 7-zip32.dll v18.03 7z.dll not found" などとエラー表示するようにしました。また、ListNyanFi コマンドによる NyanFi 情報にもエラーとして表示します。
・オプション設定 - 一般2 - その他 -「7-zip32.dll(7z.dll対応版)の対応拡張子」に、.rar .iso も指定できるようにしました。この場合、unrar32.dll/unrar.dll、uniso32.dll を用いずに、7-zip32.dll(7z.dll対応版)で解凍を行います。
・オプション設定 - 一般2 - ログ -「デバッグ情報」を有効にしている場合、アーカイバDLLからの応答内容も出力するようにしました。

V11.15
・オプション設定 - 一般2 - ログ に「デバッグ情報」オプションを追加。タスクでのファイル処理内容をタイム付きでログに出力します。またアーカイバDLLを利用する際のコマンド内容なども出力されます。

V11.14
・インクリメンタルサーチモードのディレクトリ履歴(DirHistory_FM)、タグ名検索ダイアログ(FindTagName)で、"|" 区切りによるOR検索も行えるようにしました。

V11.13
・ファイラーに CreateTestFile コマンドを追加。サイズと個数を指定して、カレントにテスト用のファイルを作成します(データ内容は全て 00)。
・ディレクトリ履歴で、Shft+F10 キーによって右クリックメニューが開けなかったのを修正。

V11.12
・インクリメンタルサーチモードのディレクトリ履歴で「指定ディレクトリ以下を全体履歴に追加」を行った場合、途中経過を表示し、ESCキーで中断できるようにしました。また、オプション設定 - 一般の「履歴に入れないパス」にマッチするものは追加しないようにしました。
・ディレクトリ履歴で選んだディレクトリが存在しなかった場合、そのサブディレクトリも履歴から削除するようにしました。
・オプション設定 - 一般 - ディレクトリ履歴 -「全体履歴を別ファイルに保存」をチェックしたときの処理が正しく行われない場合があるのを修正。

V11.11
・ディレクトリ履歴、最近編集/閲覧したファイル一覧/マーク一覧、キー割り当て一覧、登録ディレクトリ、拡張子別一覧、アプリケーション一覧、一覧ダイアログ、XMLビュアーの右クリックメニューに「サイズと位置をファイルリストに合わせる」を追加。メイン画面のファイルリスト全体を覆うように、ダイアログの位置とサイズを調整します(Windows 10 の場合、ウィンドウ枠の設定状態によっては隙間ができます)。
・プレイリストの一覧表示(PlayList_LS)の右クリックメニューに「ファイル名を先に表示」と「パスの共通部分を省略」を追加。
・アプリケーション一覧で、ライブサムネイルが表示部内に収まらない場合があったのを修正。

V11.10
・インクリメンタルサーチモードのディレクトリ履歴で、マッチ部分を強調表示するようにしました。また階層の区切り記号は \ と / のどちらでもマッチするようにしました。
・インクリメンタルサーチモードのディレクトリ履歴の右クリックメニューに「絞り込み表示中の履歴を削除」を追加。
・ディレクトリ履歴の右クリックメニューに「一覧をコピー」を追加。
・タグ名検索ダイアログで、マッチ部分を強調表示するようにしました。

戻る