2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーもなかなか、FTP接続や簡易マクロ、タグ管理、Git連携機能なども実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。Windows 10 ダークモードにもなんちゃって対応。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


32ビット版 V14.85  nyanfi1485.zip 2021-01-06 6.5 MB (ソースコード付)
MD5: b1e623eb8da3471c08b6d19b307bbd15

64ビット版 V14.85  nyanfi64_1485.zip 2021-01-06 7.1 MB (ソースコード付)
MD5: 9ee8f1174d4412d8edc21d10b208267a

GitHub NyanFi_x86 / NyanFi_x64

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25

過去バージョンの保管庫もあります。


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V14.85
・ExeCommands コマンドの変数が1行以上の文字列を含む場合、%変数名[行インデックス]% という書式で指定行の内容を参照できるようにしました。行インデックスは0から始まる整数で、変数名も使えます(例: %HOGE[i]%)。範囲外の値を指定した場合は空文字列になります。また %変数名.Count% で変数内容の行数を、%変数名.Length% で総文字数を参照できます(例: MsgBox_"%Clipboard.Length%文字 %Clipboard.Count%行")。
・ExeCommands コマンドの Repeat 文で繰り返し回数に0が指定された場合、エラーとせずにループを抜けるようにしました。

V14.84
・ExeCommands_@ コマンドを実行したり、オプション設定 - 関連付け で .nbt に @ だけを指定して OpenByApp コマンドを実行したりした場合に、対象コマンドファイルが実行されなくなっていたのを修正(V13.73)。
・ExeCommands コマンドで、定義済み変数を参照する単独コマンドを実行した場合、変数が展開されなかったのを修正。

V14.83
・7-zip32.dll 文字化け対策版の7z.dll対応版が正しくインストールされている状態で ListNyanFi コマンドを実行した場合、ロードされている7z.dllのファイル情報を追加表示するようにしました。
・ListNyanFi_ED コマンドで、イメージエディタとその他のエディタのファイル情報に「対応拡張子」を追加しました。
・ヘルプメニュー - 「動作環境情報をコピー」や ListNyanFi コマンドで、Windows 10 October 2020 Update 以降のバージョン表記変更に対応しました(2009 → 20H2)。

V14.82
・開発環境を C++Builder 10.4.1 にアップデート。
・ListNyanFi コマンドのパラメータに ED を追加。テキストエディタ、イメージエディタ、バイナリエディタ、その他のエディタについてのファイル情報が一覧に追加されます。また XT を指定すると、外部ツールについてのファイル情報が追加されます。
・名前の変更ダイアログの 設定 - その他 に「主部/拡張子の文字種設定を記憶」を追加。「主部」、「拡張子」の文字種設定を保存し、次回それらを復元します。
・オプション設定 - エディタ - その他のエディタ の一覧で、実行ファイル名に環境変数が使われているとアイコンが正しく表示されなかったのを修正。なお、実行ファイルがなくなっていた場合、アイコンを表示せず、名前をエラー色で表示するようにしました。

V14.81
・タスクマネージャで、処理中のファイルが対象ディレクトリのサブディレクトリ下にある場合、一覧の詳細セル2行目のファイル名にサブディレクトリ名部分を付加するようにしました。セル幅に収まらない場合は、可能な限りサブディレクトリ名部分を省略表示します。なお、ディレクトリ区切りを、他の場所と同様に、オプション設定 - 一般 で設定されている文字で表示するようにしました。

V14.80
・内部テキストビュアーと別ウィンドウのテキストビュアーで、HTML→テキスト変換表示およびCSV/TSVの固定長表示の状態を変更した場合、次回閲覧時に互いにそれを反映するようにしました。なお、文字列検索(GREP)の結果リストからHTML文書を別ウィンドウのビュアーで開いたとき、HTML→テキスト変換表示が強制的に解除されていなかったのを修正。
・C++Builder 10.4 に Patch 3 を適用しました。

V14.79
・C++Builder 10.4 に Patch 2 を適用しました。
・アーカイブの作成ダイアログ - オプション - 「パスワード」 にアクセラレータキー(P)を設定。
・CalcDirSizeAll コマンドでディレクトリ容量のグラフ表示を行ったとき "100.0" になるとサイズ欄との間にスペースがなくなってしまうため、"100." と表示するようにしました。
・テキストビュアーでフォントサイズを一時変更すると、オプション設定 - テキストビュアー - 「行間」 の設定値が変化してしまうのを修正。

V14.78
・FindFileDlg、FindFileDirDlg コマンドのパラメータに NT を追加。ごみ箱内を検索しません。これは、ドライブ直下にある隠し/システム属性の $RECYCLE.BIN ディレクトリがファイルリストに表示されている場合にのみ意味を持ちます。

V14.77
・ドライブ容量推移のツールバーに[Cursor]ボタンを追加。有効にすると、グラフ上にカーソル位置の使用率ラインが表示されます。
・INIファイルでドライブ容量推移のキー名にスペルミスがあったのを修正([General] DrvGrpah~ → DrvGraph~)。キー名は、起動したとき自動的に置換されます。
・警告がヒント表示される際に警告音が複数回鳴ってしまう場合があったのを修正。

V14.76
・開いているディレクトリの名前に "&" が含まれていると、ディレクトリ情報で "&&" と表示されるようになっていたのを修正(V13.16)。

V14.75
・オプション設定 - キー設定 のキー選択コンボボックスで、既に使われているキー項目の右端に □ マークを、2ストローク操作の開始キー項目には ~ マークを表示するようにしました。開始キーを選択している場合は、その2ストローク目として使われている2番目のコンボボックス項目にも □ マークが表示されます。キー、修飾キー、設定内容などを変更すると、そのたびにコンボボックスの内部状態を更新するため、わずかですが時間がかかります。なおマークの表示スペースを確保するため、10Key_~ を 10K~ と省略表示しています。

V14.74
・アプリケーション一覧から起動後初めて「アプリケーション情報を表示」を行った場合、項目名が適切に納まらない場合があったのを修正。

V14.73
・オプション設定 - デザイン - ファイルリスト の「タグ検索では「タグ」列を表示」をチェックした状態で、タグ検索を行ってから重複ファイルの検索(FindDuplDlg)を行うと、結果リストに「場所」ではなく「タグ」列が表示されてしまうのを修正。
・他の検索実行後、重複ファイルの検索(FindDuplDlg)を行って結果リストで ReloadList コマンドを実行すると、通常のファイルリストに戻らずに、その前の検索が再実行されてしまうのを修正。

V14.72
・結果リストではファイルパス混在による誤動作の可能性があるため、同期コピー(削除)は通常のファイルリストでのみ動作するようにしました。
・同期先が登録されているディレクトリの代替データストリームを開いた場合、ストリームは同期対象ではないので、[..] 項目のファイル情報には同期先を表示しないようにしました。
・二重起動された NyanFi の設定メニューで「キー設定」がグレーアウトされていなかったのを修正。これは OptionDlg_KYO コマンドに相当するため、二重起動した NyanFi からは実行できません。

V14.71
・ファイラーのコマンドで検索やディレクトリ容量計算を行った後、ツールボタンが無効状態から復帰しなくなっていたのを修正。C++Builder 10.4 でツールバー・コンポーネントの挙動が変わったようです。
・ヘルプの変更履歴に日付を入れました。ただし古いものについては抜けがあります。

V14.70
・農研機構・簡易逆ジオコーディングサービスのURLが変更されたため、アーカイブに同梱されている WebMap コマンド用テンプレート(sample_etc\WEBMAP_img_adr.HTM)を修正しました。

V14.69
・開発環境を C++Builder 10.4 にアップデート。なお32ビット版も、64ビッド版と同様にClang拡張コンパイラでビルドするようにしました。

V14.68
・オプション設定 - デザイン - ファイルリスト の「結果リストに「場所」列を表示」をチェックせずに「タグ検索では「タグ」列を表示」だけをチェックした場合、結果リストの右端にタグ列の一部だけが表示されてしまうのを修正。「結果リストに「場所」列を表示」がチェックされていない場合は、「タグ検索では「タグ」列を表示」チェックボックスを無効にするようにしました。

V14.67
・ファイラーに SelSameDir コマンドを追加。検索結果リストで、カーソル位置の項目と同じディレクトリにあるすべての項目を選択します。

V14.66
・コマンド履歴(CmdHistory)において、通常のファイルリストではない場合やビュアーでは、ファイラーのカレントではなく対象を表示するようにしました。

V14.65
・タブレットモードではランドスケープモード固定にしていますが(V14.23)、上下逆になる場合があるので、画面方向に応じて正逆いずれかのランドスケープモードに切り替わるようにしました。

V14.64
・FindDuplDlg_LR コマンドで、カレント側が通常のファイルリストではない場合は未対応として動作禁止にしていますが、反対側が通常のファイルリストではない場合に禁止されていなかったのを修正。

V14.63
・オプション設定 - デザイン - 画面レイアウト に「ファイルリストが下」を追加。

V14.62
・ヘルプの「オプション設定 - デザイン」トピックが欠落していたのを修正(x64 のみ)。

V14.61
・重複ファイルの検索(FindDuplDlg)で、最大サイズに4096MB以上の値を設定していると、正しく検索できないのを修正。また、ハッシュ値取得中にESCキーで中断できなかったのを修正。
・ヘルプメニュー - 「動作環境情報をコピー」や ListNyanFi コマンドで取得されるOSビルド番号が実際と一致しないようなので、取得方法を変更しました。

V14.60
・PlayList コマンドで、パラメータに何も指定しないか LS だけを指定した場合でも、選択項目があれば、それからプレイリストを作成/再生できるようにしました。また、パラメータに CA を追加。再生を停止しプレイリストをクリアします。

V14.59
・パスワード保護された未接続のUNCパスに対するネットワーク接続の試行に、既定のユーザ名とそれに関連付けられた現在の規定パスワードを用いるように変更しました(WNetAddConnection3W 関数の仕様を勘違いしてた)。UNCパスの後に : (コロン)で区切って接続ユーザ名を指定する機能はそのまま有効です。なお、起動時パスが未接続UNCパスになった場合、接続を試みるとややこしいことになるため、利用可能な通常ディレクトリを探して切り替えるようにしました。

V14.58
・パスワード保護された未接続のUNCパスを開こうとした場合、デフォルトとして現在のログインユーザ名を明示的に指定してネットワーク資格情報の入力ダイアログによる接続を試みるようにしました。なお登録ディレクトリダイアログや InputDir コマンドの入力ボックス、および ChangeDir、ChangeOppDir コマンドのパラメータなどで、UNCパスの後に : (コロン)で区切って接続ユーザ名を指定した場合は、それが用いられます(例: \\HogeNas\share\:nyanko)。

V14.57
・オプション設定 - デザイン - ファイルリスト の「空白表示」をチェックしている場合、全角空白を含む長いファイル名の省略表示が適切に行われないのを修正。

V14.56
・共有フォルダ一覧を表示しようとしてアクセスを拒否された場合、可能ならネットワーク資格情報の入力ダイアログによる接続を試みるようにしました。
・登録ディレクトリ/特殊フォルダ一覧ダイアログのヒント表示を改善。「場所」が表示幅に収まらない場合や、環境変数が使われている場合に表示します。

V14.55
・パスワード保護された未接続のUNCパスを開こうとした場合、ネットワーク資格情報の入力ダイアログを表示して接続を行えるようにしました。なお、InputDir コマンド入力した未接続のUNCパスは、事前に属性が取得できないためディレクトリ名と見なします。
・ファイル名検索の結果リストで、ソート方法がデフォルトの「場所」になっている場合、ソートダイアログによる変更ができなかったのを修正。

V14.54
・Move_SD コマンドを実行したとき、選択した移動先と対象ファイル名との間のディレクトリ区切りが抜け、間違った名前で移動してしまうのを修正(例: sub1\sub2\sub3\hoge.txt → shub2\ だと sub1\sub2hoge.txt)。

V14.53
・ファイルリストを上下分割していて、最大化されていた画面を元のサイズに戻したとき、オプション設定 - デザイン - ファイルリスト - 「比率を維持」が効かない場合があるのを修正。またこのような場合、WidenCurList、EqualListWidth、BorderCenter コマンドが正しく動作しないのを修正。
・インクリメンタルサーチで Tab キーにコマンドを割り当てても機能せず、フォーカス移動になってしまうのを修正。

V14.52
・オプション設定 - テキストビュアー に「.json ファイルを整形して表示」を追加。.json ファイルをタブ文字でインデント整形して表示します。不正なJSONの場合、エラーメッセージが出て、整形していない元の内容が表示され、エラー個所にカーソルが移動します。
・JSONビュアーで「全体を整形してコピー」を行った場合、最上位が配列だと正しく動作しないのを修正。

V14.51
・JSONビュアーの右クリックメニューに「全体を整形してコピー」を追加。JSON文字列全体をタブ文字でインデント整形してクリップボードにコピーします。
・JSONビュアーで不正なJSONファイルを読み込んだ場合、エラー内容を表示するようにしました。また右クリックメニューに「エラー行をエディタで開く」を追加。
・JSONビュアーのツリービューに不要な横スクロールバーが表示されるのを修正。

V14.50
・ファイラーに JsonViewer コマンドを追加。カーソル位置のJSONファイルをJSONビュアーでツリー表示します。またパラメータに CB を指定すると、クリップボードのテキスト内容をビュアーで表示できます。
・アーカイブの sample_etc ディレクトリに、農研機構の簡易逆ジオコーディングサービスで取得した住所(番地などは除く)を追加表示するテンプレート(WEBMAP_img_adr.HTM)を同梱しました。

戻る