2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーもなかなか、FTP接続や簡易マクロ、タグ管理、Git連携機能なども実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。Windows 10 ダークモードにもなんちゃって対応。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


32ビット版 V14.56  nyanfi1456.zip 2020-04-01 5.9 MB (ソースコード付)
MD5: 76b85cfbee3379b4aad2dce5b6f5aba2

64ビット版 V14.56  nyanfi64_1456.zip 2020-04-01 7.0 MB (ソースコード付)
MD5: 3dc61ccfcd14171d83b43b5660b89560

GitHub NyanFi_x86 / NyanFi_x64

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25

過去バージョンの保管庫もあります。


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V14.56
・共有フォルダ一覧を表示しようとしてアクセスを拒否された場合、可能ならネットワーク資格情報の入力ダイアログによる接続を試みるようにしました。
・登録ディレクトリ/特殊フォルダ一覧ダイアログのヒント表示を改善。「場所」が表示幅に収まらない場合や、環境変数が使われている場合に表示します。

V14.55
・パスワード保護された未接続のUNCパスを開こうとした場合、ネットワーク資格情報の入力ダイアログを表示して接続を行えるようにしました。なお、InputDir コマンド入力した未接続のUNCパスは、事前に属性が取得できないためディレクトリ名と見なします。
・ファイル名検索の結果リストで、ソート方法がデフォルトの「場所」になっている場合、ソートダイアログによる変更ができなかったのを修正。

V14.54
・Move_SD コマンドを実行したとき、選択した移動先と対象ファイル名との間のディレクトリ区切りが抜け、間違った名前で移動してしまうのを修正(例: sub1\sub2\sub3\hoge.txt → shub2\ だと sub1\sub2hoge.txt)。

V14.53
・ファイルリストを上下分割していて、最大化されていた画面を元のサイズに戻したとき、オプション設定 - デザイン - ファイルリスト - 「比率を維持」が効かない場合があるのを修正。またこのような場合、WidenCurList、EqualListWidth、BorderCenter コマンドが正しく動作しないのを修正。
・インクリメンタルサーチで Tab キーにコマンドを割り当てても機能せず、フォーカス移動になってしまうのを修正。

V14.52
・オプション設定 - テキストビュアー に「.json ファイルを整形して表示」を追加。.json ファイルをタブ文字でインデント整形して表示します。不正なJSONの場合、エラーメッセージが出て、整形していない元の内容が表示され、エラー個所にカーソルが移動します。
・JSONビュアーで「全体を整形してコピー」を行った場合、最上位が配列だと正しく動作しないのを修正。

V14.51
・JSONビュアーの右クリックメニューに「全体を整形してコピー」を追加。JSON文字列全体をタブ文字でインデント整形してクリップボードにコピーします。
・JSONビュアーで不正なJSONファイルを読み込んだ場合、エラー内容を表示するようにしました。また右クリックメニューに「エラー行をエディタで開く」を追加。
・JSONビュアーのツリービューに不要な横スクロールバーが表示されるのを修正。

V14.50
・ファイラーに JsonViewer コマンドを追加。カーソル位置のJSONファイルをJSONビュアーでツリー表示します。またパラメータに CB を指定すると、クリップボードのテキスト内容をビュアーで表示できます。
・アーカイブの sample_etc ディレクトリに、農研機構の簡易逆ジオコーディングサービスで取得した住所(番地などは除く)を追加表示するテンプレート(WEBMAP_img_adr.HTM)を同梱しました。

V14.49
・SimilarImage コマンドのパラメータに CC を追加。画像の中央部(面積50%)をクロップして比較を行います。注目部分が中央にある場合によいかもしれません。
・WebMap コマンドで開く地図に標高を表示するようにしました(国土地理院APIで取得、国内のみ)。
・アーカイブの sample_etc ディレクトリに、地図の横に画像と諸情報を表示するテンプレート(WEBMAP_img.HTM)を同梱しました。またデフォルト相当の WEBMAP.HTM を修正。

V14.48
・WebMap コマンドで表示する地図で、地理院(標準地図、淡色地図、写真)、Open Street Map を切り替えられるようにしました。追加したパラメータ M1~4 で初期表示を選択可能。なお H は廃止し、地図の高さはブラウザのサイズに合わせるようにしました。
・アーカイブの sample_etc ディレクトリ(sample_ini から改名)に、デフォルト表示に相当するテンプレート(WEBMAP.HTM)を同梱しました。カスタマイズして利用したり、作成の際の参考にしたりしてください。

V14.47
・WebMap コマンドで表示する地図をGoogleマップから国土地理院のものに変更しました。APIは Leaflet を利用。なおテンプレート(WEBMAP.HTM)を作成すればGoogleマップも表示可能ですが、Google Maps API キー の取得が必須となっており、月の使用量が無料利用枠を越えると料金が発生します。
・WebMap コマンドのパラメータに Z(ズームレベル) および H(地図の高さ)を追加。またテンプレートで使用できるマクロに、$ExifTime$ (Exif情報の撮影日時)を追加。

V14.46
・SimilarImage コマンドのパラメータに HG を追加。64色カラーヒストグラムの類似度によってソートを行います(DH、AH、PH のいずれかと同時指定も可能)。また CB を追加。クリップボードのビットマップ内容との類似性に基づいてソートを行います。
・名前の変更ダイアログの「連番」タブで使用できる書式文字列に \C を追加。ファイルのパス無しディレクトリ名になります(D:\hoge\data\xxxx.txt なら data 、ルートの場合は空文字列)。
・ToParent コマンド実行直後にファイル情報やプレビューが更新されなくなっていたのを修正(V14.28)。

V14.45
・アーカイブの作成に失敗していたため、再度ビルドし直してアップしました。

V14.44
・イメージビュアーに SimilarImage コマンドを追加。カーソル位置の画像との類似性に基づいてソートを行います。デフォルトでは、画像を32×32のサイズに縮小し、各ピクセルについてHSV色空間での隔たりを計算して、その合計が小さい順に並べ替えます。パラメータによって、dHash、aHash、pHash によるソートも可能。

V14.43
・ExeCommands コマンドの定義済み変数に TabGroup を追加。使用中タブグループのファイル名主部を取得します。
・ListVar コマンドで、一部の定義済み変数がユーザ定義変数として表示されていたのを修正。
・オプション設定 - テキストビュアー -「.dfm ファイルの文字列値をデコード 」の設定が、テキストプレビューや一覧ダイアログでの表示では常に有効として動作していたのを修正。

V14.42
・オプション設定 - 一般 - 表示 に「タイトルバー: タブグループ」を追加。タブグループ・ファイルを読み込んでいる場合、タイトルバーに、そのファイル名主部を表示します。なおタイトルバー設定項目を、「コンピュータ名」、「タブグループ」、「カレントパス」 というように整理しました。
・オプション設定 - 配色 の 「タイムスタンプ/の配色」に 6時間以内 および 2GB、512MB、256MB、128MB、64MB、32MB、16MB以上を追加。
・タスクの中止やエラーによって、ディレクトリ削除がスキップされた場合は、その項目をログに出力しないようにしました。
・LoadTabGroup コマンドでタブグループを連続的に素早く切り替えると、予期しない例外が発生し、直前のタブグループ・ファイルに別のタブグループ内容が保存されてしまう場合があったのを修正。
・タブ切り替え時に、復帰した選択状態がドライブ情報に反映されないのを修正。

V14.41
・コピー/移動/削除処理の直前に、対象ファイルがプロセスによって使用されていたら、最大10秒まで待つようにしました(今まではイメージプレビュー処理のみをチェック)。またタスクで処理中のファイルに対する情報取得やイメージプレビューを抑止するようにしました。ファイル情報には「タスクで処理中です。」という警告が表示されます。
・ディレクトリの移動/削除でタスクを中止した場合((特に対象ファイルの列挙中)、それ以降の不要な処理を行わないようにしました。
・同名ファイルの比較(CompareDlg)で、左右が同一パスだった場合、警告を出して実行できないようにしました。

V14.40
振り分けダイアログで、振り分け先がカレントと同じになる場合、プレビュー一覧で振り分け先をエラー色で表示し、実行時にはコピー/移動をスキップしてログに警告を出すようにしました。なお、すべてがスキップされる場合は実行を開始できません。

V14.39
・ディレクトリ比較の結果リストで、ハードリンクの作成(CreateHardLink)を行えるようにしました。
・テキストビュアーでHTML文書を通常表示していて SearchPair コマンドを実行した場合、カーソル位置に head、body、div、header、footer、nav、main、section、article、aside、table、ul、ol、form、script タグがあったら、それに対応する開始/終了タグを検索するようにしました。

V14.38
・テキストプレビューの右クリックメニュー「カーソル位置を維持」の設定を、末尾分割表示側にも適用するようにしました。
・EditIniFile、ViewIniFile コマンドを実行する際、編集/閲覧の前に NyanFi.INI を更新するようにしました。
・NyanFi.INI の隠しオプションとして [Option] NoCheckUncRPT を追加。NoCheckUncRPT=1 に設定すると、UNCパスのリパースポイント情報をチェックしません。このオプションは、ファイルリストでUNCパスを開いたとき、ネットワーク環境の問題などによって、シンボリックリンク/ジャンクションで「エラーコード: 0x80070035」が発生し、しばらく無応答になってしまうのを回避するためのものです。設定は、NyanFi.INI を直接編集する必用があります。なお、正常なシンボリックリンク/ジャンクションのリンク先情報については、ShowFileInfo コマンドで強制取得してください。

V14.37
・別ドライブへのコピー/移動で「ディスクに十分な空き領域がありません」エラー(ERROR_DISK_FULL)が発生した場合、その時点でタスクを中断するようにしました。

V14.36
・SharList コマンドのパラメータにコンピュータ名を指定できるようにしました。そのコンピュータの共有フォルダ一覧が表示されます。
・登録ディレクトリダイアログで、\\ で始まるコンピュータ名だけを登録した場合、共有フォルダ一覧を表示するようにしました。
・SubDirList コマンドのダイアログの右クリックメニューに「ディレクトリ・パスをコピー」、「すべてのディレクトリ・パスをコピー」を追加。
・FixTabPath コマンドで固定していない場合にもピンマーク幅が加算されていたため、ディレクトリ情報の右クリックによるサブディレクトリ選択ポップアップメニューの表示内容がずれる場合があったのを修正。

V14.35
・Delete コマンドの拡張にともない、オプション設定 - キー設定 のパラメータ・コンボボックスを編集可能に変更していなかったのを修正。

V14.34
・InputDir コマンド(ND、ND2 の場合を含む)で、\\ で始まるコンピュータ名だけを入力した場合、共有フォルダ一覧を表示するようにしました。
・ChangeDir コマンドのパラメータに \\ で始まるコンピュータ名だけを指定した場合、共有フォルダ一覧を表示するようにしました。
・Delete コマンドのパラメータでマスクを指定できるようにしました。マスクにマッチする項目を選択して削除します(マッチしない場合は警告)。マスクの指定方法は MaskSelect コマンドと同じです(例: Delete_*.bak)。ただし、"SO" という名前のファイルを削除したい場合は、先頭に .\ を付けて Delete_.\SO と指定。
・登録ディレクトリダイアログに「カーソルを先頭に」オプションを追加。ダイアログを開いたとき、カレントディレクトリに関係なくカーソルを常に先頭項目に設定します。

V14.33
・起動時オプション -X で、コマンド内容の引用符内に空白があると正しく動作しなかったのを修正。

V14.32
・オプション設定 - 一般 に「タイトルバーにコンピュータ名を表示」を追加。

V14.31
・ダイアログをスケーリングの異なるディスプレイに移動したときに、コントロールのフォントサイズが調整されていなかったのを修正。

V14.30
・ソートダイアログに「拡張設定」を追加。ボタンを押すとダイアログの右側に設定画面が開きます。ここでは、各ソート方法に対する第2ソート方法を指定できます。ただし「名前」に対する第2ソート方法は常に「なし」になり、結果リストで同名ファイルがあった場合はフルパス名でソートされます。また第2ソート方法が「拡張子」で同じだった場合は、内部的に「名前」で第3ソートされます。なおソート順は第1ソート方法の設定にしたがいます。またオプションとして「更新日時のアクセラレータを T に変更」、「現モードのキーを押したときも閉じる」、「拡張設定を常に表示」を追加。
・オプション設定や最近編集/閲覧したファイル一覧などで指定した除外パスの末尾がディレクトリ区切り位置になっていないとマッチしなかったのを修正。

V14.29
・開発環境を C++Builder 10.3.3 にアップデート。
・オプション設定 - デザイン - モーダル表示効果 にある色選択コンボボックスのボタン部分にダークモードが適用されていなかったのを修正。
・NyanFi 終了時に捕捉されない例外が発生し、イベントログの Application に エラー(例外コード: 0xc000001d)として出力されていたのを修正(x64のみ)。

V14.28
・CreateDir_IN;~ コマンドでデフォルトを指定して入力ボックスを出した場合、前回の入力内容が残ってしまう場合があったのを修正。
・ToParent コマンドを高速に連続実行すると、ファイルリストが正しく更新されない場合があるのを修正。

V14.27
・FindDuplDlg コマンドのパラメータに LR を追加。「重複ファイルの検索」で、左右のディレクトリのみを対象とした検索を行い(シンボリックリンクは除外)、結果リストは表示せずに重複ファイルを選択します。対応は、ファイル情報でハッシュ値を見比べるか、ToOppSameHash コマンドで確認してください。
・マルチディスプレイ環境の場合、ヘルプメニューの「動作環境情報をコピー」の内容にモニタ数を含めるようにしました。
・NyanFi 起動後にいずれかのモニタでスケーリングを変更すると、環境や「ダイアログ」フォントの設定によっては、メッセージボックスのサイズが適切に調整されず、メッセージにボタンが重なってしまう場合があるのを修正。

V14.26
・カレントディレクトリのファイル情報で、拡張子別ファイル数の長すぎる拡張子名を省略表示するようにしました(ツールチップで確認可能、コピー時は元の内容)。
・文字列検索(GREP)の結果リストのフィルタによる絞り込みは、「次行表示」のチェック状態を考慮し、表示されている内容だけを対象とするようにしました。
・ExeCommands コマンドの定義済み変数に LastLogText を追加。ログウィンドウの直前の行内容(空行や " >All Task Ready" はスキップ)を取得します。
・リストボックスでズームを行うと、標準スクロールバーのダークモードが解除されてしまうのを修正。また一覧ダイアログでズームを行ったとき、水平スクロールバーが正しく更新されないのを修正。
・一覧やダイアログをスケーリングの異なるディスプレイに移動すると、リストボックスの標準スクロールバーやコンボボックスのダークモードが解除されてしまうのを修正。
・スケーリングが100%より大きいと、タブの底辺が正しく描画されない場合があるのを修正。

V14.25
・Windows 7 で起動できない場合があるのを修正(V14.23)。Windows 8 以降の関数(SetDisplayAutoRotationPreferences)を、Windows のバージョンではなく関数の存在をチェックして使用するようにしました。

V14.24
・イメージプレビューにディレクトリの特大アイコンを表示する場合、背景色にダークモードを適用するようにしました。
・オプション設定 - 関連付け の入力欄の内容が "ExeCommands_" で始まる場合、右クリックメニューからコマンド名を参照できるようにしました。
・Gitリポジトリで ReloadList_HL コマンドを実行したとき、ハードリンクのタイムスタンプが更新されない場合があるのを修正。
・ワークリストのディレクトリ項目に対して SetDirTime コマンドを実行した場合、タスク完了時に表示が更新されないを修正。
・登録ディレクトリダイアログや最近編集/閲覧したファイル一覧などで「場所」が省略表示されている場合、末尾が欠けることがあるのを修正(省略しきれない場合は除く)。
・「ダイアログ」フォントのサイズを大きくに設定していると、メッセージボックスのサイズが適切に調整されず、メッセージにボタンが重なってしまう場合があるのを修正。
・電卓でエラー表示から戻った後の背景色にダークモードが適用されないのを修正。
・テキストビュアーでスクロールバーのノブをドラッグしてスクロールすると表示が乱れる場合があるのを修正。

V14.23
・階層同期(SyncLR)の状態をタブごとに記憶するようにしました。
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」に「拡張子幅」を追加。拡張子の最大表示幅を 'W' の幅を基準とした文字数で指定できます。
・タブレットモードの場合、ランドスケープモードに固定するようにしました(Windows 8 以降)。
・ShowLogWin コマンドでログウィンドウの表示/非表示を切り替えた直後、ファイル情報の項目名の表示幅が狭まって隠れてしまうのを修正。
・最近編集/閲覧したファイル一覧の項目に代替データストリームが含まれているとフリーズする場合があるのを修正。

V14.22
・ToOppSameItem コマンドで左右の項目位置を揃えるのが可能な場合、カレント側のトップ位置も調整するようにしました。
・オプション設定 - コマンド - SyncLR - 「項目位置も同期」を追加。階層同期機能が有効な場合、カーソル位置と同名の項目が反対側にあれば、その位置も同期して点線カーソルを表示します(ToOppSameItem_NO コマンド相当)。

V14.21
・名前の変更ダイアログのMP3/FLACタブで書式参照ボタンを押した場合、入力コンボボックスの直前のキャレット位置と選択状態を考慮して挿入するようにしました(連番タブの場合と同様)。
・名前の変更ダイアログの名前タブで「関連ファイルの同時改名」が適用されると、改名終了時にエラーが発生して正常に操作できなくなるのを修正(V14.05)。

V14.20
・オプション設定 - 一般 - ディレクトリ履歴 に「ソート方法を記憶する」を追加。ディレクトリが変化した際、履歴情報を元にソート方法を復元します。履歴はタブ/左右で個別管理されているため、同じディレクトリでも履歴が異なるとソート方法も異なります。またタブ毎に保持されているソート方法は無視され履歴にしたがいます。履歴がない場合は復元されませんので注意してください。特定のディレクトリに対して決まったソート方法を指定したい場合は、.naynfi ファイルの利用をお勧めします(DotNyanDlg)。.naynfi (上位継承を含む)でソート方法に「そのまま」以外を指定していると優先的に適用されます。
・オプション設定 - 一般 - ディレクトリ履歴 に「保存数」を追加。INIファイルやタブグループ・ファイルを保存する際のタブ/左右ごとの最大履歴数を指定できます。
・テキストビュアーでCSV/TSVファイルを固定長表示していて、OpenURL コマンドを実行したりダブルクリックしたりした場合は、カーソル位置の項目からURLを取得するようにしました。省略表示になっていても、元の内容から取得します。
・NyanFi 起動後、USB接続のカードリーダー・ライターなどに後からメディアを挿入した場合、ドライブ一覧やポップアップにアクティブなドライブとして表示されないのを修正。
・タブの設定ダイアログにおいて、「ワークリスト」で「設定」を選んだ場合、入力欄の背景にダークモードが適用されないのを修正。

V14.19
・テキストビュアーでCSV/TSVファイルを固定長表示している場合の右クリックメニューに「列幅の最小化」を追加。項目を選んでチェックすると、その列幅が最小化され内容が非表示になります。設定内容は代替データストリームに nyanfi.def という名前で保存されます。
・CSV/TSVレコードの右クリックメニューに「URLを開く」を追加。
・NTFSでないドライブで OpenADS コマンドを実行しようとした場合に警告を出すようにしました。
・横幅の広いメッセージボックスなどを表示した際に、メイン画面の左端からはみ出ないようにしました。

V14.18
・テキストビュアーでCSV/TSVエクスポートを行う場合、元ファイル全体を一時バッファに読み込んで処理するようにしました。オプション設定 - テキストビュアー の「テキスト最大読込サイズ」による制限がかかっている場合でも、すべての行内容がエクスポートされます(ソート状態も考慮)。
・CSV/TSVエクスポートダイアログの「出力ファイル名」欄に参照ボタンを、右クリックメニューに「元ファイル名を挿入」を追加。
・最大読込サイズを超えたCSV/TSVファイルをテキストビュアーで固定長表示している場合、情報ヘッダに "(部分)" が、最終行に "……続く……" が表示されないのを修正。
・テキストビュアーで Sort コマンドが正しく機能しない場合があったのを修正。

V14.17
・7-zip32.dll 文字化け対策版を用いてZIP/7z形式のアーカイブ内で RenameDlg コマンドを実行した場合、- や @ で始まる名前の改名も行えるようにしました。なお、ZIP/7z形式以外では警告を出すようにしました。
・テキストビュアーでのCSV/TSVファイルの固定長表示を改善。項目幅制限で1行に収まって余裕ができた場合、その分を振り分けて再調整を行うようにしました。
・NameFromClip コマンド実行後、ファイル情報がカーソル位置のものにならないのを修正。

V14.16
・FTPS接続を TLS1.2 に移行しました。

V14.15
・CsrDirToOpp コマンドのパラメータに LK を追加。反対側への反映動作を維持します。カーソル移動のたびにカーソル位置のディレクトリが反対側で開かれます。
・一般的なテキストボックス/コンボボックスの右クリックメニューにWeb検索を追加。WebSearch コマンドの設定を用いて選択語(無ければテキスト全体)を検索します。
・OpenStandard コマンドでカーソル位置の .nwl ファイルを開いてからファイルリストに戻った場合、元のカーソル位置に戻るようにしました。
・ファイラーで Enter キーに何も割り当てられていない場合、デフォルトの OpenStandard コマンドを明示的に割り当てておくようにしました。
・オプション設定 - 通知・確認 -「ディレクトリの削除制限」一覧の文字色にダークモードが適用されない場合があったのを修正。

V14.14
・ファイラーの Copy、Move コマンドのパラメータに PR を追加。タスク実行中に同名ファイルがあったときの処理(すべてに適用)をダイアログで事前に指定できます。なお直前に SetCopyMode 補助コマンドを実行することでも指定可能(例: SetCopyMode_N:Copy)。

V14.13
・文字列検索(GREP)/文字列置換画面において、マスク/サブディレクトリ設定部分およびフィルタ設定部分の最小幅を制限することで、入力欄が隠れないようにしました。なお設定部分の左右サイズは間の境界線をドラッグすることで変更できます。

V14.12
・ShowIcon コマンドのパラメータに AC を追加。キャッシュされているアイコンをすべて削除できます。
・アプリケーション一覧の右クリックメニューに「コマンドラインパラメータを表示」を追加。テキスト内容の後に、コマンドラインのパラメータ部分を追加表示します。
・文字列置換も文字列検索(GREP)と同様に、マスクが無指定のとき(選択時は除く)は[開始]ボタンを押せないようにしました。また不正な正規表現が入力されているときの配色が文字列検索(GREP)の場合と異なっていたのを修正。
・FTPリモート側の項目に対して CopyFileName コマンドを実行した場合、パス無しファイル名などが正しく取得できないのを修正。
・一覧ダイアログなどでマウスホイールによるズームイン/アウトが正しく機能しなくなっていたのを修正(V14.10)。

V14.11
・ヘルプの各オプション設定トピックに、主な設定項目のデフォルト値を記載するようにしました(空欄の場合やチェックボックスなどは除く)。
・V12.80で廃止した オプション設定 - イメージビュアー - 「見開き表示で1ファイルずつ移動」 に関する記述がヘルプに残っていたのを削除・修正。

V14.10
・ブラウザからリンク項目をドロップしたとき、ドメイン下で favicon.ico が取得できたらインターネットショートカットの代替データストリームに favicon という名前で保存し、リストのアイコン表示に用いるようにしました。なお IE のお気に入りと同様に .png 形式の favicon も表示できます。
・オプション設定 - 一般 - 表示 に「favicon 取得API」を追加。リンク項目のドロップ時に favicon.ico が取得できなかった場合に利用する取得APIのURLを指定できます(デフォルト: http://www.google.com/s2/favicons?domain=\D)。
・ブラウザからドロップしたリンク項目のファイル名に対して、URLエンコードされた文字列のデコードおよび禁止文字/連続空白の置換を行うようにしました。
・ダークモード適用時、オプション設定で「ダイアログ」フォント変更して適用した場合、直ちに反映されなかったのを修正。なお変更したフォントによっては、チェックボックスなどのキャプションの位置がずれる場合があります。そのときは NyanFi の再起動してください。
・アーカイブの作成ダイアログの拡張子表示が入力欄の後ろに隠れてしまっていたのを修正(V10.62)。

戻る