2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーもなかなか、FTP接続や簡易マクロ、タグ管理、Git連携機能なども実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。Windows 10 ダークモードにもなんちゃって対応。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


32ビット版 V13.97  nyanfi1397.zip 2019-07-11 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 4d445d6d583cb3adce87f3dcc910ef49

64ビット版 V13.97  nyanfi64_1397.zip 2019-07-11 6.4 MB (ソースコード付)
MD5: 7f7761c0f8ad86eaa05ee93ba3a064ca

GitHub
NyanFi_x86 / NyanFi_x64

旧バージョン
nyanfi1396.zip/ nyanfi1395.zip/ nyanfi1394.zip/ nyanfi1393.zip/ nyanfi1392.zip
nyanfi1391.zip/ nyanfi1390.zip/ nyanfi1389.zip/ nyanfi1388.zip/ nyanfi1387.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V13.97
・ダークモードを適用している場合、画像ファイルの変換で、選択した形式の拡張子が付加されず処理に失敗するのを修正。
・画像の印刷ダイアログにおいて、移動ボタンで印刷不可のファイルに移ったとき、プレビューに直前の表示画像の一部が残るのを修正。またダイアログで、再生中のアニメーションGIFが印刷不可になっていなかったのを修正。

V13.96
・オプション設定 - 関連付け の一覧にアイコンを表示するようにしました。
・メニューバー項目のアクセラレータキーがすべてデフォルトの状態で起動した場合(キー設定に依存)、項目幅の設定処理が行われず幅が広くなってしまうのを修正(V13.89)。なお v13.95 での修正は、これが起きていない場合のことで、項目幅が8pxずつ広くなっていたのを直したものです。

V13.95
・ダークモードが適用されているオーナー描画メニューのエッジ部分が太くならないようにしました。またサブメニューのマークが見やすいように背景部分の色を少し明るくしてみました。
・メニューバーの各項目の幅が少し広くなっていたのを元に戻しました。
・ファイルメニュー - 「最近開いたワークスト」のサブメニュー、別ウィンドウのテキストビュアーの右クリックメニュー、オプション設定 - 関連付け のテスト表示用ポップアップメニューにダークモードが適用されていなかったのを修正。
・スケーリングが100%より大きい場合、スプラッシュ画面およびバージョン情報のサイズがスケーリングされていなかったのを修正。
・文字列検索(GREP) - 拡張設定 - 出力方法 - 「起動アプリケーション」のチェックボックスを外していても、状態表示に「起動: ~」と表示されてしまうのを修正。

V13.94
・タイトルバーとウィンドウの境界線にもダークモードが適用されるようになりました(Windows の設定で「タイトルバーとウィンドウの境界線」にアクセントカラーが指定されていない場合)。

V13.93
・ソートダイアログの「ソート方法」グループボックス内でカーソルキーを押すと、確定して閉じてしまうようになっていたのを修正(V13.88)。

V13.92
・スケーリングが100%より大きい場合、グループボックスのキャプションが大きくなりすぎたり、チェックボックスやラジオボタンとそのキャプションとの間が詰まったりするのを修正。また ContextMenu コマンドのパラメータにメニュー定義ファイルを指定した場合、追加項目のアイコンがスケーリングされないのを修正。
・オプション設定を開いたときに、一般2 - 「NyanFi 呼び出しホットキー」、および コマンド - 「AppList」 - ホットキー の設定が解除されてしまうようになっていたのを修正(v13.84)。

V13.91
・ファイラー以外の画面のメニューバーで、非表示項目より後の項目をアクセラレータキーで選ぼうとするとずれてしまうのを修正(v13.89)。

V13.90
・PopupMainMenu コマンドで表示されるポップアップメニューにダークモードが適用されなくなっていたのを修正(v13.89)。

V13.89
・オプション設定 - フォント・配色 に「メニューバーの背景色/文字色/ホットトラッキング色」を追加。これにより、画面のすべての部分をダーク系に統一できます。

V13.88
・文字列検索(GREP) - 拡張設定 - 出力方法 - 「起動アプリケーション」にチェックボックスを追加。指定の有効/無効を切り替えられます。また、出力形式 - 「ファイル情報の書式」の書式文字列に $B (パス無しファイル名)を追加。
・オプション設定 - フォント・配色 - 「Windows 10 のダークモードを適用」が無効な場合、ソートダイアログでアクセラレータキーによってソート方法を変更すると「無効/非表示ウィンドウにはフォーカスを設定できません」というエラーメッセージが出るのを修正(V13.84)。

V13.87
・ファイルを開く/保存のコモンダイアログにもダークモードが適用されるようになりました(エンコーディング指定可能なテキスト保存ダイアログは除く)。
・名前の変更ダイアログでタブを切り替えたときのちらつきを改善。

V13.86
・オプション設定 - フォント・配色 で「ダークモード: パネルの背景色」を変更後、ファイル名検索ダイアログにすぐ反映されないのを修正。
・ダークモードで FindFileDirDlg、FindDirDlg、FindText、WebSearch、Paste_EX コマンドを実行した場合、非表示チェックボックスのキャプションが残ってしまうのを修正。
・ダークモードのオプション設定ダイアログで、検索ヒットマークの表示が乱れるのを修正。またスケーリングが100%より大きい場合に検索ヒットマークのサイズ/位置が合わないのを修正。

V13.85
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索において、Exif情報の条件有効/無効に対する背景色が反転していたのを修正(V13.84)。

V13.84
・すべてのダイアログについてダークモードを適用できるようにしました(画像指定以外のコモンダイアログは除く)。なおダークモードにした場合、起動後最初にオプション設定を開くときに時間がかかります(準備中ヒント表示あり)。
・オプション設定 - フォント・配色 に 「ダークモード: 無効な項目の背景色」、「ダークモード: 不正な入力項目の背景色」を追加。
・アクセラレータキーが正しく機能しない個所や重複を修正。

V13.83
・文字列検索(GREP)/文字列置換の操作部、XMLビュアー、カラーピッカー、正規表現チェッカーについてもダークモードを適用できるようにしました。
・オプション設定 - フォント・配色 に「ダークモード: パネルの背景色」を追加。ダークモードが適用されている操作パネル部分の背景色を変更できます。
・名前の変更ダイアログの「連番」タブで使用できる書式文字列に \Z(~) を追加。指定した初期文字列から始まるアルファベット順の文字列になります(末尾が Z なら A に戻って桁上がり)。

V13.82
・オプション設定 - フォント・配色 - 「Windows 10 のダークモードを一部に適用」の対象に、各種一覧やダイアログの下部操作パネルのうち未対応だったものを追加(登録ディレクトリ、キー割り当て一覧、ドライブ一覧、タグ設定/検索など)。

V13.81
・オプション設定 - フォント・配色 - 「Windows 10 のダークモードを一部に適用」の対象を追加。主な標準スクロールバー(シンプルスクロールバー適用可能箇所、イメージビュアー、XMLビュアー、正規表現チェッカー)、InputDir_ND および Filter コマンドの入力コンボボックス、各種一覧のフィルタ欄、一部のダイアログの下部操作パネル、ドライブ使用率推移のコンボボックスに適用されます。
・起動後、イメージビュアーを最初に開いたとき、ルーペがサイドバーにドッキングしていると、下部の倍率ボタンが表示されないのを修正(V13.43)。

V13.80
・オプション設定 - フォント・配色 に「Windows 10 のダークモードを一部に適用」を追加。Windows 10 (1809以降)のダークモードを一部の配色に適用します。今のところ対応しているのは、メニュー項目(メニューバー部分は除く)のみです。
・オプション設定 - マウス操作 - 「ファイル名部分で選択」をチェックしている場合、名前が長すぎて省略表示になっていると、拡張子以降の部分をクリックしても選択されてしまうのを修正。

V13.79
・変更したソート方法(~順などは除く)をタブ毎に保持するようにしました。起動直後やタブグループを切り替えた際には、すべてのタブが現在のソート方法に一旦リセットされます。状態はタブグループ・ファイルには保存されません。
・LoadTabGroup および LoadWorkList コマンドで、パラメータにディレクトリ名を指定できるようにしました。そこにある対象ファイルをポップアップメニューで選択できます。
・オプション設定 - デザイン - タブバー - 「タブ幅」の設定値ですべてのタブが納まらない場合、設定値/2までの範囲でタブ幅を自動調整するようにしました。それで対応しきれない場合はスクロールボタンが出ます。
・オプション設定 - テキストビュアー - 「スクロールバーを折り返し位置に表示」有効時に表示される右側余白部分をダブルクリックしたときも、テキストビュアーを閉じるようにしました。

V13.78
・オプション設定 - 一般2 - ログ に「処理先を表示」を追加。ファイルのコピー/移動などで、開始行だけでなく、個々のすべての処理項目にもデスティネーションを表示します。
・CreateDir コマンドの入力ボックスに、「フルパス名の文字数」と「名前の文字数」を表示するようにしました。
・テキストプレビューでも見出し行の強調表示を行うようにしました。

V13.77
・ファイラー、イメージビュアーの Mark コマンドのパラメータに SL を追加。選択項目に一括適用します。さらに IM またはメモ内容の指定も可能。選択項目がない場合は、カーソル位置の項目が対象(SL を指定しない場合と同じ)。
・ディレクトリの比較(DiffDir)の結果リストに対しても、SelOnlyCur コマンドが機能するようにしました。
・コマンドファイル一覧でプレビュー/ファイル情報を非表示にしている場合のカーソル移動を改善。

V13.76
・IncSearch_FM、Filter コマンドでファイルリストを絞り込んだ場合、[..] 項目を残すようにしました。
・「同名ファイルの処理」ダイアログ下部の背景色を「リストの背景色」に修正。

V13.75
・アーカイブファイルを選択した状態で ListTree コマンドを実行した場合、仮想ディレクトリとしてツリー表示できるようにしました。
・ディレクトリの比較(DiffDir)の結果リストで、栞マーク項目についてはマーク色表示を優先するようにしました。
・アーカイブ処理中にエラーが発生する場合があるのを修正。これは V13.69 で、ZIP内画像取得の際にスレッド内でアーカイバDLLが使われていたためです。これを元に戻し、.mobi は画像取得対象から外しました(.gdtf は表示可能)。
・別ウィンドウのテキストビュアーおよびアプリケーション一覧で、マウスホイールの処理が適切でなかったのを修正。

V13.74
・.pod(Plain Old Documentation) で、見出しの強調/一覧表示に対応。また SearchPair コマンドでは、=pod/=cut および =over/=back の対応を検索します(.pl、.pm 内でも可)。
・テキストビュアーで、明示的にコマンドが割り当てられていない標準的なキー操作についても、対応するコマンドを履歴に追加するようにしました。なお、別ウィンドウのテキストビュアーで、コマンド履歴がダブって追加されていたのを修正。
・テキストビュアーで Shift + Home キー(コマンド未設定、TextTopSel 相当)を押した場合、選択状態にならないのを修正。
・いくつかのダイアログで、フィルタ欄などのフォントが統一されていなかったのを修正。

V13.73
・ファイラー、テキストビュアー、イメージビュアーに CmdHistory コマンドを追加。起動後に実行されたコマンドの履歴を一覧ダイアログで表示します(最大項目数1000)。
・一覧ダイアログで、フィルタのマッチ語が正しく強調表示されない場合があったのを修正(V13.57)。

V13.72
・オプション設定 - テキストビュアー に「.dfm ファイルの文字列値をデコード」を追加。.dfm (Delphiフォームファイル)で用いられる "#文字コード" 形式の値表記を、実際の文字列に変換して表示します(テキストプレビューや一覧ダイアログにも適用)。
・一部のプログラムソースなどで SearchPair コマンドを実行した場合、制御文などの対応関係を行単位で検索できるようにしました(例: .cpp、.h の #if~/#endif、.pas の begin/end など)。開始/終了行パターンは、コマンドのパラメータでも指定可能(例: SearchPair_/^#BEGIN/;/^#END/)。また構文強調表示定義ファイルでは複数のパターンを指定できます(PairBeginPtn1~、PairEndPtn1~)。
・.dfm ファイルに対して FunctionList コマンドを実行した場合、「オブジェクト一覧」を表示するようにしました。親子関係が分かりやすいように、インデントを残したまま表示します。
・「テキストビュアーを開く直前」イベントを設定していて、タブ幅が異なるファイル間でダイレクトタグジャンプを行った場合、ジャンプ先でタブ幅が正しく設定されない場合があるのを修正。
・テキストエディタをその他のエディタにも重複登録していると、FileEdit コマンド実行時に「最近編集したファイル」の履歴が更新されないのを修正。

V13.71
・アイコンファイル名の指定で "ファイル名,インデックス番号" の形式に対応しました(例: %WINDIR%\system32\shell32.dll,27)。アイコンファイルを選択するダイアログで .exe や .dll ファイルを選んだ場合、さらにファイル内のアイコンを選択するダイアログが開きます。
・特殊フォルダ一覧の仮想フォルダに「Applications」を追加。また一覧にフォーカスがある場合、アクセラレータキーで各ブロックの先頭項目にカーソル移動できるようにしました(例: Alt+V で「仮想フォルダ」)。
・特殊フォルダ一覧で「環境変数を用いてパス名を表示」を有効にしている場合、場所の表示およびコピーしたパス名で、環境変数と後続ディレクトリ名との間の区切り文字が抜けていたのを修正。
・オプション設定 - フォント・配色 で「ダイアログ」のフォントを設定して [OK] ボタンで確定した場合、フォントがすぐに反映されていなかったのを修正(V13.07)。

V13.70
・名前の変更ダイアログ - 「設定」 - 「その他」 - 「ファイル名主部の文字置換」において、元文字を \x{16進数} という形式で入力することで、Unicode文字コードによる指定を可能にしました(例: \x{202e})。
・テキストビュアーの文字情報(CharInfo)にUnicodeのブロック名を表示するようにしました。

V13.69
・ファイラーの CursorDown/CursorUp コマンドのパラメータに SL を追加。次/前の選択項目にカーソル移動します。また CursorDown_SL/CursorUp_SL のエイリアスとして NextPrevSelItem/PrevSelItem コマンドを追加。
・オプション設定 - フォント・配色 に「ドラッグ時のシンプルスクロールノブ色」を追加。設定すると、シンプルスクロールバーでノブをつかんだときに色が変わります。
・オプション設定 - フォント・配色 に「シンプルスクロールバーの選択位置(FL)」を追加。設定すると、ファイラーで項目を選択している場合、選択位置を示す半透明の横線がシンプルスクロールバー上に表示されます。
・オプション設定 - 一般2 - 「イメージプレビュー」-「ZIP内の画像を表示」の対応拡張子に .mobi および .gdtf (General Device Type Format) を追加。
・特定ディレクトリをマウントした仮想ドライブ内で FindHardLink コマンドを実行した場合、結果リストが正しく表示されないのを修正。なお結果リストには、実際の場所にあるファイルが列挙されます。
・テキストプレビューのスクロールバーを右クリックしたときに、イメージプレビュー用のメニューが出てしまうのを修正。
・登録ディレクトリダイアログにおいて、ファイラーで IncSearch コマンドが割り当てられているキーを押したとき、それが項目の呼び出しキーでなかった場合、「無効/非表示ウィンドウにはフォーカスを設定できません」というメッセージが出るのを修正。

V13.68
・SelByList コマンドで用いるリストファイルに、正規表現のマッチパターンを記述できるようにしました(例: (/hoge_\d{4}\.txt/)。
・SetDirTime コマンドで、非表示になっている隠しファイル/システムファイル属性のファイルやサブディレクトリは処理対象から外すようにしました。
・ディレクトリのジャンクションやシンボリックリンクにも、SetFolderIcon コマンドでアイコンを設定できるようにしました。この場合、矢印マークがオーバーレイ表示されます。
・タブグループを切り替えた際や NyanFi 終了時に、タブグループの状態を自動的に保存するようにしました。
・オプション設定 - 一般 - コピー動作 に「タグをコピー」を追加。
・NyanFi 上で項目を削除した場合、設定されていたタグデータを自動的に削除するようしました。
・タグが設定されているディレクトリの移動で、タグが反映されないのを修正。

V13.67
・タブグループの読込/保存を行って終了した場合、次回起動時には前回のタブグループであるとみなし、SaveTabGroup コマンドではそのファイル名で上書き保存するようにしました。なおタブの設定ダイアログのタイトルバーに、現在のタブグループ・ファイル名が表示されます。
・オプション設定 - イベント に「キーボード/マウスのロックが解除された」を追加。LockKeyMouse コマンドによるロックが解除されたときに実行されます。
・マルチディスプレイ環境で LockKeyMouse コマンドを実行した場合、ヒント表示をメイン画面中央に表示するようにしました。
・テキストビュアーの NextFile/PrevFile コマンドで前後のファイルに移る際に、「テキストビュアーを開く直前」イベント内で SetWidth、SetTab コマンドを使用していると、不要な処理によって余計な時間がかかっていたのを修正。
・7-zip64.dll 文字化け対策版の7z.dll対応版を使用していて、オプション設定 - 一般2 - その他 - 「7-zip64.dll(7z.dll対応版)の対応拡張子」に登録されていないファイルを仮想ディレクトリとして開いた場合、中のファイルを一時解凍して処理できなかったのを修正。

V13.66
・AlphaBlend コマンドで、パラメータの不透明度に +/- を付けることで相対指定を可能にしました。なお、不透明度の最低値を64(25%)に制限。
・文字列検索(GREP)で、検索終了後に「次行表示」チェックボックスを変更した場合にも、結果リストの表示が切り替わるようにしました。なお結果リストでのマウスオーバー時には、設定にかかわらず、次行を含む行内容(ファイル名部分は除く)をヒント表示します。
・文字列検索(GREP)の結果リストの右クリックメニューに「次行表示部分の明度を加減」を追加。また「行頭のタブや空白を非表示」を、次行表示部分にも適用するようにしました。
・文字列検索(GREP)の結果リストで、次行表示の2行目以降の改行マークが表示されなくなっていたのを修正。

V13.65
・FindFileDlg コマンドのパラメータにリストファイル名を指定することにより、それに記述されている任意の複数ディレクトリ内を一括検索できるようにしました。
・ワークリストで SelReverse、SelReverseAll コマンドを実行した場合、セパレータは選択しないようにしました。

V13.64
・ファイラーに LockKeyMouse コマンドを追加。キーボード/マウスをロックします。また オプション設定 - デザイン - 「モーダル表示効果」を有効にしていると、デスクトップ全体が半透明のスクリーンで覆われます。ロック解除は、パラメータで指定した任意の英数文字列(無指定の場合はESCキー)で行います。
・MonitorOff コマンドのパラメータに KM を追加。ディスプレイの電源を切る前にキーボード/マウスをロックします。解除については LockKeyMouse コマンドと同様です。

V13.63
・7-zip32.dll 文字化け対策版の7z.dll対応版を使用していて、CsrDirToOpp コマンドをファイルに対し実行した場合、オプション設定 - 一般2 - その他 - 「7-zip32.dll(7z.dll対応版)の対応拡張子」に登録されていないものについても、アーカイブとして認識可能なら開けるようにしました。
・OpenCtrlPanel コマンドのパラメータに GM を追加。OpenByExp_"shell:::{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}" のエイリアスとなり、コントロールパネルを GodMode で開きます。
・NameFromClip コマンドのパラメータに RC を追加。名前の変更ダイアログの「ファイル名主部の文字置換」で設定されている置換内容を適用します。なお オプション設定 - キー設定 で、NameFromClip コマンドのパラメータを設定できなかったのを修正。

V13.62
・ドライブ一覧で、ネットワークドライブの場合、「ボリューム」列にUNCパスを表示するようにしました(「ディレクトリの文字色」を使用)。このとき列幅に余裕があれば、その前にボリューム名も表示します。なお仮想ドライブについても、余裕があればボリューム名を併記、さらにディレクトリ名をパス付きで表示します。

V13.61
・タスクバーにピン留めしたアイコンで最小化/復帰を行ったときなどに、ファンクションキーバーの内容が正しく表示されないの場合があるのを修正。

V13.60
・7-zip32.dll 文字化け対策版の7z.dll対応版を使用している場合、.exe ファイルに対して OpenStandard コマンドを実行すると、格納されているリソース部分がアーカイブとして開かれるようになっていたのを修正(v13.59)。オプション設定 - 一般2 - その他 -「7-zip32.dll(7z.dll対応版)の対応拡張子」に .exe を追加すればアーカイブとして開けますが、その場合、ファイル実行は別のコマンドで行う必要があります。なお UnPack コマンドではリソースの抽出が可能です。

戻る