2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーなどもなかなか、FTP接続や簡易マクロも実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る

スクリーンショット


ダウンロード V9.14  nyanfi914.zip 2017-01-17 4.4 MB (ソースコード付)
MD5: 48ffa29ddb040e53aedde8071341d11e
※本体から更新の確認、アップデートが可能です。

旧バージョン
nyanfi913.zip/ nyanfi912.zip/ nyanfi911.zip/ nyanfi910.zip/ nyanfi909.zip
nyanfi908.zip/ nyanfi907.zip/ nyanfi906.zip/ nyanfi905.zip/ nyanfi904.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

V9.14
・複数ファイルを選択してFTPアップロード/ダウンロードを行う場合、進捗状況に「処理数/選択数」を表示するようにしました。
・XMLビュアーで横スクロールしたときに、ノードをつなぐラインが正しく描画されないのを修正。
・ファイラーや一覧ダイアログなどで、パラメータ指定で ZoomIn、ZoomOut コマンドを実行した場合、増/減分が指定値+1で動作していたのを修正。
・クリップボード履歴ソフトなどを利用している場合、NyanFi でクリップボードへのコピーを行った際にエラーが出る可能性があったのを修正。

V9.13
・Microsoft Office の .docx、.pptx、.xlsx ファイルをZIPアーカイブとみなし、仮想ディレクトリとして扱えるようにしました。
・オプション設定や ShowProperty コマンドによるファイル情報の非表示が正しく機能しなくなっていたのを修正(V9.03)。
・ディレクトリ・スタックでのキー操作ができなくなっていたのを修正(V8.61)。

V9.12
・XMLビュアーで表示モードがXMLの場合、子要素に継承された冗長な名前空間(xmlns="~")を表示しないようにしました。
・XMLビュアーで、属性名も「予約語の文字色」で描くようにしました。
・XMLビュアーでファイルの読み込みに失敗した場合、エラー内容を表示するようにしました。

V9.11
・XMLビュアーの右クリックメニューに「表示モード」を追加。ツリービューの表示を「ノード名」、「ノード名 [属性]」、「XML」の何れかに設定できます。また、項目の強調表示を行うようにしました。
・XMLビュアーの右クリックメニューに「XMLソースをコピー」を追加。選択中ノードのXMLソース(子ノード部分を含む)をクリップボードにコピーします。
・振り分けダイアログでリストファイルによる指定を可能にしました。ファイルはマスク/パターンと振り分け先をタブで区切って記述し、ファイル名に @ を付けてマスク/パターン欄に入力してください。

V9.10
・ファイラーに XmlViewer コマンドを追加。カーソル位置のXMLファイルをXMLビュアーで表示します。
・テキストビュアーのシンボル強調表示処理を高速化。
・テキストビュアーで、テキスト先頭でもシンプルスクロールバーのノブ位置が少し下がるのを修正。
・テキストビュアーの ClipCopy コマンドで行内の語をコピーした場合、コピー情報ヒント表示の文字数が 2 (改行分)多くなるのを修正。

V9.09
・FTP接続ダイアログのオプションの「通知音」に「転送完了」を追加。
・一覧ダイアログでURLを強調表示するようにしました。
・テキストプレビューの右クリックメニューに「URLを開く」を追加。
・テキストビュアーでキーリピートによってページ移動などを行っている場合、描画が間に合わずにたまってしまったキー入力は捨てるようにしました。
・スケーリングを変更すると、オプション設定ダイアログでページコントロール下端がずれる現象に対処(動作未確認)。なお現状では、スケーリングを完全に反映するには、サインアウトや再起動が必要になる場合があります。

V9.08
・シンプルスクロールバーの設定を、配色指定可能なすべての一覧やダイアログにも適用するようにしました。
・オプション設定 - デザイン -「スクロールバー」を「シンプル(画像)」から別の「シンプル~」に切り替えた場合、NyanFiを再起動しないと設定が正しく反映されなかったのを修正。
・ファイルリスト、関数一覧/ユーザ定義文字列一覧/マーク行一覧、一覧ダイアログで、ズームイン/アウト時の背景ちらつきを改善。
・コマンドファイル一覧で、プレビュー表示のフォントがテキストビュアーのものになっていたのを修正。

V9.07
・ドライブ一覧で、アプリケーションキーまたは Shft+F10 キーによってコンテキストメニューが開けなかったのを修正。

V9.06
・ドライブ一覧の右クリックで、選択中ドライブのコンテキストメニューを表示するようにしました。今までの右クリックメニューにあった「ネットワークドライブの割り当て/切断」、「トレイを開く」(CD-ROMドライブの場合)もあわせて表示されます。なお、「取り外し」ボタンだと、OS機能によるISOドライブのマウントは解除されますが仮想ドライブが削除されませんので、コンテキストメニューの「取り出し」を用いてください。
・ChangeDir コマンドで、パラメータに既存のパス付ファイル名が指定された場合は、そのディレクトリのファイル位置に移動するようにしました。
・「タブバーの空きスペースをダブルクリック」イベントが動作しなくなっていたのを修正(V8.94)。

V9.05
・オプション設定 - デザイン に「スクロールバー」の選択肢に「シンプル(画像)」を追加。スクロールバーの幅は、指定画像の幅 + 2px(余裕) か標準幅のうち小さい方になり、ノブの表示領域に画像がストレッチ表示されます(PNGアルファチャネル対応)。
・オプション設定 - フォント・配色 に、「ツールバーの文字色」、「ツールバーのホットトラッキング色」を追加。
・オプション設定 - テキストビュアー -「タブを表示」の設定を、テキストプレビューや一覧ダイアログでのテキスト表示にも適用するようにしました。
・イメージビュアーで、PopupMainMenu コマンドによってメインメニューをポップアップ表示したとき、表示 -「サムネイルの位置」、「サイドバーの位置」のチェックが正しく表示されないのを修正。

V9.04
・オプション設定 - フォント・配色 および「テキストビュアーの配色」ダイアログに、「ルーラの背景色」、「ルーラの目盛色」を追加。
・オプション設定 - イベント に「ファイルリストのシンプルスクロールバーを右クリック」を追加。
・SelEmptyDir コマンドのパラメータに NF を追加。ディレクトリ内にサブディレクトリがあってもファイルが含まれていなければ(サイズ=0)、空とみなして選択します。
・アーカイブを仮想ディレクトリ表示している場合、[..] のタイムスタンプが 99-12-30 00:00 になっていた(V8.74)のを修正し、アーカイブのタイムスタンプを表示するようにしました。
・FindDirDlg、FindFileDlg、FindFileDirDlg、FindMark コマンドによる結果リストで、[..] のタイムスタンプが 99-12-30 00:00 になっていた(V8.74)のを修正し、検索開始時刻を表示するようにしました。
・WebSearch コマンドの入力ボックスに「→で補完」オプションが表示されていたのを修正。

V9.03
・オプション設定 - デザイン に「スクロールバー」を追加。コンボボックスで「シンプル」、「シンプル(3/4幅)」、「シンプル(1/2幅)」のいずれかを選ぶと、ファイルリスト、テキストプレビュー、ファイル情報、ログウィンドウ、テキストビュアー、文字列検索(GREP)結果リストのスクロールバーが独自のものに変わります。このシンプルスクロールバーは、スクロールノブだけからなり、オプション設定で色を指定できます。

V9.02
・スタイル機能版のリンク先が更新されていなかったのを修正。

V9.01
・非アクティブ時に分割境界線をグレースケール化するのを止めました。
・ディレクトリ関係の表示がちらつくのを修正。

V9.00
・ファイラーのタスク表示のちらつくきを修正(V8.99)。

V8.99
・ファイラーのタスク表示の描画方法を変更。
・オプション設定 - フォント・配色 に「ヒント表示の文字色」を追加。

V8.98
・オプション設定 - 一般 - 監視/更新 の「ドライブの変化を監視する」が有効な場合、ファイラーのツールバーで ChangeDrive コマンドが割り当てられているボタンの表示/非表示を、そのドライブの有無にしたがって自動的に切り替えるようにしました。
・ツールバーの設定ダイアログに「挿入」ボタンを追加。一覧で項目が選択されている場合、その直前に項目を挿入できます。
・オプション設定 - デザイン の「サイズ表示」を 「GB/MB/KB/バイト」または「GB/MB/KB」にして、小数桁を 0 以外にした場合、整数部分が4桁になると拡張子との間に余裕がなくなるのを修正。
・ファイラーで WebSearch コマンドを実行する場合、パラメータによる検索語指定が機能していなかったのを修正。

V8.97
・ファイラー、テキストビュアー、イメージビュアーに PopupMainMenu コマンドを追加。メインメニューの内容をポップアップメニューに変換して表示します。
・オプション設定 - デザイン に「サイズ表示」を追加。サイズ表示の書式を、GB/MB/バイト(従来と同じ)、GB/MB/KB/バイト、GB/MB/KB(1024バイト未満もKB表示)のいずれかに設定できます。
・オプション設定 - デザイン の「バイト表示」がオフ(ShowByteSize_OFF)の場合、ファイル情報のサイズ表示にバイト単位表示を併記するようにしました。
・オプション設定 - フォント・配色 の「フォント」で、デフォルト文字セット以外のフォント(名前だけで特定できないもの)にも対応しました。

V8.96
・分割境界線に画像が指定されていない場合(色指定)も、非アクティブ時にはグレースケール化するようにしました。
・ファイラーのタブが1番目以外の状態でオプション設定を行って戻ると、そのタブのディレクトリ内容で1番目のタブに切り替わってしまうのを修正。

V8.95
・オプション設定で、ディレクトリ情報、ドライブ情報、ラインカーソルの配色を変更してもすぐに反映されなくなっていたのを修正。

V8.94
・スケーリングが100%より大きい場合でも、イメージプレビューやイメージビュアーでの抽出アイコン表示では、元イメージ確認のためスケーリングしないようにしました。
・オプション設定 - デザイン に「情報パネルをフラット表示」を追加。ディレクトリ情報、ディレクトリ関係、ドライブ情報をフラット表示にします。なお、タブバーが表示されていて、スタイルが「タブ」/「タブ(斜)」で、「タブの輪郭線」色が指定されている場合、ディレクトリ情報との間に「タブの輪郭線」色で境界線が描画されます(アクティブなタブの底辺部分は除く)。
・オプション設定 - フォント・配色 に「リストヘッダの背景色」、「リストヘッダの文字色」を追加。ファイルリストのヘッダの配色を変更できます。
・ReloadList コマンドのパラメータに CO を追加。カレント側のみ最新の情報に更新します。なお、オプション設定 - キー設定 でパラメータ OFF を設定できなかったのを修正。
・SetExeOpt 補助コマンドのパラメータに L を追加。コンソール出力をログウィンドウに行単位で逐次出力します。
・コマンドラインの実行ダイアログで「ログに表示」をチェックしている場合、終了後に一括出力ではなく、行単位で逐次出力するようにしました。
・反対側が結果リストの状態で ReloadList コマンドを実行すると、反対側が更新されずに、カレントが以前の条件で検索されて結果リストになってしまうのを修正。
・ファイルリストを上下分割していてディレクトリ情報の背景色を変更した場合、左端▼ボタンの背景色がそろわないのを修正。
・スケーリングが100%より大きい場合、コマンドラインの実行ダイアログのボタンが隠れてしまうのを修正。

V8.93
・スケーリングが100%より大きい場合、FTP接続ダイアログのレイアウトが乱れるのを修正。

V8.92
・高DPI環境でスケーリングが100%より大きい場合、画面レイアウトが乱れるのを修正。また、アイコンなどのスケーリングを行いました。

V8.91
・コピー高速実行時に転送速度が約64MB/S以上になったら、待ち時間を 0 にしてさらに高速化するようにしました。
・ファイラーのタブを切り替えたときに、ワークリストの選択状態も待避/復元するようにしました。
・FTP接続ダイアログのオプションに「リモート側」を追加。接続するときにどちらをリモート側にするかを設定。また、「通知音」を追加。
・FTP接続ダイアログのオプションに「アップロードファイルのタイムスタンプを維持」を追加。ただし、サーバが対応していないと機能しません。接続後、最初のアップロードでタイムスタンプ設定に失敗した場合、それ以降は切断時まで設定を試みません。
・テキストビュアーのバイト列検索で、ISO-2022-JP はエスケープシーケンスの処理を行っていないため選択肢から外しました。
・FTPリモート側で ExeCommands コマンドの定義済み変数 CurPath が設定されていなかったのを修正。
・HTML文書の charset に "x-euc-jp" などが指定されていると、ファイル情報のタイトルが文字化けするのを修正。

V8.90
・FTP接続ダイアログのオプションに「テキストモードで転送する拡張子」を追加。なお、リモート側で TextViewer、ShowFileInfo コマンドなどを実行した場合は、改行コード等の確認のためバイナリモードで一時ダウンロードします。

V8.89
・CalcDirSize、CalcDirSizeAll コマンドのパラメータに FC を追加。ファイルリストでタイムスタンプの代わりに、ファイル数とサブディレクトリ数を表示します(表示幅が10文字以下の場合はファイル数のみ)。また CalcDirSize、CalcDirSizeAll コマンドのパラメータを組み合わせて複数指定できるようにしました(例: CalcDirSize_FC;dirsize.txt)。
・CalcDirSize、CalcDirSizeAll コマンドで、ログ/クリップボード/ファイルに出力する結果内容にサブディレクトリ数を追加。

V8.88
・タスクマネージャで、転送速度が約64MB以上になると頭打ちになって正しい値が表示されなかったのを修正。なお、コピー高速実行時の待ち時間を 2ms から 1ms に変更してさらに高速化。
・「NyanFi 終了時」イベントでは、ディレクトリが変更されても履歴に入れないようにしました。
・ディレクトリを削除すると、その下位ではなく上位ディレクトリが履歴から削除されていたのを修正。なお、存在しなくなったディレクトリを履歴から削除した結果、同一ディレクトリが連続したら冗長な履歴を削除するようにしました。
・ユーザ定義文字列一覧が機能しない場合があったのを修正。
・ファイル名検索で、マスクの拡張子部分がまれに前方一致で誤ヒットする場合がある現象に対処。

V8.87
・左端以外のタブで SoloTab コマンドを実行すると、すべてのタブが削除されてエラーが出るようになっていたのを修正(V8.61)。
・タブを切り替えるたびに、切り替えたタブのディレクトリが履歴に入ってしまうのを修正。

V8.86
・タブの設定ダイアログ(TabDlg)の「ホーム」にワークリストを設定できるようにしました。
・オプション設定 - イメージビュアー に「全画面表示でマウスカーソルを隠す」を追加。

V8.85
・アーカイブの作成ダイアログに「ディレクトリ毎に個別作成」オプションを追加。ディレクトリのみを選択している場合にチェックすると、ディレクトリ毎にアーカイブを個別作成します。その際「対象ディレクトリも含める」をチェックしていればそのディレクトリごと、そうでなければディレクトリ内の対象を圧縮。
・TabHome コマンドのパラメータに CO を追加。カレントのタブのみをホームにします。
・オプション設定 - 一般 - ワークリスト で「項目をソートしない」がチェックされているか、セパレータが含まれている場合、ワークリストでの ItemTmpDown、ItemTmpUp コマンドは一時的な移動ではなく、変更を保存するようにしました。
・オプション設定 - 関連付け で、拡張子に \ を指定することでディレクトリへの関連付けを行えるようにしました。
・.nyanfi ファイルの設定ダイアログで、ソート順も設定できるようにしました。これにともないダイアログのレイアウトを変更。
・オプション設定 - 追加メニュー/外部ツール の一覧を、キャプション、エイリアス、設定に項目分けして表示するようにしました(列幅可変)。

V8.84
・オプション設定 - 追加メニュー/外部ツール で、サブメニューの親項目にエイリアスを設定できるようにしました。キーやツールボタン、イベントなどによる呼び出し時にそのサブメニューがポップアップ表示されます。
・オプション設定 - 外部ツール で -、< に誤ってエイリアスが設定されないようにしました。
・ExeCommands コマンドの定義済み変数に CurFiles を追加。カレントのパス付きファイル名リストを保持。改行区切り、ディレクトリは末尾が \、.. は除外。
・ExeCommands コマンドの補助コマンドに、PushVar、PopVar を追加。変数の内容を退避/復元します。
・ExeCommands コマンドの補助コマンド PushIndex/PopIndex、PushTopIndex/PopTopIndex で複数退避した場合の動作が FIFO になっていたのを修正。

V8.83
・If 文の条件 Selected が機能しなくなっていたのを修正(V8.78)。

V8.82
・オプション設定 - テキストビュアー - HTML→テキスト変換 に「Markdown記法に変換」を追加。
・ファイラーに ConvertHtm2Txt コマンドを追加。選択中(無ければカーソル位置)のHTML文書をテキストに変換して反対パスに出力します。
・テキストビュアーを開いた際に予期せぬエラーで読み込みに失敗すると、ファイラー画面に戻れなくなる場合があるのを修正。

V8.81
・LoadWorkList コマンドで、パラメータによるファイル名指定ができなくなっていたのを修正(V8.78)。
・空のワークリストを開いた場合、ダミーの空行にタイムスタンプ(99-12-30 00:00)が表示されてしまうのを修正。

V8.80
・NyanFi から外部へドラッグ&ドロップを行った場合は、ファイルリストの選択状態を解除しないようにしました(内部のファイルリスト間では解除)。
・オプション設定 - デザイン - ファイルリスト の「スクロールバーを隠す」をチェックしていない場合、スクロールバーが出ていなくてもスクロールバー幅分の余白を付けて項目の表示位置が変化しないようにしました。
・オプション設定 - テキストビュアー に「タブを表示」、「改行を表示」を追加。またこれらに対応するコマンドとして、テキストビュアー(ファイラーからも可)に ShorTAB、ShowCR を追加。
・ワークリストで Paste コマンドを実行した場合、挿入された最後の項目にカーソルを移すようにしました。
・ワークリストを上書き保存した際に内部のタイムスタンプを更新していなかったのを修正。
・選択項目に対して ItemTmpDown、ItemTmpUp コマンドを実行した場合、リストの表示がすぐに更新されないのを修正。
・ChangeOppDir、CurrToOpp、CsrDirToOpp コマンドなどで反対側のディレクトリを変更した場合、.nyanfi 設定が適用されなかったのを修正。ただし、タブ変更時と同様に混乱を避けるため、適用されるのは、ソート方法、パスマスク、個別配色のみ。

戻る