2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーなどもなかなか、FTP接続や簡易マクロも実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


ダウンロード V10.82  nyanfi1082.zip 2018-01-21 4.6 MB (ソースコード付)
MD5: 80170ccb8033062224f4e74ef77f29b3
※本体から更新の確認、アップデートが可能です。

旧バージョン
nyanfi1081.zip/ nyanfi1080.zip/ nyanfi1079.zip/ nyanfi1078.zip/ nyanfi1077.zip
nyanfi1076.zip/ nyanfi1075.zip/ nyanfi1074.zip/ nyanfi1073.zip/ nyanfi1072.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_3.zip 2018-01-18

V10.82
・Debug_ON 補助コマンドでデバッグモードにした場合、専用の「デバッグウィンドウ」を開くようにしました。今までテキストプレビューとファイル情報に表示していたデバッグ内容はこのウィンドウに表示され、操作もここで行います。なおファイラーだけでなく、テキストビュアー、イメージビュアーでも Debug 補助コマンドを利用できるようにしました。
・ファイラー、テキストビュアー、イメージビュアーに DebugCmdFile コマンドを追加。コマンドファイルをデバッグモードで実行します(Debug_ON での実行に相当)。

V10.81
・テキストビュアーで .au3 (AutoIt) の強調表示に対応。
・テキストプレビューや一覧ダイアログで、複数行に渡るブロックコメントも強調表示するようにしました(厳密ではないため対応できない場合もあり)。
・ユーザ定義文字列一覧の「見出し」チェックボックスを[見出し登録]ボタンに変更。ボタンを押した場合のみ、現在の入力文字列(正規表現)を、ファイルの拡張子に対する見出しパターンとして登録するようにしました。
・ListText、ListTail コマンドのパラメータで見出しパターンを指定しない場合、ユーザ定義文字列一覧で設定された拡張子に対する見出しパターンがあれば、それを用いて強調表示するようにしました。
・ListFileName、PlayList_LS コマンドで一覧ダイアログを表示した場合、フィルタの強調表示が機能しないのを修正。

V10.80
・Restart コマンドのパラメータに DM を追加。現在管理者として実行している場合、通常ユーザに降格して再起動します。
・ファイラーの ListText、ListTail コマンド、および ListBuffer 補助コマンドのパラメータに見出しパターン(正規表現)を指定できるようにしました。マッチする行は「見出しの文字色」で表示されます(例: ListText_/^[●◆■]/)。

V10.79
・タブバー非表示で起動した場合、ディレクトリ履歴が機能しなくなっていたのを修正(V10.77)。

V10.78
・Backup_設定名 による直接バックアップの際も、MsgOff 補助コマンドで確認メッセージを抑止できるようにしました。
・オプション設定 - キー設定 で、Restart コマンドのパラメータにINIファイル名を入力できないのを修正。

V10.77
・Restart コマンドのパラメータでINIファイルを指定できるようにしました。また、複数のパラメータを ; で区切って指定できるようにしました。
・起動時にタブのワークリスト設定が正しく適用されていなかったのを修正。またタブバーの表示/非表示にかかわらず、タブのワークリスト設定が、「そのまま」、「ホーム」でホームワークリスト無指定、あるいは「指定」でファイル名無指定のいずれかの場合、空の新規ワークリストになってしまうのを修正。

V10.76
・ドラッグ&ドロップによってワークリストに項目を登録すると、その時のカレントに項目の実体がコピーされてしまうのを修正。

V10.75
・起動時オプションに -I を追加。使用するINIファイルを指定できます。
・起動時オプション -Q または -q を他のオプションとともに指定すると機能しないのを修正。
・ファンクションキーバーの設定(?)によって、起動時にエラーが出る現象に対処。

V10.74
・テキストビュアーにファイルをドロップすると、それを開いて表示するようにしました。メイン画面のテキストビュアーにドロップした場合は、ファイルリストのカーソル位置も更新されます。
・テキストビュアーで選択中の文字列を外部へドラッグ&ドロップできるようにしました。
・テキストビュアーの右クリックメニューに「追加コピー」を追加。
・CABアーカイブ作成で圧縮形式(MSZIP、LZX15~21)を指定できるようにしました。なお形式が明示的に指定されるため、対象が7~8バイトの圧縮でエラーになる現象が回避されます。
・7-zip32.dll 文字化け対策版(x@rgs 氏作 V17.01以降)の7z.dll対応版を利用している場合、7-Zip 17.01 beta の仕様変更にあわせて、リストファイルは -i スイッチで指定するようにしました。
・オプション設定 - 一般2 - その他 に「7-zip32.dll(7z.dll対応版)の対応拡張子」を追加。7-zip32.dll 文字化け対策版の7z.dll対応版を利用している場合、対応したいアーカイブの拡張子を追加指定できます。

V10.73
・テキストビュアーに SwitchSameName コマンドを追加。カレントディレクトリ内で、表示中ファイルとファイル名主部が同じ次のテキストファイルに切り替えます。
・別ウィンドウのテキストビュアーでも、AppList、OptionDlg、SetColor、TagJump、TagView、TagJumpDirect、TagViewDirect コマンドを実行できるようにしました。
・テキストビュアーの TagJumpDirect/TagViewDirect コマンドの動作が逆になっていたのを修正(TagJump_DJ/TagView_DJ はOK)。
・テキストビュアーで SwitchSrcHdr コマンドを実行した直後、情報ヘッダの内容がすぐに切り替わらないのを修正。

V10.72
・別ウィンドウのテキストビュアーに移ったときに、ファンクションキーバーの表示内容が切り替わらないのを修正。
・別ウィンドウのテキストビュアーで、禁止していたつもりの BitmapView、CharInfo、CsvRecord、Inspector、ImgPreview コマンドが実行できていたのを修正。

V10.71
・ファイラーの Copy、Move コマンドのパラメータ OP の仕様を変更、また OP2 を追加。OP を指定すると、コピー/移動終了後、反対側のコピー/移動先に移ったときのカーソル位置が最初にコピー/移動したファイルに設定されます。コピー/移動終了時、すでに反対側に移っていた場合は、カーソル移動が行われません。OP2 を指定すると、バックグラウンド・タスク実行中にコピー/移動先ディレクトリの変化が検出されると、そのリストのカーソル位置が、その時点でコピー/移動が終わっているファイルに逐次設定され、タスク終了時には最後にコピー/移動したファイルに設定されます。V5.19 で対応したカーソル位置の逐次設定を利用している方は、お手数ですが OP2 に変更してください。

V10.70
・イメージビュアーの「GIFビュアー」を「サブビュアー」に改称。GIF以外の画像も表示するようにしました。これにともない SubViewer コマンドを追加。互換性のため GifViewer コマンドも残しています。なお右クリックメニューに「表示をロック」を追加(SubViewer_LK でも切り替え可能)。
・テキストビュアーに ImgPreview コマンドを追加。カーソル位置に表示可能な画像ファイル名がある場合、イメージプレビューを表示します(イメージビュアーのサブビュアーを利用)。
・テキストビュアーの TagJump、TagView コマンドで、HTML→テキスト変換表示のMarkdown記法によるリンクにも対応しました。
・SwapName コマンドのパラメータに LR を追加。左右で一つずつ選択している項目の名前を入れ替えます。左右とも通常のファイルリストの場合のみ対応。また左右が親子関係にあって、一方のパスが改名される場合には非対応。なお SwapName コマンドによる改名についても、UndoRename コマンドで名前を元に戻せるようにしました。

V10.69
・JumpTo コマンドのパラメータで、パス名以外のファイル名部分にワイルドカードを使用できるようにしました(例: JumpTo_*.ini)。カーソル位置から下方向に検索して見つかった位置に移動、見つからなかったら先頭から再検索。
・32ビット・アプリケーションが2GB超えのアドレス処理に対応している場合、ファイル情報項目の「マシン」に "(Large Address Aware)" と表示するようにしました。
・テキストビュアーで .hs (Haskell) の強調表示に対応。

V10.68
・ツールボタン上にマウスがある状態で ToolBarDlg コマンドを実行すると、そのボタン項目が選択された状態でダイアログが開くようにしました。ツールバーの右クリックイベントに ToolBarDlg を指定している場合などに便利かも。
・ツールバーの設定ダイアログで、キャプションの後に ; で区切ってツールヒントを指定できるようにしました。なお単独の通常コマンドの場合、;* を指定するとそのコマンドの説明が用いられます。
・ツールバーの設定ダイアログのコマンド欄で F1 キーを押した場合、入力されているコマンドについてのヘルプを表示するようにしました。
・テキストビュアーで .v (Verilog)、.vhd (VHDL) の強調表示に対応。

V10.67
・オプション設定 - デザイン - 時計パネルの書式文字列に $CD を追加。日付のカウントダウンを表示します(例: $CD(2018/08/02;還暦) → "還暦まで213日")。
・LoadBuffer 補助コマンドのパラメータにファイルマスクを指定できるようにしました。パラメータに * や ? が含まれている場合、それをファイルマスクとして開くダイアログを表示します(例: LoadBuffer_D:\Hoge\*.txt)。

V10.66
・開発環境を C++Builder 10.2.2 の修正版(サードパーティ製コンポーネントに対する非互換性問題)にアップデート。
・ファイル情報などで、マーク項目のメモ内容に設定日時が付加されて表示されるのを修正。

V10.65
・開発環境を C++Builder 10.2.2 にアップデート。
・テキストビュアーで .go (Go言語)、ps1、psm1 (PowerShell) の強調表示に対応。

V10.64
・テキストビュアーで .kt (Kotlin) の強調表示に対応。
・ディレクトリ移動を中断した場合、すでにファイルが移動されて空になったサブディレクトリは削除するようにしました。
・ディレクトリ移動中にファイル移動が失敗した場合、それを含むサブディレクトリの削除をスキップするようにしました(移動元ファイルが残っているディレクトリを削除しようとしてさらにエラーになっていた)。

V10.63
・名前の変更ダイアログで、警告「設定に問題があります」が「自動プレビュー」チェックボックスと重なっていたのを修正。警告はステータスバーに表示するようにしました。

V10.62
・「ダイアログ」フォントの種類やサイズによってキャプションが欠けるのを防ぐために、オプション設定ダイアログの横幅を広げました(920px)。また他のダイアログについてもレイアウトを調整。例えば Tahoma の場合、10 ポイントまで大丈夫だと思います。

V10.61
・ファイルリストの最後のファイルをテキストビュアーで開いて SelectFile_NX コマンドを実行した場合、オプション設定 - 一般 - 操作 「上下端でループ移動」がチェックされていなければ、先頭ファイルにループしないようにしました。

V10.60
・文字列置換の確認ダイアログで、マッチ語が見えないとき前部分を省略して表示するようにしました。またマウスオーバー時に、その行の全体をヒント表示するようにしました。
・文字列置換の確認ダイアログで、複数マッチする場合、対象位置より後にある語も強調表示されてしまうのを修正。

V10.59
・ファイルリストの各ソート方法に対応するソート順の設定を左右で共用していたため、動作が不自然になる場合があったのを修正。ソート順は左右個別に管理するようにしました。ソートダイアログの「左右とも変更」を無効にして SortDlg コマンドを実行した場合、あるいはヘッダで現在のソート項目をクリックして反転した場合、カレント側のソート順だけが変更されます。
・ファンクションキーバーのボタン幅がばらつく場合があったのを修正。なおボタン幅は、表示内容によって文字幅ベースで決まってしまい、ピクセル単位で微調整ができないため、現状ではバーの右端に若干の空きが生じる場合があります。

V10.58
・Pack コマンドで7zアーカイブを作成する場合、ソリッドモードが off になっていたのを修正(既存アーカイブに対する追加・削除の場合のみ off)。
・7zアーカイブ作成時の 7-zip32.dll "Can't allocate required memory" エラーに対処(LARGEADDRESSAWARE オプションを用いてビルド、効果未確認)。

V10.57
・通常のファイルやURLリンク以外の項目をファイルリストへドラッグ&ドロップしようとした場合、ドロップ禁止カーソルを表示するようにしました。なお、エクスプローラからのアーカイブ内ファイルのドロップには対応していません(WinRAR や 7-Zip File Manager からは可能)。

V10.56
・ファイラーの ToTab コマンドのパラメータに、タブに設定されているキャプションも指定できるようにしました。

V10.55
・テキストビュアーにおけるプログラムソースのコメント強調表示で、.py の """ ~ """ および .rb の =begin ~ =end が機能しなくなっていたのを修正(v9.18)。

V10.54
・マーク一覧において、ヘッダの「ファイル名」のクリックで名前/拡張子順を切り替えていたのをやめ、項目を「名前」と「種類」(拡張子)に分けました。
・マーク一覧のヘッダ項目に「設定日時」を追加。マークした日時、またはメモ内容を変更した日時を表示します。なお、以前のマーク項目については情報が保存されていないためタイムスタンプが用いらます。
・マーク一覧において、現在選択されているソート方法のヘッダ項目を再度クリックすることで、昇順/降順を切り替えられるようにしました。
・マーク一覧を更新日時順でソートした場合、ディレクトリ部分が名前順になっていたのを修正。

V10.53
・バックグラウンド・タスクでごみ箱を使って削除を行っている最中に ESC キーを押すと異常終了するのを修正。

V10.52
・動作環境から Windows XP を外しました。XP ではエラーが出て起動しません。

V10.51
・ExeCommands コマンドのパラメータに複数コマンドを指定してファンクションキーに割り当てている場合、ファンクションキーバーのボタンを押して実行できないのを修正。

V10.50
・モーダルダイアログからさらに参照ダイアログなどを開いて戻った場合、メイン画面にフォーカスが移ってしまうようになっていたのを修正(V10.40)。なお .nyanfi ファイルの設定ダイアログは、スポイトを使う場合があるため、モーダル表示効果が働かないようにしました。

V10.49
・ALTキーを押した状態でファンクションキーバーのボタンを右クリックするとポップアップメニューがすぐ消えてしまい、またメニュー項目は一つしかないので、メニューを出さずに表示名変更の入力ボックスを直接表示するようにしました。

V10.48
・オプション設定 - 一般 - 操作 に「ALTキーでメニューにフォーカスしない」を追加。チェックすると、ALTキー単打でメニューにフォーカスが移らなくなります(Alt+英字によるメニューアクセスは可能)。なおメニューバーが非表示の場合、ALTキー単打後のキー操作が1回無効にならないようにしました。

V10.47
・Copy、Move コマンドのパラメータに SD(フォルダの参照ダイアログでコピー/移動先を選択)、SS(カレントのサブディレクトリや親ディレクトリをコピー/移動先として選択)を追加。
・Alt+F~キーの場合もファンクションキーバーに表示されるようにしました。
・修飾キーを押している状態で他のアプリケーションに移ってからフォーカスが戻った場合、ファンクションキーバーの表示が更新されないのを修正。
・モーダルダイアログからヘルプを開いて閉じたとき、フォーカスがメイン画面に移ってしまうのを修正(モーダル表示効果を有効にしているとスクリーンの下にダイアログが潜ってしまう場合があった)。

V10.46
・ファンクションキーバーのボタン表示名を変更できるようにしました。ボタンの右クリックメニューで「表示名の変更」を選ぶか、オプション設定 - キー設定の一覧で項目をダブルクリックすると、表示名変更のための入力ボックスが表示されます。

V10.45
・テキストビュアーに HelpCurWord コマンドを追加。カーソル位置の単語を、パラメータで指定したヘルプファイルで検索します。
・APP0(JFIF)に続けてAPP1(Exif)が存在する Jpeg 画像でファイル情報を取得すると、エラーが出たりその後のファイル操作ができなくなったりする場合があるのを修正。なお、このようなファイルについても Exif 情報を取得できるようにしました。

V10.44
・ヘルプを開いている状態でモーダルダイアログを開こうとした場合、ヘルプを閉じるようにしました。
・ShowFKeyBar コマンドを追加。ファンクションキーバーを表示します。ボタンには、キーに割り当てられているコマンド名(パラメータ部分を除く)が表示されます。なお、修飾キーが Alt のみの組み合わせは表示されません。またツールバーとは異なり、割り当てられているコマンドの有効/無効やチェック状態はボタンに反映されません。
・ディレクトリの移動中にスキップしたファイルがあった場合、それが含まれていた移動元ディレクトリの削除もスキップしてエラーにならないようにしました。

V10.43
・別ウィンドウのテキストビュアーも Enter キーで閉じられるようにしました。
・テキストビュアーの Close コマンドのパラメータに AL を追加。別ウィンドウで開いているすべてのテキストビュアーを閉じます。
・文字列検索(GREP)の結果リストから、TextViewer_XW コマンドが割り当てられているキーで、別ウィンドウのテキストビュアーを開けるようにしました。
・内部と別ウィンドウの両方でテキストビュアーを開いている場合、あるいは文字列検索(GREP)の結果リストから別ウィンドウのテキストビュアーを開いている場合、TAB キーで両者の間を行き来できるようにしました。
・アプリケーション一覧で、ヘルプや別ウィンドウのテキストビュアーに対するウィンドウ操作が正しく機能しないのを修正。また、一覧にアプリケーション一覧自身が表示されるようになっていたのを修正(V10.40)。

V10.42
・オプション設定 - 一般 - コピー動作 の「キャッシュ・リソースをバイパスし、バッファーなしI/Oを使用」をチェックしていて、RAMディスクとの間でサイズの小さなファイルをコピーすると、エラーになる場合があるようなので、10MB以下のファイルに対してはこのオプションを適用しないようにしました。
・INIファイルのキー名で "Wheel" のスペルが "Whell" や "Wheell" になっていた箇所を修正。INIファイル読み込み時に置換し、修正されたキー名で保存します。

V10.41
・TextViewer コマンドのパラメータで、表示対象に XW を追加指定できるようにしました(例: TextViewer_"D:\Data\hoge.txt";XW)。
・ViewLog、ViewIniFile コマンドのパラメータに XW を追加。別ウィンドウのテキストビュアーで開きます。
・ファイラーに ToExViewer コマンドを追加。別ウィンドウのテキストビュアーにフォーカスを移します(複数ある場合はポップアップメニューで選択)。
・別ウィンドウのテキストビュアーでの PrevFile/NextFile コマンドは、複数開いている場合のウィンドウ切り替えとして機能するようにしました。
・キー設定などで "ViewIniFile" を参照すると、"ViewIiniFile" になってしまっていたのを修正。

V10.40
・TextViewer コマンドのパラメータに XW を追加。テキストビュアーを別ウィンドウで開きます。モーダルウィンドウではないので、表示したままメイン画面での操作が可能です。ただしビュアーで使えるコマンドや機能には制限があります。

戻る