2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーもなかなか、FTP接続や簡易マクロ、タグ管理、Git連携機能なども実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


32ビット版 V13.43  nyanfi1343.zip 2019-03-21 5.6 MB (ソースコード付)
MD5: d5f93639d522a65762e6f6de53152987

64ビット版 V13.43  nyanfi64_1343.zip 2019-03-21 6.2 MB (ソースコード付)
MD5: 7377394046bedf4fd39b0ce8b9a4736d

GitHub
NyanFi_x86 / NyanFi_x64

旧バージョン
nyanfi1342.zip/ nyanfi1341.zip/ nyanfi1340.zip/ nyanfi1339.zip/ nyanfi1338.zip
nyanfi1337.zip/ nyanfi1336.zip/ nyanfi1335.zip/ nyanfi1334.zip/ nyanfi1333.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V13.43
・オプション設定 - フォント・配色 - 配色 に「ツールウインドウの境界線」を追加。色を指定すると、ツールウインドウ(デバッグウィンドウ、文字情報、CSV/TSVレコード、インスペクタ、ビットマップビュー、Gifビュアー、浮動化されたルーペ/ヒストグラム)に1px相当の境界線を表示します。Windows 10 でツールウインドウの境界が分かりにくい場合に利用してみてください。
・ランチャーの右クリックメニューに「フォルダアイコンでソート」を追加。

V13.42
・フォルダアイコン検索ダイアログ(FindFolderIcon)において、ファイラーで割り当てられているのと同じキーで頭文字サーチを行えるようにしました。また項目を一つも選択していない状態で OK ボタンや ENTER キーを押した場合、カーソル位置のアイコンを検索するようにしました。
・特殊フォルダ一覧の仮想フォルダに「GodMode」を追加。
・登録ディレクトリダイアログに[特殊..]ボタンを追加。特殊フォルダ一覧を参照できます。
・Windows 10 で透明な境界部分を持つテーマを用いている場合、各種一覧などの右クリックメニューで「サイズと位置をファイルリストに合わせる」を用いたときに隙間が空かないようにしました。
・オプション設定 - 起動時 - ウィンドウサイズ - 指定サイズ の「左」/「上」入力欄に負の値も設定できるようにしました。

V13.41
・Gitビュアー - 差分概略のフォント・配色を、ブランチ一覧/コミット履歴に合わせました。プロポーショナルフォントやイレギュラーな Ricty Diminished ~ でもレイアウトは崩れません。なお右クリックメニューの「拡張子別配色を適用」は廃止し、ディレクトリ部分は「ディレクトリの文字色」で、ファイル名部分は拡張子別配色で表示するようにしました。
・Gitビュアー - 差分概略の右クリックメニューに「このファイルのパスをコピー」を追加。
・パスマスク・ダイアログに設定パネルの開閉ボタンを追加。また下部に設定パネルを持つダイアログで、Alt+O キーでもパネルの開閉を行えるようにしました。
・固定長表示のテキストビュアーで WordLeft/WordRight コマンドを実行した場合、左右の列項目に移動するようにしました。

V13.40
・一覧ダイアログで「名前=値」形式のリスト(INIファイルなどは除く)を表示している場合の右クリックメニューに「カーソル行の値をコピー」を追加。
・OpenADS コマンドで代替データストリームを開いたときに、余計な無名の項目が表示されるようになっていたのを修正(V13.37)。

V13.39
・ファイラーに FindFolderIcon コマンドを追加。SetFolderIcon コマンドで設定したアイコンのディレクトリを検索します。
・Gitビュアーで、初回コミットの差分概略/詳細が正しく表示されていなかったのを修正。

V13.38
・Gitビュアー - 差分概略の右クリックメニューに「このファイルの内容を表示」を追加(TextViewer コマンドのキーでも可)。テキストファイルの内容を一覧ダイアログで表示します。
・Gitビュアー - 差分概略で、インデックスのファイルに対して右クリックメニューの「テキストエディタで開く」を行った場合、作業ツリーのファイルを開いていたのを修正。
・リポジトリ一覧でフィルタを使えるようにしました。これにともない RepositoryList コマンドのパラメータに FF を追加。
・ContextMenu や DriveGraph コマンドに単独の英字キーが割り当てられていると、そのキーでドライブを選択できないのを修正。単独英字キーの場合はドライブの選択を優先するようにしました。

V13.37
・リポジトリ一覧の右クリックメニューに「Gitビュアーを開く」を追加(GitViewer、TextViewer コマンドのキーでも可)。カーソル位置のリポジトリに移動後、Gitビュアーを開きます。
・代替データストリームに対して、CompareDlg や ToOppSameItem コマンドが正しく機能しなかったのを修正。なお代替データストリームに対しても、CompareHash、ToOppSameHash コマンドを使えるようにしました。

V13.36
・ファイル情報 Git-Status/Commit の内容をキャッシュして再利用することで操作性を改善。キャッシュは、.git/index のタイムスタンプ変化やファイルリスト更新で再取得になります。キャッシュ情報はINIファイルに保存され、次回起動時にも引き継がれます。
・ファイラーに RepositoryList コマンドを追加。利用したことのあるGitリポジトリの一覧を表示します。表示は、ファイル情報 Git-Status/Commit のキャッシュ内容に基づいているため、これらが非表示になっていると利用できません。
・最近編集/閲覧した/使ったファイル一覧、栞マーク一覧、ダイレクトタグジャンプで、数字キーによる確定が正しく機能しなくなっていたのを修正(V12.35)。

V13.35
・Gitビュアー - コミット履歴の「一時アーカイブとして開く」で、アーカイブ作成に時間がかかると自動的に開けない場合があるのを修正。なお作成中はヒント表示を出すようにしました。
・各ダイアログのリストボックスで、アプリケーションキー/Shift + F10 キー以外に、ファイラーで ContextMenu メニューが割り当てられているキーによっても、右クリックメニューを表示できるようにしました。

V13.34
・Gitビュアー - コミット履歴のバーに[待避]ボタンを追加。現在の作業内容をメッセージ付きで待避します(stash)。待避した内容はコミット履歴の先頭に表示され、右クリックメニューから復帰や削除を行えます(pop/apply/drop)。
・別ウィンドウのテキストビュアーを開いたときにエラーが出る場合がある不具合を再修正。

V13.33
・Gitビュアー - コミット履歴の右クリックメニューに「このコミットをチェリーピック」を追加。
・Gitビュアー - コミット履歴で、一つのコミットに複数のブランチの先端が重なっている場合、ブランチ名が一つしか表示されないのを修正。
・起動後、別ウィンドウのテキストビュアーを最初に開いたときに、エラーが出る場合があったのを修正。

V13.32
・メニュー定義ファイルで、タイトルの後にタブで区切って "{" を指定すると、それ以降の "}" で始まる行までの間にある行内容をコマンドと見なすようにしました(読み込み時に : 区切りの一行に連結)。アイコンは "}" の後にタブで区切って指定可能(ExeMenuFile コマンドの例を参照)。
・ExeCommands コマンドの補助コマンドに WaitForKey を追加。何かキーが押されるまで待ちます。パラメータに変数名を指定すると、押されたキーの名前を取得可能。
・ファイル情報の Git-Status で、2桁以上の数字に含まれる "0" が "_" になってしまうのを修正。

V13.31
・Gitビュアーで、ワーキングツリーの差分概略に「追跡されていないファイル」の名前も表示するようにしました。
・Gitビュアーの作業ツリー/インデックスに対する差分概略で、ツールボタンや右クリックメニューによってインデックスへの追加や取り消しを行えるようにしました。また、ツールボタンによるコミットも可能。
・Gitビュアーで、コミット履歴の「コミット情報を表示」および差分概略の「このファイルの差分詳細を表示」を Enter キーでも行えるようにしました。

V13.30
・ファイラーに GitDiff コマンドを追加。カーソル位置ファイルの(インデックス/HEADからの)差分を一覧ダイアログで表示します。パラメータに XT を指定すると外部diffツールを起動可能。
・Gitビュアー - コミット履歴でのカーソル移動で、コミットのない行はスキップするようにしました。
・Gitビュアー - 差分概略の右クリックメニューに「このファイルの差分詳細を表示」を追加。カーソル位置ファイルの親コミットからの差分詳細を一覧ダイアログで表示します。また「このファイルのハッシュをコピー」を追加。
・オプション設定 - フォント・配色 - 配色 に「Git: + 行」、「Git: - 行」を追加。
・ExeCommands コマンドの定義済み変数に NamePart (カーソル位置のパス無しファイル名)を追加。
・diffツールを起動した場合、終了を待たないようにしました。

V13.29
・Gitビュアー - コミット履歴の右クリックメニューに「このコミットまでの履歴を表示」を追加。なお表示制限数を超えるコミットがある場合、一覧の最終行に「これ以前に n 個のコミットがあります」と表示するようにしました。
・Gitビュアー - 差分概略の右クリックメニューに「このファイルのコミット履歴を表示」を追加。カーソル位置のファイルのみについてのコミット履歴を表示します。[更新]ボタンまたは F5 キーを押すと絞り込みが解除されます。
・GitViewer コマンドのパラメータに CP を追加。カーソル位置の項目のみについてのコミット履歴を表示します。
・Gitビュアーで初回コミットの差分概略が表示されなかったのを修正。

V13.28
・FileEdit コマンド実行時に、テキスト/イメージ/その他のエディタで重複してマッチしたものは選択肢から外すようにしました。

V13.27
・振り分け時のログに出力される個々のCOPY/MOVE項目に、振り分け先ディレクトリも表示するようにしました。振り分け先が相対指定で、オプション設定 - 一般2 - ログ - 「処理対象をフルパスで表示」がチェックされていない場合は、基準パスに対する相対表記で、そうでない場合はフルパスで表示されます。またログの開始行に「振分」を付けるようにしました。なお開始行に表示されるのは、あくまで振り分けの基準となるディレクトリです。実際の振り分け先は、個々のCOPY/MOVE項目で確認してください。
・振り分けダイアログで「振り分け先を自動作成」をチェックしていて、ディレクトリを同ドライブの存在しない振り分け先に移動しようとした場合、ディレクトリが作成されずにエラーとなってしまうのを修正。

V13.26
・ファイル情報(ダイアログを含む)の右クリックメニューに「この項目の値をコピー」を追加。またダイアログでも、「この項目内容を強調表示」を利用できるようにしました。
・Gitビュアー - ブランチ一覧に、リモートブランチやタグも表示できるようにしまた(右クリックメニューで表示/非表示を切り替え可能)。
・Gitビュアー - コミット履歴で、任意のコミットにタグを付けられるようにしました。専用ダイアログが表示され、注釈付きのタグも設定可能です。なお複数タグが付けられている場合の表示に対応。
・Gitビュアー - コミット履歴の右クリックメニューに「コミット情報を表示」を追加。
・Gitビュアー - 差分概略の内容をキャッシュするとこにより、コミット一覧のカーソル移動を改善。なおデフォルトのコミット履歴表示数を100に変更。

V13.25
・Gitビュアーに[GUI]ボタンを追加。デフォルトでは git-gui.exe を起動します。バーの右クリックメニューから変更可能。
・Gitビュアーでコミット履歴の検索を行ったとき、ヒット項目の背景を強調し、シンプルスクロールバーにヒット位置を表示するようにしました。
・Gitビュアー - コミット履歴の右クリックメニューに「一時アーカイブとして開く」を追加。カーソル位置のコミットを一時アーカイブとして出力し、ファイラーに戻って反対側リストで開きます。
・Gitビュアー - 差分概略の右クリックメニューに「テキストエディタで開く」を追加(FileEdit コマンドのキーでも可)。リポジトリ内のファイルは NyanFi の一時ディレクトリに出力して開きます。

V13.24
・Gitビュアー - コミット履歴に検索バーを追加。また[更新]および[Console]ボタンを配置。後者は標準的な場所にある git-bash.exe を起動します。見つからない場合、または別のものを指定したい場合は、バーの右クリックメニューから選択可能。
・Gitビュアー - コミット履歴 の右クリックメニューに「Author の名前を表示」を追加。
・最近編集/閲覧したファイル一覧、栞マーク一覧、一覧ダイアログのフィルタやオプション部分をツールバー形式にしました。動作は変わりませんが、ラジオボタン/チェックボックスは、グループ/トグル動作のツールボタンに変更。入力欄の幅は、隣のボタンとの境界をドラッグすることで変更可能、なおパネルの開閉は廃止。
・DotNyanDlg コマンドのパラメータに RS を追加。カレント側に適用可能な .naynfi ファイル がある場合、それを再度適用します。

V13.23
・Gitビュアー - コミット履歴 の先頭2行に、作業ツリーとインデックスの状態を表示するようにしました。差分の確認も可能。なおビュアーを開いたとき、コミット履歴のHEAD位置にフォーカスするようにしました。
・差分概略の右クリックメニューに「git gui blame」を追加。親コミットに対する blame を Git Gui で表示します。
・オプション設定 - フォント・配色 - 配色 に「Git: コミットマーク」(グラフの●)を追加。
・Hint 補助コマンドで、メッセージの先頭に ! を付けるとヒントが自動的に隠れないようにしました。表示されているヒントを消すには、メッセージなしで Hint を実行します。

V13.22
・Git作業ディレクトリのファイル情報で「COMMIT_EDITMSG」は現在の状態を反映していない場合があるため「HEAD」とともに廃止し、代わりに「Git-Commit」として直前のコミットの内容を表示するようにしました。これにあわせて「STATUS」を「Git-Status」に改称。
・Gitビュアー - 差分概略 の +/-文字グラフを棒グラフで描画するようにしました。
・差分概略で、改名されている場合にもdiffツールを起動できるようにしました(パスが省略表示になっている場合は不可)。
・Gitビュアー に対して「選択項目の文字色」が適用されていなかったのを修正。

V13.21
・Gitビュアー - 差分概略の文字色が、テキストプレビューではなくリストの文字色になっていたのを修正。またテキストプレビューにプロポーショナルフォントを使用している場合にも罫線位置がずれないようにしました。なおテキストプレビューの配色がファイルリストと異なっていてファイル名が見にくい場合は、右クリックメニューに追加した「拡張子別配色を適用」のチェックを外してください。メイン画面の配色は、明/暗どちらかの傾向に統一することをお勧めします。

V13.20
・Gitビュアー - コミット履歴 の右クリックメニューに「ZIPアーカイブを作成」を追加(Pack コマンドのキーでも可能)。
・特殊フォルダ一覧のタイトルが「登録ディレクトリ」になってしまっていたのを修正(V13.06)。
・フォルダアイコンのみの表示にしている場合に、拡張子別一覧、最近編集/閲覧した/使ったファイル一覧でファイルのアイコンが表示されてしまうのを修正(V13.17)。

V13.19
・開発環境を C++Builder 10.3.1 にアップデート。
・ファイラーに GitViewer コマンドを追加。Gitビュアーが表示され、ブランチ一覧、コミット履歴、差分の概略を確認できます。右クリックメニューから、チェックアウト、ブランチの作成/削除/改名、マージ、タグ付け、diffツールの起動などを行えます。
・ExeCommands コマンドの定義済み変数に MenuStr (PopupMenu で選択された項目文字列、アクセラレータ部分や前後の空白は削除)を追加。
・名前の変更ダイアログ - 「設定」 - 「その他」- 「ファイル名主部の文字置換」で半角空白を設定すると、次回起動時に設定が失われてしまうのを修正(v13.04)。なお文字置換の一覧で、半角/全角空白を判別しやすいように記号で代替表示するようにしました。

V13.18
・結果リストやワークリストでも SetFolderIcon コマンドを使えるようにしました。
・ディレクトリに割り当てているアイコンファイルを単純改名/移動/削除した場合、既存の設定内容にそれが反映されるようにしました。
・ソートダイアログのディレクトリソート方法に「アイコン(ファイル:名前/拡張子)」を追加。SetFolderIcon コマンドによって設定されたフォルダアイコンのファイル名に基づいてソートを行います。これにともない SortDlg コマンドのパラメータに XI と XNI(XN/XI切替)を追加。

V13.17
・ファイラーに SetFolderIcon コマンドを追加。選択中(無ければカーソル位置)のディレクトリに対して、表示用のフォルダアイコンを設定します。デフォルトアイコンの変更も可能。設定内容は、実行ディレクトリの FolderIcon.INI に保存されます。
・ShowIcon コマンドのパラメータに FD を追加。アイコンの全表示/フォルダアイコンのみ表示を切り替えます(非表示だった場合は一旦全表示)。

V13.16
・可能な環境の場合、タブのキャプションに指定した絵文字や、FixTabPath コマンドで固定したときのピンマークをカラー表示するようにしました。

V13.15
・オプション設定 - 通知・確認 - 「確認メッセージ」に「ワークリスト更新時の再読み込み」オプションを追加。ワークリスト・ファイルを外部で更新した場合、NyanFi がアクティブになったときや、ワークリストを開いたときに、再読み込みを促す確認メッセージが出ます(従来の動作)。チェックを外すと、未保存の変更がない場合は確認なしで再読み込みを行います。
・オプション設定 - テキストビュアー に「"\" を "∖"(U+2216)で表示」オプションを追加。この設定は、構文強調表示定義ファイルに追加した AltBackSlash キーによっても個別に変更できます。

V13.14
・オプション設定で、アクティブなタブの文字を太字で表示するようにしました。またオプション設定 - フォント・配色 - 配色 に「アクティブな設定タブの背景色/文字色」を追加(デフォルト=選択強調色)。この配色は、オプション設定の上部タブとキー設定の下部タブ、キー割り当て一覧(KeyList)の下部タブ、コマンド名のコピー(CopyCmdName)の切り替えボタン、およびサブディレクトリ一覧(SubDirList)の切り替えボタンに適用されます。

V13.13
・ShellExecute や Git 補助コマンドの終了を待つ間、メッセージ処理することで応答なし状態にならないようにしました。

V13.12
・Git 補助コマンドの結果(1行目が "$ git ~")を一覧ダイアログで表示している場合、履歴の行頭部にある *、|、/、\、_ をグラフィック表示するようにしました。* は「見出しの文字色」で●印を、線は「罫線の色」で描画します。

V13.11
・ファイル情報の Remote URL 表示、および OpenGitUrl コマンドが機能しなくなっていたのを修正(V13.10)。

V13.10
・ファイラーに SelGitChanged コマンドを追加。リポジトリ内において、カレントで変更されているファイル(状態フラグが "?" 以外)を選択します。
・If 文の条件に Git (ファイラーでカレントがGitリポジトリ)を追加。
・Git 補助コマンド実行中のヒント表示は煩わしい場合があるので、砂時計表示に変えました。

戻る