2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーもなかなか、FTP接続や簡易マクロ、タグ管理機能なども実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


ダウンロード V12.12  nyanfi1212.zip 2018-09-22 5.1 MB (ソースコード付)
MD5: fe4447a354e963a686b6f34d27313bdb
※本体から更新の確認、アップデートが可能です。

旧バージョン
nyanfi1211.zip/ nyanfi1210.zip/ nyanfi1209.zip/ nyanfi1208.zip/ nyanfi1207.zip
nyanfi1206.zip/ nyanfi1205.zip/ nyanfi1204.zip/ nyanfi1203.zip/ nyanfi1202.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V12.12
・特殊フォルダ一覧の右クリックメニューに「環境変数を用いてパス名を表示」を追加。この場合、マウスオーバーで実際のパス名がヒント表示されます。また「パス名をコピー」では表示内容がコピーされます。
・名前の変更ダイアログ - 「設定」 - 「その他」 - 「ファイル名主部の文字置換」で最初の9項目に対する禁止文字入力欄を変更禁止とせずに、異なる禁止文字を入力したら[変更]ボタンが無効になるようにしました。また最初の9項目の禁止文字に対しては[追加]ボタンが無効になります。
・名前の変更ダイアログの横幅を広げたとき、「設定」 - 「その他」 - 「ファイル名主部の文字置換」の一覧や入力欄の幅が広がるようにしました。

V12.11
・文字列検索(GREP)/置換で「サブディレクトリ」をチェックしていなくても、カレントにあるディレクトリ内のファイルが対象になっていたのを修正。また「深さ」がサブディレクトリを起点としていたのをカレントからに変更(カレントが0、サブディレクトリが1)。なおカレントでディレクトリを選択している場合、「サブディレクトリ」をチェックしてなくても、そのディレクトリ内のファイル(深さ1)は対象となります。

V12.10
・登録ディレクトリダイアログで、一つの呼び出しキーに複数ディレクトリを登録している場合、そのキーを押したときにカーソルが順に移動しなくなっていたのを修正(12.08)。

V12.09
・スポイト使用時に色見本が正しく表示されなくなっていたのを修正(V12.08)。

V12.08
・ファイラーに SpecialDirList コマンドを追加。特殊フォルダ一覧を表示します。
・.pdf ファイルのファイル情報にPDFバージョンを表示するようにしました。
・色見本ファイル(名前が Swatchbook で始まり、1行目が [Swatchbook] のINIファイル、アーカイブ内は除く)の内容をイメージプレビューに表示するようにしました。
・UNCパスのチェック時に異常終了するようになっていたのを修正(V12.07)。

V12.07
・オプション設定 - 一般 -「操作」に「アクティブ時にコンボボックスの状態を復元」オプションを追加。チェックすると、編集可能なコンボボックスにフォーカスがある状態で他のアプリケーションに移って再びアクティブになった際に、直前のキャレット位置や選択状態を復元します。
・アーカイブの sample_ini ディレクトリに、デフォルトとは異なる色見本のサンプルファイル(Swatchbook.INI)を同梱しました。
・テキストプレビュー、ファイル情報、ログなどでシンプルスクロールバーのノブをドラッグした場合、オプション設定 - 一般 -「操作」-「カーソルを常に可視領域に」の設定が効かないのを修正。

V12.06
・CompareDlg コマンドによる同名ファル比較処理を ESC キーで中断できるようにしました。ただし中断は比較対象の変わり目で受け付けられます。一つのファイルについてのハッシュ取得処理は中断できません。

V12.05
・OpenByApp コマンド実行時のポップアップメニューで、有効な項目がグレーアウトされていまう場合があるのを修正(V11.99)。

V12.04
・ファイル名にサロゲートペアや環境依存文字(ローマ数字、囲み文字、単位記号、合成文字など)が含まれている場合、ファイル情報に警告を表示するようにしました。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索に、「その他」- 「好ましくないファイル名」を追加。長すぎるパス名や、先頭/末尾の空白、連続空白、サロゲートペア文字、環境依存文字、RLO文字を含む名前を検索します。
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」-「空白表示」をチェックしている場合、フォントに依存しないように、空白記号を線で描くようにしました。

V12.03
・Unicode制御文字のRLOを用いて偽装されたファイル名を表示する場合、ファイルリストではRLO文字位置に "|" を、ファイル情報やログ、ステータスバーなどでは "<RLO>" と表示し、それ以降の文字並びが反転しないようにしました(例: HOGEEXE.TXT → HOGE|TXT.EXE、HOGE<RLO>TXT.EXE)。ファイルリストとファイル情報では「エラー/注意の文字色」で強調されます。またファイル情報では偽装表示名も併記。なおファイル名をコピーした場合は、元の文字列が取得されます。

V12.02
・.ani ファイルのファイル情報に、タイトル、著作権、フレーム数、ステップ数を表示するようにしました。
・オプション設定 - 一般2 - 「イメージプレビュー」に「マウスポインタを設定」を追加。.cur、.ani ファイルを表示しているプレビュー上でのマウスポインタが一時的に変更され、左ボタンを押すとホットスポットに赤い十字線が表示されます。

V12.01
・ファイル情報のセパレータの表示高を狭くしました。
・.cur ファイルのファイル情報に、画像数、サイズ、ホットスポット座標を表示するようにしました。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索で、.ico、.cur ファイルのアイコン数が正しく検索できなかったのを修正。

V12.00
・振り分けダイアログでリストファイルをプレビュー表示したとき、リストファイルのすべての行内容(空行を除く)が「マスク/パターン [TAB] 振り分け先」の形になっていなかったら、エラーメッセージを出し、プレビューで不正行をエラー色表示するようにしました。

V11.99
・オプション設定 - 関連付け で、一つの拡張子に対する複数の関連付けの中に不明なエイリアスがあると、OpenByApp コマンド実行時のポップアップメニューでその項目が非表示となり、選択した項目との対応がずれるのを修正。メニューには無効な項目として表示し注意を促すようにしました。

V11.98
・.psp、.pspimage (Paint Shop Pro)のファイル情報を表示するようにしました(基本情報のみ)。またサムネイルが取得できた場合、イメージプレビューに表示します。ファイル名検索ダイアログの拡張検索では、画像サイズおよびファイル情報を条件にできます。

V11.97
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」に「空白表示」を追加。ファイル名に含まれている半角空白文字を空白記号(⊔)で表示します。またこれにともない、オプション設定 - フォント・配色 に「空白記号の文字色」を追加。なおフォントによってはこの記号がない場合がありますので注意してください。
・オプション設定 - 通知・確認 - 「ツールチップを表示」オプションを追加。
・タグ関係のダイアログにもシンプルスクロールバーの設定を適用するようにしました。
・既存の Swatchbook.INI がないと、設定メニュー - 「色見本をファイルに保存」が失敗するのを修正。
・「色の設定」のカスタムカラーのINIファイル内容によって、起動時にエラーになる場合があるのを修正(V11.96)。

V11.96
・カラーピッカーに「連続取得」機能を追加。指定した回数と連結方法で、ピクセル色を連続的に取得できます(ビットマップのコピーでは不可)。
・オプション設定のスポイト用色見本は、ダイアログの下端ではなく各グループボックスの右下に16列8行で表示するようにしました。
・タグ関係のダイアログで、下部設定パネルでも配色の設定を行えるようにしました。スポイト使用中は、ダイアログの下端に色見本が、一覧項目に■が一時的に表示されます。
・テキストビュアーの配色ダイアログ、.nyanfi ファイルの設定ダイアログでも、スポイト使用中に色見本を表示するようにしました。
・スポイトを元のアイコン位置内で放した場合は、色を変更しないようにしました。
・設定メニューに「色見本をファイルに保存」を追加。出力したファイルを編集すると、スポイト用色見本の内容を変更できます(「NyanFi が用いるファイル」を参照)。

V11.95
・オプション設定 - フォント・配色 でスポイトを使用中、ダイアログの下端に色見本を表示するようにしました(最後の16色は「色の設定」ダイアログで作成した色)。

V11.94
・振り分けダイアログにおいて、一覧で選択されている項目にリストファイルが設定されていて、一覧またはリストファイルのプレビューにフォーカスがある場合、ファイラーで FileEdit コマンドが割り当てられているキーでもリストファイルを開けるようにしました。
・オプション設定 - フォント・配色 - 「拡張子別配色」、「タグ別配色」の色をスポイトで取得しやすいように、項目の左端に■を表示するようにしました。

V11.93
・振り分けダイアログの一覧の右クリックメニューに「リストファイルのプレビューを表示」、「リストファイルの編集」を追加。
・FindTag、TagSelect コマンドのパラメータに * を指定すると、すべてのタグにマッチするようにしました。またファイル名検索ダイアログの拡張検索でも、「タグ」に * を指定できます。
・ディレクトリ名を変更すると、その階層下にある項目のタグ情報が無効になってしまうのを修正。
・「タグ」列が表示されている結果リストで AddTag コマンドを実行した場合、追加したタグがリストの表示にすぐ反映されないのを修正。

V11.92
・結果リストで「タグ」列が表示されている場合、タグも IncSearch、Filter コマンドの検索対象とするようにしました。
・FindTag、AddTag、SetTag、TagSelect コマンドのパラメータに ; (セミコロン) だけを指定すると、ダイアログの代わりに入力ボックスでタグを指定できるようにしました。
・タグ関係ダイアログの「タグ名の変更」で、名前の大文字小文字のみを変更した場合、そのタグが削除されてしまうのを修正。

V11.91
・振り分けダイアログの右クリックメニューに「同一タイトルを同時に設定」を追加。一覧のチェックボックスの状態を変更した場合、それと同じタイトルの項目の状態も同時に変更されます。
・振り分けダイアログの一覧をチェックボタンですべてチェック/クリアした場合、その状態が保存されないのを修正。
・オプション設定 - フォント・配色 - 「タグ別配色」に「反転」オプションを追加。タグの文字色/背景色を反転して表示します。
・ファイル情報を取得していない項目についても、ファイル情報にタグは表示するようにしました。
・オプション設定 - 一般2 - 「ファイル情報」の「情報を取得する拡張子」が正しく機能しなくなっていたのを修正(V11.65)。
・HideSizeTime_ON 実行時に、結果リストのヘッダに「場所」列が表示されるのを修正。

V11.90
・ファイラー、イメージビュアーに TagSelect コマンドを追加。指定タグを含む項目を選択します。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索で、タグを検索できるようにしました。複数指定する場合、; 区切りでAND検索、| 区切りでOR検索(混在不可)。
・振り分けダイアログの右クリックメニュー「振り分け登録ファイルを作成」で、Distribute.INI 以外のファイル名を指定できるようにしました。
・振り分けダイアログの右クリックメニューに「振り分け登録ファイルの選択」を追加。複数の登録ファイルがある場合に切り替えられます。また DistributionDlg コマンドのパラメータに登録ファイル名を指定できるようにしました。
・JumpCommands、CallCommands 補助コマンドのパラメータに変数が使えなかったのを修正。
・オプション設定 - 一般 - 「操作」 で「コンボボックスの自動補完」を変更したとき、再起動しないとそれが反映されない場合があるのを修正。

V11.89
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」 - 「タグ検索では「タグ」列を表示」に「並びをソート」を追加。チェックすると、複数のタグの並びをソートして表示します。チェックしないと、設定されている順番で表示されます。この設定は、ファイル情報やイメージビュアーのサムネイルにタグを表示する際にも適用されます。
・タグ検索ダイアログの右クリックメニュー「コマンドファイルとして保存」で、「カレント側で検索」と「反対側で検索」のいずれかを選べるようにしました。
・ショートカット(.lnk)やシンボリックリンク、ジャンクションのファイル情報に、リンク先の属性、サイズ(ファイルの場合)、更新日時を表示するようにしました。

V11.88
・タグ関係のダイアログで、一覧の右クリックメニューからタグ色を直接設定できるようにしました。
・タグ関係のダイアログでタグの改名を行ったときに、配色を引き継ぐようにしました。

V11.87
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」に「タグ検索では「タグ」列を表示 」を追加。タグ検索の結果リストに「タグ(場所)」列を表示します(ソートはパス付きファイル名)。
・オプション設定 - フォント・配色 に「タグ別配色」を追加。ファイルリストおよびファイル情報での、タグ名の表示色を個別に設定できます。
・オプション設定 - イメージビュアー - 「サムネイル」に「タグ」を追加。サムネイルの下にタグを左揃えで表示します。
・オプション設定 - イベント に一覧の検索機能を追加しました。
・InputCommands、CopyCmdName コマンドの入力ボックスで F1 キーを押した場合、入力内容が不完全でもドロップダウンに選択項目があれば、そのヘルプを表示するようにしました。
・InputCommands コマンドの入力ボックスを、コマンドを実行せずに閉じた場合、コンボボックスのドロップダウン部分だけが残ってしまう場合があるのを修正。

V11.86
・タグ検索ダイアログの右クリックメニューに「コマンドファイルとして保存」を追加。現在の設定で検索を行う1行コマンドファイルを作成します。
・ExeCommands コマンドの最後(Exit は除く)で FindFileDlg、FindFileDirDlg、FindDirDlg、FindHardLink、FindMark、FindTag、MaskFind コマンドが実行されて結果リストが表示された場合、「検索結果リストが表示された直後」イベントのコマンドが実行されるようにしました。
・FindTag コマンドの結果リストで、存在しない項目が自動的に削除されずに空項目として表示されてしまうのを修正。また「検索結果リストが表示された直後」イベントが発生しなかったのを修正。
・各種検索の結果リストなどで、シンボリックリンク/ジャンクションが通常の項目として表示されていたのを修正。
・ItemTmpMove、WorkItemMove コマンドで、項目の挿入位置が一つ下にずれる場合があるのを修正。

V11.85
・名前の変更ダイアログに「FLAC」タブを追加。対象がすべて .flac ファイルの場合に表示されます。書式設定などは「MP3」タブのものと共通です。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索で、.flac ファイルの条件に「形式」(サンプルレート、ビット、チャンネル数)を追加。また .opus ファイルのコメント情報を検索できるようにしました。

V11.84
・FLACのファイル情報を自前で解析して表示するようにしました。また埋め込み画像が取得できたらプレビューに表示します。
・ファイラーに ExtractImage コマンドを追加。.mp3 または .flac ファイルから埋め込み画像を抽出して反対パスに出力します。ExtractMp3Img は ExtractImage で代替可能。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索で、.flac ファイルの長さおよびコメント情報を検索できるようにしました。

V11.83
・起動時および MarkList、FindMark コマンド実行時における栞マーク項目の存在チェックの際に、アクセスできないUNCパス下の項目をまとめて削除するようにしました。常に存在するとは限らないUNCパスの項目に栞マークを設定している場合は注意してください。なお通常パスについては、その時点でアクセス可能なドライブのみチェック/削除を行っています。

V11.82
・NyanFi がアクティブでない状態で ESC キーを押したときに、DiffDir や FileExtList コマンドの処理が中断してしまうのを修正。
・DiffDir コマンドの結果ログで、相違項目数に1多い値が表示されていたのを修正。

V11.81
・OpenStandard コマンドのパラメータにファイル名またはディレクトリ名を指定できるようにしました。カレントが通常のファイルリストではない場合、それを解除してから対象を開きます。なお検索中は実行できません。
・多数のファイルを含むアーカイブを仮想ディレクトリとして開く際の処理を高速化。
・DirHistory_FM で全体のディレクトリ履歴を表示した場合の「指定ディレクトリ以下を全体履歴に追加」の処理を高速化。

V11.80
・オプション設定 - 一般 - 「ディレクトリ履歴」の「全体履歴を別ファイルに保存」をチェックしている場合の、DirHistory.INI の読み込みを高速化。履歴項目数が多い場合の起動時間短縮が望めます。
・ワークリストの保存処理に失敗した場合、再試行の確認を出すようにしました。キャンセルするとファイル名の末尾に .$$$ を付加して一時保存されます。これによって、ワークリスト切り替え処理の中断による誤操作を防げます。

V11.79
・存在するエディタの起動に失敗した場合、システムエラーの内容を表示するようにしました(ファイラーではログにも出力)。
・栞マーク一覧で、アーカイブ内項目の更新日時表示を、アーカイブファイルではなくその項目のものにしました。
・栞マーク一覧や FindMark コマンドの結果リストで、存在しないファイル/ディレクトリが空項目として表示されてしまうのを修正。なお起動時および MarkList、FindMark コマンド実行時に存在チェックを行い、なくなっている項目は自動的に削除するようにしました(アーカイブ内項目については、MarkList 実行時にのみチェック)。
・アーカイブ内のディレクトリに栞マークを設定した場合、栞マーク一覧でそれがファイルとして表示されてしまうのを修正。

V11.78
・オプション設定 - 一般 - ワークリスト に「カーソル位置に登録」オプションを追加。ワークリストに項目を登録する際に、反対側のカーソル位置(点線表示)に項目が挿入されます。なお項目の追加を可能にするため、リストの末尾に空のダミー項目が追加表示されます。ワークリストのソートが有効な場合、この設定は無効です。
・ファイラーに ItemTmpMove コマンドを追加。選択中の項目を一時的にカーソル位置に移動します。
・ファイラーに WorkItemMove コマンドを追加。選択中のワークリスト項目をカーソル位置に移動します(ItemTmpMove で代替可能)。
・同名ファイルの比較ダイアログで「反対側も選択」がチェックされていない場合は、反対側の選択状態を解除しないようにしました。
・テキストビュアーの構文強調表示で、.nbt ファイルの予約語 Edit、Mid、Right、Trim、FormatFN が追加されていなかったのを修正。

V11.77
・タグ名検索ダイアログの一覧に、各タグのジャンプ先数を表示するようにしました。またタグ名一覧の下にジャンプ先のファイル名一覧を表示。ファイル名一覧にフォーカスがある場合、カーソル位置のファイルに直ちにダイレクトタグジャンプできます。

V11.76
・CreateDir_IN;~ コマンドで指定したデフォルトが表示されなくなっていたのを修正(V11.72)。
・選択マスクが適用されているファイルリストでワークリストを開こうとすると、その選択マスクが誤って適用され、(大抵の場合)リストが空の状態になって予期しない例外が発生するのを修正。

V11.75
・WebSearch コマンドで、検索語に "&" などの特殊文字が含まれていると正しく検索できないのを修正。
・項目数が1行目のものよりも少ない行が含まれているタブ区切りファイルをテキストビュアーで固定長表示している場合、欠損項目のある列でソートを行うとエラーが発生するのを修正。

V11.74
・ファイルのシンボリックリンクの場合、ファイル情報の「種類」はすべて ".symlink" とだけ表示し、リンク先についての情報は別途表示するようにしました。
・オプション設定 - フォント・配色 - 「拡張子別配色」に「ファイル名主部にシンボリックリンク色を適用」オプションを追加。ファイルのシンボリックリンクの場合、ファイル名主部をシンボリックリンクの文字色で表示します(拡張子部分は拡張子別配色)。なお「配色」の「ディレクトリ(シンボリック)の文字色」を「シンボリックリンク/ジャンクションの文字色」に改称。
・書庫系の Susie プラグインが正常に機能しなくなっていたのを修正(V11.73)。

V11.73
・オプション設定 - 一般 - 「ワークリスト」に「UNCパスをチェックしない 」を追加。ワークリストの読み込みや更新の際に、UNCパス項目の存在チェックを行いません。リスト表示では、サイズと更新日時が常に空欄となります。またファイル情報は強制的に取得しない限り表示されず、その内容は保持されません。

V11.72
・オプション設定 - 通知・確認 - 「確認メッセージ」に「状況に応じて表示位置を調整」オプションを追加。状況に応じて、カレント側ファイルリスト/メイン画面/ダイアログのいずれかの中央に確認メッセージが表示します。チェックを外すと従来通りモニタ画面中央に表示されます。
・テキストビュアーで ExeCommands コマンドを実行中に、定義済み変数 CodePage が変更された場合、表示中テキストのコードページよりも変更した値を優先するようにしました。
・Edit 補助コマンド画面の右クリックメニューに「カーソル行を削除」を追加(ただしアンドゥは不可)。
・CreateDir、NewTextFile コマンドの入力ボックスに履歴機能を追加。

V11.71
ExeCommands コマンドの補助コマンドに Edit を追加。複数行入力可能なテキストボックスによって、変数の内容を編集します。

戻る