2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーもなかなか、FTP接続や簡易マクロ、タグ管理、Git連携機能なども実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。Windows 10 ダークモードにもなんちゃって対応。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


32ビット版 V15.08  nyanfi1508.zip 2021-11-24 6.4 MB (ソースコード付)
MD5: 72650a63503ca9c658800d6c63c17da4

64ビット版 V15.08  nyanfi64_1508.zip 2021-11-24 7.0 MB (ソースコード付)
MD5: 73a9ad9c012efa9fbde0b2fc9bbecec3

GitHub NyanFi_x86 / NyanFi_x64

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25

過去バージョンの保管庫もあります。


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V15.08
・開発環境を C++Builder 11 にアップデート。
・アプリケーション一覧の右クリックメニューに「除外テキストを設定」を追加。ここで設定したテキストがウィンドウタイトルに含まれているアプリケーションは一覧から除外されます。
・ファイラーのタブをマウスで切り替えると、カーソルキーなどの特殊キー以外を受け付けなくなる場合があったのを修正。

V15.07
・名前の変更ダイアログに「カーソル保持」オプションを追加。チェックすると、単独改名を行った後で、カーソルを元の位置から移動しません。
・名前の変更ダイアログのMP3タブで、ID3タグ情報による改名が正しく動作しない場合があったのを修正(V14.88 C++Builder の仕様変更?)。

V15.06
・NyanFi.INI の隠しオプションとして [Option] NoRoundWin を追加。NoRoundWin=1 に設定すると、NyanFi の各ウィンドウ(コモンダイアログは除く)に対して、Windows 11 の角丸表示を抑止します。

V15.05
・スケーリングが100%より大きい場合、フォントサイズのスケーリングが適切に行われていない箇所があったのを修正。なお、オプション設定などで指定する値は、スケーリング100%でのポイント数に相当します。各ウィンドウ/ダイアログが表示されると、表示モニタのスケーリングにしたがって各部のフォントが動的に割り当てられます。

V15.04
・スケーリングが100%より大きい画面で起動した場合、スモールアイコンがスケーリングされなかったのを修正。ただし、起動後にスケーリングの異なるモニタにメイン画面を移動させた場合、ツールバーやユーザ定義ポップアップメニューのアイコン表示サイズはそのままになります。

V15.03
・画面サイズ変化時のファイルリストの比率維持を、内部的にコマンドを介さずに直接処理するようにしました。
・オプション設定 - イベント で、コマンドの先頭に ; を入れて無効にした場合、一覧での文字色を加減することで見やすくしました。
・スケーリングが100%より大きい画面上で、メイン画面以外のサイズ保存/復元が正しく行われない場合があったのを修正。

V15.02
・ファイラーに WinTerminal コマンドを追加。Windows Terminal (要インストール)を起動します。パラメータに RA を指定すると管理者として実行。
・アプリケーション一覧の右クリックメニューに「プライマリモニタに移動」と「モニタ番号を表示」を追加。
・特殊フォルダ一覧で、ディレクトリにローカライズされた名前が設定される場合、それを表示するようにしました。ない場合はディレクトリ名をそのまま表示します。なお、desktop.ini で名前が設定されているディレクトリのファイル情報に「表示名」という項目でそれを表示するようにしました。
・マルチディスプレイ環境で「動作環境情報をコピー」(ListNyanFi)を行った場合、メイン画面のスケーリングとモニタ番号/モニタ数を取得するようにしました(例: 125% (Monitor:3/3))。
・文字列検索(GREP)で正規表現でない検索文字列に \s や \t を使った場合、結果リストでヒット箇所が強調表示されなかったのを修正。
・オプション設定 - 起動時 - ウィンドウサイズ で「前回終了時のサイズ」を選択している場合、スケーリングが100%より大きいと画面サイズが正しく保存/復元されなかったのを修正。
・スケーリングが100%より大きい場合、WinPos コマンド(パラメータなし)で起動時の画面サイズに戻らなかったのを修正。

V15.01
・AppList コマンドのランチャーで、空でないディレクトリも削除できるようにしました。
・ランチャーがインクリメンタルサーチの場合、"*"、"?"、" " のいずれかを入力すると、すべての項目が表示されるようにしました。また選択項目がある状態で通常モードに戻ると、その項目位置になるようにしましした。
・ランチャーのディレクトリは、トップからの相対パスを左揃えで表示するようにしました。
・ランチャーの右クリックメニュー「このディレクトリに移動」は、トップディレクトリではなく現在開いているディレクトリへ移るようにしました。インクリメンタルサーチモードの場合は選択項目があるディレクトリに移ります。
・SelOnlyCur コマンドのパラメータに OD、FD を追加。OD ではカレント側にあって反対側には存在しないディレクトリだけを、FDではファイルとディレクトリの両方を選択します。

V15.00
・アプリケーション一覧で、UWPアプリのアイコン表示に対応しました。またプロセス情報は、ApplicationFrameHost ではなくアプリのものを表示するようにしました。「アプリケーション情報」では、クラス名が ApplicationFrameWindow (Windows.UI.Core.CoreWindow) となります。なお、ウインドウID、インスタンス、プロシージャ、ユーザデータの表示は廃止。

V14.99
・テキストプレビューの右クリックメニューに「文字コード変更」を追加。また、テキストプレビュー/テキストビュアーで文字コードを変更すると、コードページがファイルの代替データストリーム(nyanfi.def)に保存され、次回表示時にもそれが用いられるようにしました。

V14.98
・テキストビュアーでユニバーサル文字名や数値文字参照/文字実体参照を選択している場合、文字情報(CharInfo)にその内容を表示するようにしました。また、文字情報の右クリックメニューに、「ユニバーサル文字名をコピー」、「数値文字参照(10進数/16進数)をコピー」、および「フォント名を表示」を追加。
・関数一覧/ユーザ定義文字列一覧/マーク行一覧で、リストボックスにフォーカスがないときに点線カーソルを表示するようにしました。これによって、フィルタ欄で↑/↓キーなどを用いた際の項目位置を確認できます。

V14.97
・文字列検索(GREP)の編集メニューおよび結果リストの右クリックメニューに「行内容でソート」と「ソート解除」を追加。マッチ行の内容に基づいて結果リストのソートを行います。
・文字列検索(GREP)で「検索結果の絞り込み」を行ったとき、「次行表示」が無効の場合にも次行内容が対象になっていたのを修正。
・テキストビュアーでCSV/TSVファイルを開いた場合、「先頭行が項目名」の設定をファイルの代替データストリーム(nyanfi.def)に保存するようにしました。
・テキストビュアーでCSV/TSVの固定長表示が有効になっていると、CSV/TSVではないテキストの右クリックメニューにも「列幅の最小化」が表示されてしまうのを修正。

V14.96
・オプション設定などにあるサウンド設定欄の右クリックメニューに「サウンド識別子を参照」を追加。サウンドが設定されている有効な識別子を選択できます。

V14.95
・CommandPrompt、PowerShell コマンドのパラメータに RA を追加。管理者として実行します。
・「管理者として実行」が設定されているショートカット(.lnk)を、OpenStandard コマンドや、AppList コマンドのランチャーで実行した場合、管理者として実行するようにしました。ファイル情報にも表示されます。

V14.94
・PlaySound 補助コマンドのパラメータや、オプション設定 - 通知・確認 などのサウンド設定で、ファイル名の代わりに定義済みサウンド識別子を指定できるようにしました(例: PlaySound_Notification.Looping.Alarm)。

V14.93
・ソートダイアログの「拡張設定」-「自然順無効時に記号を独自ソート」を「自然順無効時に論理ソート」に変更。自然順ではない場合に、数値による並べ替えを無効にしたエクスプローラと同じ並びになります。なお、NyanFi.INI の隠しオプション [Option] SortSymList を指定した場合、それを自然順にも適用するようにしました。
・カーソル位置のディレクトリを選択せずにアーカイブの作成ダイアログを開いたとき、無効状態の「ディレクトリごとに個別作成」がチェックされていると、圧縮が行われなかったのを修正。
・ファイルリスト更新中に反対側でディレクトリを変更すると、その更新を行えないためディレクトリ情報の表示とリスト内容が合わなくなる現象に対処。現状では左右の更新を並列処理できないため、更新中はESCキーによる中断以外の操作を行えないようにしました。なお中断した場合、警告を出すようにしました。

V14.92
・ソートダイアログの「拡張設定」に「自然順無効時に記号を独自ソート」を追加。チェックすると、自然順ではない場合も、半角記号については他の文字と分けてソートし、エクスプローラのような並びになります。
・NyanFi.INI の隠しオプションとして [Option] SortSymList を追加。ソートダイアログの「自然順無効時に記号を独自ソート」が有効な場合に用いられる文字並びを変更できます。

V14.91
・トレイアイコンの右クリックメニューに「バージョン情報」を追加。
・「バージョン情報」ボックスに[詳細一覧]ボタンを追加。詳細情報を一覧ダイアログで表示します(ListNyanFi_ED;XT;LS を実行)。
・テキストビュアーのバイナリ表示で右クリックメニューを表示すると、「リストのインデックスが範囲を超えています」というエラーメッセージが出るようになっていたのを修正(V14.19)。

V14.90
・名前の変更ダイアログ - 「置換」および「リスト」タブで、「大小区別」チェックボックスの動作が逆(チェックなしで区別)になっていたのを修正。

V14.89
・CalcDirSizeAll コマンドの結果をログやファイルなどに出力したとき、サイズ表示の設定によってはレイアウトが崩れる場合があったのを修正。

V14.88
・開発環境を C++Builder 10.4.2 にアップデート。
・名前の変更ダイアログ - 「置換」タブの置換文字列、および「リスト」タブで用いるリストファイルの置換文字列で、書式文字列の \C (ファイルのパス無しディレクトリ名)を利用できるようにしました。

V14.87
・名前の変更ダイアログ - 「名前」タブで、入力欄の右クリックメニューに「カレントのパス無しディレクトリ名」を追加(D:\hoge\data\ なら data を挿入)。「連番」タブでは、書式文字列の \C を利用してください。なお、新規テキストの作成、新規ファイルの作成、ディレクトリの作成ダイアログなどの入力欄右クリックメニューにも追加。
・通常のファイルリストで名前の変更ダイアログを開いた場合、タイトルバーにカレントパスを表示するようにしました。
・DiffDir コマンドの結果リストで再度 DiffDir を実行した場合、そのパラメータが認識されない場合があったのを修正。

V14.86
・DiffDir コマンドのパラメータに DL を追加。前回ダイアログで指定した条件で、ダイアログを開かずに直ちに比較を開始します。
・DiffDir コマンドの結果リストで再度 DiffDir を実行した場合、両方の結果リストを解除してから比較を行うようにしました。
・ダークモード未対応環境で、文字列検索(GREP)画面の設定パネル背景が正しく描画されなくなっていたのを修正。
・Windows 7 の場合、「同名ファイルの処理」ダイアログでラジオボタンのキャプションが表示されなくなっていたのを修正。

V14.85
・ExeCommands コマンドの変数が1行以上の文字列を含む場合、%変数名[行インデックス]% という書式で指定行の内容を参照できるようにしました。行インデックスは0から始まる整数で、変数名も使えます(例: %HOGE[i]%)。範囲外の値を指定した場合は空文字列になります。また %変数名.Count% で変数内容の行数を、%変数名.Length% で総文字数を参照できます(例: MsgBox_"%Clipboard.Length%文字 %Clipboard.Count%行")。
・ExeCommands コマンドの Repeat 文で繰り返し回数に0が指定された場合、エラーとせずにループを抜けるようにしました。

V14.84
・ExeCommands_@ コマンドを実行したり、オプション設定 - 関連付け で .nbt に @ だけを指定して OpenByApp コマンドを実行したりした場合に、対象コマンドファイルが実行されなくなっていたのを修正(V13.73)。
・ExeCommands コマンドで、定義済み変数を参照する単独コマンドを実行した場合、変数が展開されなかったのを修正。

V14.83
・7-zip32.dll 文字化け対策版の7z.dll対応版が正しくインストールされている状態で ListNyanFi コマンドを実行した場合、ロードされている7z.dllのファイル情報を追加表示するようにしました。
・ListNyanFi_ED コマンドで、イメージエディタとその他のエディタのファイル情報に「対応拡張子」を追加しました。
・ヘルプメニュー - 「動作環境情報をコピー」や ListNyanFi コマンドで、Windows 10 October 2020 Update 以降のバージョン表記変更に対応しました(2009 → 20H2)。

V14.82
・開発環境を C++Builder 10.4.1 にアップデート。
・ListNyanFi コマンドのパラメータに ED を追加。テキストエディタ、イメージエディタ、バイナリエディタ、その他のエディタについてのファイル情報が一覧に追加されます。また XT を指定すると、外部ツールについてのファイル情報が追加されます。
・名前の変更ダイアログの 設定 - その他 に「主部/拡張子の文字種設定を記憶」を追加。「主部」、「拡張子」の文字種設定を保存し、次回それらを復元します。
・オプション設定 - エディタ - その他のエディタ の一覧で、実行ファイル名に環境変数が使われているとアイコンが正しく表示されなかったのを修正。なお、実行ファイルがなくなっていた場合、アイコンを表示せず、名前をエラー色で表示するようにしました。

V14.81
・タスクマネージャで、処理中のファイルが対象ディレクトリのサブディレクトリ下にある場合、一覧の詳細セル2行目のファイル名にサブディレクトリ名部分を付加するようにしました。セル幅に収まらない場合は、可能な限りサブディレクトリ名部分を省略表示します。なお、ディレクトリ区切りを、他の場所と同様に、オプション設定 - 一般 で設定されている文字で表示するようにしました。

V14.80
・内部テキストビュアーと別ウィンドウのテキストビュアーで、HTML→テキスト変換表示およびCSV/TSVの固定長表示の状態を変更した場合、次回閲覧時に互いにそれを反映するようにしました。なお、文字列検索(GREP)の結果リストからHTML文書を別ウィンドウのビュアーで開いたとき、HTML→テキスト変換表示が強制的に解除されていなかったのを修正。
・C++Builder 10.4 に Patch 3 を適用しました。

V14.79
・C++Builder 10.4 に Patch 2 を適用しました。
・アーカイブの作成ダイアログ - オプション - 「パスワード」 にアクセラレータキー(P)を設定。
・CalcDirSizeAll コマンドでディレクトリ容量のグラフ表示を行ったとき "100.0" になるとサイズ欄との間にスペースがなくなってしまうため、"100." と表示するようにしました。
・テキストビュアーでフォントサイズを一時変更すると、オプション設定 - テキストビュアー - 「行間」 の設定値が変化してしまうのを修正。

V14.78
・FindFileDlg、FindFileDirDlg コマンドのパラメータに NT を追加。ごみ箱内を検索しません。これは、ドライブ直下にある隠し/システム属性の $RECYCLE.BIN ディレクトリがファイルリストに表示されている場合にのみ意味を持ちます。

V14.77
・ドライブ容量推移のツールバーに[Cursor]ボタンを追加。有効にすると、グラフ上にカーソル位置の使用率ラインが表示されます。
・INIファイルでドライブ容量推移のキー名にスペルミスがあったのを修正([General] DrvGrpah~ → DrvGraph~)。キー名は、起動したとき自動的に置換されます。
・警告がヒント表示される際に警告音が複数回鳴ってしまう場合があったのを修正。

V14.76
・開いているディレクトリの名前に "&" が含まれていると、ディレクトリ情報で "&&" と表示されるようになっていたのを修正(V13.16)。

V14.75
・オプション設定 - キー設定 のキー選択コンボボックスで、既に使われているキー項目の右端に □ マークを、2ストローク操作の開始キー項目には ~ マークを表示するようにしました。開始キーを選択している場合は、その2ストローク目として使われている2番目のコンボボックス項目にも □ マークが表示されます。キー、修飾キー、設定内容などを変更すると、そのたびにコンボボックスの内部状態を更新するため、わずかですが時間がかかります。なおマークの表示スペースを確保するため、10Key_~ を 10K~ と省略表示しています。

V14.74
・アプリケーション一覧から起動後初めて「アプリケーション情報を表示」を行った場合、項目名が適切に納まらない場合があったのを修正。

V14.73
・オプション設定 - デザイン - ファイルリスト の「タグ検索では「タグ」列を表示」をチェックした状態で、タグ検索を行ってから重複ファイルの検索(FindDuplDlg)を行うと、結果リストに「場所」ではなく「タグ」列が表示されてしまうのを修正。
・他の検索実行後、重複ファイルの検索(FindDuplDlg)を行って結果リストで ReloadList コマンドを実行すると、通常のファイルリストに戻らずに、その前の検索が再実行されてしまうのを修正。

V14.72
・結果リストではファイルパス混在による誤動作の可能性があるため、同期コピー(削除)は通常のファイルリストでのみ動作するようにしました。
・同期先が登録されているディレクトリの代替データストリームを開いた場合、ストリームは同期対象ではないので、[..] 項目のファイル情報には同期先を表示しないようにしました。
・二重起動された NyanFi の設定メニューで「キー設定」がグレーアウトされていなかったのを修正。これは OptionDlg_KYO コマンドに相当するため、二重起動した NyanFi からは実行できません。

V14.71
・ファイラーのコマンドで検索やディレクトリ容量計算を行った後、ツールボタンが無効状態から復帰しなくなっていたのを修正。C++Builder 10.4 でツールバー・コンポーネントの挙動が変わったようです。
・ヘルプの変更履歴に日付を入れました。ただし古いものについては抜けがあります。

V14.70
・農研機構・簡易逆ジオコーディングサービスのURLが変更されたため、アーカイブに同梱されている WebMap コマンド用テンプレート(sample_etc\WEBMAP_img_adr.HTM)を修正しました。

戻る