2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーなどもなかなか、FTP接続や簡易マクロも実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


ダウンロード V9.65  nyanfi965.zip 2017-05-23 4.3 MB (ソースコード付)
MD5: cb881e859142af82a6b6392428df3ae4
※本体から更新の確認、アップデートが可能です。

旧バージョン
nyanfi964.zip/ nyanfi963.zip/ nyanfi962.zip/ nyanfi961.zip/ nyanfi960.zip
nyanfi959.zip/ nyanfi958.zip/ nyanfi957.zip/ nyanfi956.zip/ nyanfi955.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

V9.65
・ディレクトリ・スタックの内容をINIファイルに保存し、次回起動時にも利用できるようにしました。
・CurrFromOpp、CurrToOpp コマンドのパラメータに SL を追加。選択状態を反映します。

V9.64
・FindFileDlg、FindFileDirDlg、FindDirDlg コマンドの実行内容をログに出力するようにしました。
・検索やディレクトリ容量計算を中断したとき、ヒントやログが「中断」ではなく「終了」として表示されるようになっていたのを修正。

V9.63
・検索語を指定して FindFileDlg、FindFileDirDlg を実行した場合、ディレクトリ情報のマスクの後に検索語も表示するようにしました。
・文字列検索(GREP)の編集メニューおよび結果リストの右クリックメニューに「ヒットしたカレントのファイルを選択」を追加。
・ファイルのコピー・移動・削除中に、ファイルリストの境界をコマンドで動かしたり、メイン画面のサイズを変更する際には、タスクの待ち時間を一時的に長くして(500ms)、画面の更新処理が滞らないようにしました(特にアクセスの遅いドライブの場合)。

V9.62
・オプション設定ダイアログは、起動後、初めて開こうとしたときに作成するようにしました。また、起動時の処理を整理することで起動時間を少し短縮(Windows 10 では、Windows 8.1 に比べてかなり遅いみたい)。

V9.61
・JumpTo コマンドで、ルートにあるファイルに移動できないのを修正。
・ワークリストやファイル名検索の結果リストで、ルートにあるファイルに対して CurrToOpp コマンドが機能しないのを修正(結果リストから反対側へ反映も)。
・起動時オプション -F で、ルートにあるファイルを指定すると機能しないのを修正。
・Windows 10 において、NyanFi 起動後に初めて名前の変更ダイアログを開いたとき、「名前入力欄の初期状態」の設定にかかわらず全選択状態になってしまうのを修正。

V9.60
・ファイル情報やテキストプレビューの情報ヘッダなどで、ファイルサイズとタイムスタンプの間に空白が入らずつながって表示されるようになっていたのを修正(V9.52)。

V9.59
・ファイルのみを選択している状態で文字列検索(GREP)を行おうとした場合、無効状態のマスクが空欄になっていると、検索を開始できないのを修正。

V9.58
・FTPアップロードの失敗などでホスト側から切断された際、切断イベントが正常に発生しなかった場合、リモート側を通常のファイルリスト表示に復帰させるようにしました。

V9.57
・ContextMenu コマンドで指定するメニュー定義ファイルで、対象の拡張子によって表示するメニュー項目を変えられるようにしました。タイトル|拡張子(.で区切って複数指定可能、ディレクトリは \) と記述すると、対象の拡張子が該当する場合にのみ、その項目が表示されます(例: 画像の変換|.jpg.gif.png.bmp [TAB] ConvertImage)。

V9.56
・FTP接続時に、ローカル側でファイルを削除すると「リストのインデックスが範囲を超えています」というエラーメッセージが出る場合があるのを修正。
・オプション設定 - 配色 でインポートを行った直後に、一覧の表示が更新されないのを修正。
・オプション設定 - 配色 や「テキストビュアーの配色」ダイアログで、配色のエクスポートに失敗したときに警告が出ないのを修正。

V9.55
・文字列検索(GREP)やファイル名検索の検索語を全角空白で区切って指定すると、全角空白後の語が正しく検索できないのを修正。

V9.54
・振り分けダイアログの右クリックメニューに「振り分け登録ファイルを作成」を追加。INIファイルの代わりに、作成したファイル(Distribute.INI)によって登録内容が管理され、二重起動した NyanFi でも登録内容の変更が可能になります。

V9.53
・最初に起動した NyanFi で振り分けダイアログを閉じる際に、INIファイルを保存するようにしました。この後で二重起動した NyanFi には登録内容が反映されます。なお、二重起動した NyanFi の振り分けダイアログでは、混乱を避けるため、登録内容の変更を禁止しました。
・イメージビュアーで、サムネイルから外部へのドラッグ&ドロップを可能にしました。選択中(無ければカーソル位置)のファイルが対象となります。
・オプション設定 - イベント に「サムネイルからのドラッグ開始時(IV)」、「サムネイルからのドラッグ完了時(IV)」を追加。

V9.52
・文字列検索(GREP)で、結果リストの不要な描画を抑えることで、ヒット数が多い場合の処理を高速化。
・GREP結果リストで、キー操作によってカーソル移動した場合、ステータスバーの内容が更新されないのを修正。
・文字列検索(GREP)で「検索結果の復帰」を行ったとき、リストのサブディレクトリ名が正しく表示されない場合があるのを修正。
・フォントの「GREP結果リスト」が「リスト」と異なると、結果リストの行間が適切に設定されないのを修正。
・GREP結果リストや一覧ダイアログで、フォントによっては、強調表示部分の右端が欠ける場合があるのを修正。
・拡張子別一覧のファイル一覧で、キー操作によってカーソル移動した場合、ステータスバーの内容が更新されないのを修正。
・関数一覧で「名前」をチェックしていない場合、項目の末尾に改行コードが "J" と表示されてしまうのを修正(V9.43)。
・XMLビュアーの [+] [-] ボタンの表示位置がずれていたのを修正(V9.43)。

V9.51
・オプション設定 - フォント・配色 の「フォント」に「GREP結果リスト」を追加。
・文字列検索(GREP)の編集メニューおよび結果リストの右クリックメニューに「絞り込みを確定」を追加。絞り込みによって表示から除外された項目を結果リストから削除します。
・文字列検索(GREP)の表示メニューおよび結果リストの右クリックメニューに「結果リストに項目番号を表示」を追加。

V9.50
・EjectDrive コマンドのパラメータに . を追加。カレントドライブを取り外します。

V9.49
・開発環境を C++Builder 10.2 Tokyo にアップグレード。
・最近編集/閲覧したファイル一覧/マーク一覧の Migemo オプションが保存されていなかったのを修正。
・ファイルリストをクリックしたときのちらつきを改善。

V9.48
・通常の方法でリンク先を取得できない特殊な .lnk ファイルは、そのまま実行を試みるようにしました。
・HTML→テキスト変換の際、href属性で http: や https: が省略されていると、非常に時間がかかるの場合があるのを修正。

V9.47
・.msu を実行可能なファイルとみなすようにしました。
・登録ディレクトリダイアログに「呼出項目を先頭へ」オプションを追加。呼び出したディレクトリ項目を一覧の先頭へ移動します(セパレータがある場合はそのブロックの先頭)。この設定は、RegDirPopup コマンドを実行した場合にも適用されます。
・RegDirPopup コマンドで、呼び出しキーが設定されていない項目も表示するようにしました。
・ChangeOppRegDir や RegDirPopup_OP コマンドで、環境変数が解決されていなかったのを修正。

V9.46
・ソートダイアログに「ディレクトリのソート方法」オプションを追加。ディレクトリのソート方法をファイルとは別に設定できるようにしました。「ディレクトリを区別しない」を選ぶとディレクトリとファイルを区別しないでソートすることも可能。

V9.45
・テキストビュアーで .as (ActionScript) の強調表示に対応。
・FileEdit コマンドで、対象ファイルに対応するその他のエディタがあり、かつ拡張子からテキストと思われるかイメージエディタの対象だった場合、ポップアップメニューで選択できるようにしました。
・テキストプレビューや一覧ダイアログで、一行が非常に長いと内容が表示されなかったのを修正。表示では1024文字以降を省略しますが、コピーでは実際の内容を取得できます。

V9.44
・コピーや移動先に、ディレクトリ属性の異なる同名の対象が存在した場合、エラーとするようにしました。

V9.43
・ダイアログ上のコンボボックスがドロップダウンされている状態で、キーによってダイアログを移動すると、ドロップダウン部分が取り残されてしまうのを修正。移動の際はドロップダウンを閉じます。
・ShowFileInfo_SD(ListFileInfo) コマンドでファイル情報をダイアログ表示している場合、PrevFile/NextFile のキーで前後のファイルに移るとファイルリストのカーソルが消えてしまうのを修正。
・オプション設定 - フォント・配色 で、「フォント」の等幅のみ制限が、「テキストビュアー」ではなく「ログ」になってしまっていたのを修正。
・テキストビュアーを選択状態のまま抜け、同じファイルを再び開いた直後、情報ヘッダに誤った選択状態が表示される場合があるのを修正。

V9.42
・イメージプレビューしている画像をイメージビュアーで開くと、その画像が表示されなくなっていたのを修正(V9.39)。
・ファイル名検索の結果リストで、アーカイブ直下のファイル情報のパス名末尾に (null) と表示されるようになっていたのを修正(V9.30)。

V9.41
・ListTail コマンドのパラメータに TE を追加。表示したテキストの最後尾に移動します。また、パラメータにファイル名を指定できるようにしました。
・Download 補助コマンドのパラメータで、URLの後に >>~ を指定することで、ダウンロードしたHTML文書をテキストに変換して保存できるようにしました(例: Download_"http://hege.jp/index.htm>>D:\hoge\index.txt")。
・オプション設定 - デザイン - ステータスバーの書式 で使える書式文字列に、$Z(サイズ)、$Y(バイトサイズ)、$T(タイムスタンプ) を追加。
・テキストビュアーの TagJump コマンドで、同一ディレクトリにある #include ファイルが開けなかったのを修正。
・テキストビュアーで、文字列検索のマッチ語が強調表示されなくなっていたのを修正(V9.10)。

V9.40
・テキストプレビューや一覧ダイアログで、タブや改行以外のコントロールコードを、「コントロールコード」色の英字で表示するようにしました。
・ファイルリストを最新の情報に更新する際に、トップ位置を維持するようにしました。
・シンプルスクロールバーのノブをマウスで動かした場合に、オプション設定 - 一般 - 操作 -「カーソルを常に可視領域に」や、デザイン - 背景画像 -「スクロール時に画像を隠す」の設定が効かないのを修正。
・拡張子一覧のファイル一覧で、カレントのファイルの先頭に (null) と表示されるようになっていたのを修正(V9.30)。

V9.39
・アイコンやフォントをイメージプレビューしていて、そのファイルをクリックしたり、別ファイルのテキストプレビューを行ってから再び直前のファイルに戻ると、イメージプレビューされないのを修正(V9.38)。

V9.38
・イメージプレビューで、アイコン一覧やフォントサンプルの表示処理もスレッドで行うようにしました。これでもファイラー操作が重い場合は、オプション設定 - イメージプレビュー で除外設定を行ってください(「よくある質問」なども参照)。

V9.37
・仮想ディレクトリ内のテキストファイルに対しても CountLines コマンドを実行できるようにしました。
・文字列検索(GREP)結果リストで、フィルタなどによって表示項目数が変化した際に、シンプルスクロールバーのノブサイズが更新されないのを修正。

V9.36
・オプション設定 - キー設定 で、コマンドのパラメータ選択コンボボックスが文字化けするようになっていたのを修正(V9.30)。

V9.35
・ファイラーに CountLines コマンドを追加。テキストファイルの行数、有効、コメント、空白行をカウントして表示します。
・テキストビュアーで、1ページ以上にわたるような長い行があると、PageUp/Down コマンドが正しく機能しないのを修正。

V9.34
・HelpContents コマンドのパラメータに CH を追加。「変更履歴」のヘルプページを表示します。また、ヘルプメニューに「変更履歴」を追加。
・HelpContents コマンドやヘルプメニューの「ヘルプの目次」でヘルプのトップページが表示されなくなっていたのを修正(V9.30)。

V9.33
・テキストプレビューの末尾分割表示で、最大行数を超えるファイルでは最終行からの相対行番号(負数)を表示するようにしました。
・オプション設定 - 一般2 - テキストプレビュー の「最大行数」を1000以上に設定している場合、最大行数を超えるテキストのファイル情報に「推定行数」を表示するようにしました。

V9.32
・オプション設定 - 一般2 - テキストプレビュー に「末尾分割表示」を追加。テキストプレビューを上下に分割し、テキストの末尾を指定行数分だけ表示します。

V9.31
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索で、動画のファイル情報を文字列検索できるようにしました。また、.lnk ファイル情報の「エラー」も文字列検索できるようにしました。
・WebSearch_CB、NewTextFile_~、JumpLine_~ コマンドで、入力ボックスが出てしまうのを修正(V9.30)。

V9.30
・IncSearch コマンドのフィルタマスク・モードおよび Filter コマンドでの絞り込み処理を高速化。
・文字列検索(GREP)結果リストの右クリックメニューに「URLを開く」を追加。
・名前の変更ダイアログの「設定」-「名前入力欄の初期状態」で「指定語の後」や「指定語の前」を選んだ場合、「指定語」を ; (セミコロン)で区切って複数設定できるようにしました。先のものほど優先順位が高くなります。また「最後の語にマッチ」オプションを追加。同じ語が名前に複数含まれている場合、一番最後のものにマッチします。
・イメージビュアーでサイドバーにルーペをドッキングしている場合、NyanFi 起動のたびにルーペの表示高が 1px ずつ小さくなってしまうのを修正。
・ListVar コマンドで、定義済み変数 TmpPath がユーザ定義変数として表示されていたのを修正。
・ディレクトリとファイルを選択して CopyDir コマンドを実行すると、ファイルの名前でディレクトリが作られてしまうのを修正。

戻る