2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーなどもなかなか、FTP接続や簡易マクロも実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


ダウンロード V11.77  nyanfi1177.zip 2018-07-17 4.9 MB (ソースコード付)
MD5: 9715edb243101f3268675c34bb462c58
※本体から更新の確認、アップデートが可能です。

旧バージョン
nyanfi1176.zip/ nyanfi1175.zip/ nyanfi1174.zip/ nyanfi1173.zip/ nyanfi1172.zip
nyanfi1171.zip/ nyanfi1170.zip/ nyanfi1169.zip/ nyanfi1168.zip/ nyanfi1167.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V11.77
・タグ名検索ダイアログの一覧に、各タグのジャンプ先数を表示するようにしました。またタグ名一覧の下にジャンプ先のファイル名一覧を表示。ファイル名一覧にフォーカスがある場合、カーソル位置のファイルに直ちにダイレクトタグジャンプできます。

V11.76
・CreateDir_IN;~ コマンドで指定したデフォルトが表示されなくなっていたのを修正(V11.72)。
・選択マスクが適用されているファイルリストでワークリストを開こうとすると、その選択マスクが誤って適用され、(大抵の場合)リストが空の状態になって予期しない例外が発生するのを修正。

V11.75
・WebSearch コマンドで、検索語に "&" などの特殊文字が含まれていると正しく検索できないのを修正。
・項目数が1行目のものよりも少ない行が含まれているタブ区切りファイルをテキストビュアーで固定長表示している場合、欠損項目のある列でソートを行うとエラーが発生するのを修正。

V11.74
・ファイルのシンボリックリンクの場合、ファイル情報の「種類」はすべて ".symlink" とだけ表示し、リンク先についての情報は別途表示するようにしました。
・オプション設定 - フォント・配色 - 「拡張子別配色」に「ファイル名主部にシンボリックリンク色を適用」オプションを追加。ファイルのシンボリックリンクの場合、ファイル名主部をシンボリックリンクの文字色で表示します(拡張子部分は拡張子別配色)。なお「配色」の「ディレクトリ(シンボリック)の文字色」を「シンボリックリンク/ジャンクションの文字色」に改称。
・書庫系の Susie プラグインが正常に機能しなくなっていたのを修正(V11.73)。

V11.73
・オプション設定 - 一般 - 「ワークリスト」に「UNCパスをチェックしない 」を追加。ワークリストの読み込みや更新の際に、UNCパス項目の存在チェックを行いません。リスト表示では、サイズと更新日時が常に空欄となります。またファイル情報は強制的に取得しない限り表示されず、その内容は保持されません。

V11.72
・オプション設定 - 通知・確認 - 「確認メッセージ」に「状況に応じて表示位置を調整」オプションを追加。状況に応じて、カレント側ファイルリスト/メイン画面/ダイアログのいずれかの中央に確認メッセージが表示します。チェックを外すと従来通りモニタ画面中央に表示されます。
・テキストビュアーで ExeCommands コマンドを実行中に、定義済み変数 CodePage が変更された場合、表示中テキストのコードページよりも変更した値を優先するようにしました。
・Edit 補助コマンド画面の右クリックメニューに「カーソル行を削除」を追加(ただしアンドゥは不可)。
・CreateDir、NewTextFile コマンドの入力ボックスに履歴機能を追加。

V11.71
ExeCommands コマンドの補助コマンドに Edit を追加。複数行入力可能なテキストボックスによって、変数の内容を編集します。

V11.70
・ファイラーの IncSearch および Filter コマンドで、複数のキーワードを空白で区切って入力することによってAND検索を行えるようにしました。
・アクセス権のないディレクトリにカーソルを移動すると、予期しない例外が発生して操作不能となるようになっていたのを修正(V11.68)。

V11.69
・DiffDir コマンドの結果リストで IncSearch_FM、Filter、SelMask コマンドを実行した場合、反対側の内容も同期するようにしました。
・DiffDir コマンドの結果リストで、スクロールバーをマウスで動かした場合も、左右のスクロール位置が同期するようにしました。
・「マーク」と「選択」が混同されがちなので、「栞マーク」と改称しました(例: 「マーク一覧」→「栞マーク一覧」)。 またファイラでの栞マークとテキストビュアーでの行マークが混同されないように、オプション設定やキー割り当て一覧などで表示されるコマンドの説明を、モードに応じて変えるようにしました。
・オプション設定ダイアログで Ctrl + F を押すと、「検索」欄にフォーカスするようにしました。

V11.68
・オプション設定 - イベント に「クリップボードにテキストをコピー」を追加。
・DiffDir コマンドの比較処理を高速化。また比較処理を ESC キーで中断できるようにしました。
・DiffDir コマンドのダイアログで対象ファイルの「除外マスク」を指定できるようにしました。
・DiffDir コマンドの結果リストで、カーソルが不在ファイル上にある場合、そのサブディレクトリ名がディレクトリ情報に表示されないのを修正。

V11.67
・DiffDir コマンドの比較処理で、タイムスタンプの許容誤差が考慮されていなかったのを修正。
・DiffDir コマンドの結果リストで、カレント側でカーソル移動した時に、反対側の対応するディレクトリ情報やドライブ情報が更新されないのを修正。

V11.66
・ファイラーに NewFile コマンドを追加。あらかじめ用意したテンプレートをカレントにコピーして新規ファイルを作成します。
・ファイラーのコンテキストメニュー(ContextMenu) が機能しなくなっていたのを修正(V11.65)。

V11.65
・ファイラーに DiffDir コマンドを追加。「ディレクトリの比較」ダイアログを開き、左右のディレクトリ内容を比較します。実行後は左右ともに結果リストになり、サイズや更新日時が異なる同名ファイルと、一方にしか存在しないファイルが表示されます。ソートは場所(パス付きファイル名)の昇順で固定となり、左右のファイルの対応が常に保たれます。 この状態で、ファイルの削除やリスト間のコピーを行えます。
・オプション設定 - フォント・配色 に「結果リストの相違箇所背景色」を追加。
・オプション設定 - 一般2 - ファイル情報 の「情報を取得しない拡張子」で、拡張子の後に : で区切って制限サイズ(MB単位)を指定できるようにしました(例: .rar:10.chm:5)。これにともない「RARのファイル情報取得をサイズで制限する」は廃止。
・オプション設定 - 一般2 - 「イメージプレビュー」の「プレビューを行わない拡張子」で、拡張子の後に : で区切って制限サイズ(MB単位)を指定できるようにしました(例: .vob.raw:10)。
・ZIPアーカイブとみなす拡張子に .ear .sar .war を追加。

V11.64
・同名ファイルの比較ダイアログで「反対側も選択」がチェックされている場合、反対側ですでに選択されている項目がある状態で実行すると、マッチしない項目の選択が解除されないのを修正。あらかじめ左右の選択状態をすべて解除してから比較を行うようにしました。

V11.63
・同名ファイルの比較ダイアログに「ディレクトリとアーカイブを比較」オプションを追加。「ディレクトリも比較」とともにチェックしていると、ファイル名主部がディレクトリ名と同じアーカイブがあった場合に両者を比較します。このとき、すべてのディレクトリ容量が CalcDirSize コマンドであらかじめ計算されていると、アーカイブの元サイズとの比較も行えます。

V11.62
・ファイラーに CreateSymLink コマンドを追加。選択中(無ければカーソル位置)の項目のシンボリックリンクを、反対パスに同じ名前で作成します。このコマンドを実行するには管理者権限が必要です。
・ファイラーに CreateJunction コマンドを追加。選択中(無ければカーソル位置)のディレクトリのジャンクションを、反対パスに同じ名前で作成します。
・タグ関係のダイアログで一覧にフォーカスがある場合、ファイラーで割り当てられているのと同じキーで、タグの改名や削除を行えるようにしました。
・タグ関係のダイアログでタグの改名時に既存の同名タグがあった場合、確認後、そのタグに統合して一覧を更新するようにしました。
・タグ関係のダイアログで「タグの使用数を常に表示」を有効にしている場合、タグの改名や削除を行うと使用数の表示がクリアされてしまうのを修正。

V11.61
・オプション設定 - フォント・配色 - 「配色」に「タグ名の文字色」を追加。ファイル情報やタグ関係ダイアログのタグ名表示に用いられます。
・タグ関係ダイアログの右クリックメニューに「タグの使用数を常に表示」を追加。
・SortDlg コマンドのパラメータに XNX を追加。ディレクトリのソート方法「ファイルと同じ」/「ディレクトリを区別しない」をトグルで切り替えます。
・カレントの結果リストでソート方法が「場所」の場合、ExeCommands コマンドの定義済み変数 SortMode が "L" になるようにしました。
・結果リストに「場所」列を表示している場合、FindHardLink、FindMark コマンド実行直後のソートが正しく行われていなかったのを修正。
・オプション設定 - キー設定 で、SortDlg コマンドのパラメータ X~ を設定できなかったのを修正。

V11.60
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」に「結果リストに「場所」列を表示」と「最小列幅」を追加。FindFileDlg、FindFileDirDlg、FindDirDlg、FindHardLink、FindMark、FindTag コマンドに共通で適用されます。これにともない各検索ダイアログの「結果リストに場所を表示」オプションは廃止。
・FindHardLink、FindMark、FindTag コマンドでも「検索結果リストが表示された直後」イベントが発生するようにしました。
・FindMark コマンドのパラメータに OP (結果リストから反対側へ反映) を追加。
・FindHardLink コマンドで、パラメータ OP が機能しなくなっていたのを修正。

V11.59
・FindFileDlg コマンドのパラメータに R0/R1、X0/X1、A0/A1 を追加。検索ダイアログを開いたときの「サブディレクトリも検索」、「拡張検索」、「アーカイブ内も検索」オプションの各チェック状態をあらかじめ設定できます(; で区切って複数のパラメータを指定可能)。
・FindFileDirDlg コマンドのパラメータに R0/R1 を追加。検索ダイアログを開いたときの「サブディレクトリも検索」オプションのチェック状態をあらかじめ設定できます。
・ファイル名検索で、拡張検索の条件に「ハードリンクのリンクカウント数」を追加。
・ファイル名検索で、「拡張検索」を無効にしても、前に設定していた条件で拡張検索されてしまう場合があるのを修正。

V11.58
・ファイルの移動や改名の際に、タグを維持するようにしました。
・文字列検索(GREP)の「マスク」コンボボックスで、右クリックメニューから履歴項目の削除を行えるようにしました。
・マーク一覧をメモ内容でソートした場合、昇順/降順にかかわらずメモがない項目は下に移動するようにしました。
・マーク一覧でメモ内容を変更したときに、設定日時の表示がファイルのタイムスタンプになってしまうのを修正。
・マーク一覧でソート順が正しく復元されない場合があったのを修正。

V11.57
・オプション設定 - イベント に「ファイルリストでファイル名主部以外をダブルクリック」を追加。
・タグ関係のダイアログに設定パネルの開閉ボタンを追加。

V11.56
・ファイル/ディレクトリ名検索、タグ検索ダイアログに「結果リストに場所を表示」オプションを追加。結果リストに「場所」列を表示し、それに基づくソートを行います。「最小列幅」欄で表示幅を指定可能。
・SortDlg コマンドのパラメータに L を追加。検索結果リストに「場所」列が表示されている場合、それに基づくソートを行います。
・タグ検索でマッチした項目のドライブが無効な場合は、タグデータから自動削除しないようにしました。
・CalcDirSize_FC、CalcDirSizeAll_FC コマンドで、ファイル数の表示位置が揃わなくなっていたのを修正(V11.22)。

V11.55
・オプション設定 - イメージビュアー の「全画面表示でサムネイルを隠す」をチェックしていない場合、全画面表示でサムネイルの表示を切り替えないと、通常表示に戻ったときにその表示状態が維持されないのを修正。

V11.54
・イメージビュアーの全画面表示で、NyanFi を最前面化しないようにしました。これにともない全画面表示でも、ダイアログや入力ボックスを表示するコマンドを実行できるようになりました。
・イメージビュアーでルーペやヒストグラムがサイドバーにドッキングされていない場合、全画面表示で Loupe、Histogram コマンドを実行できるようにしました。
・イメージビュアーに MarkList コマンドを追加。
・オプション設定 - イメージビュアー に「全画面表示でサムネイルを隠す」オプションを追加。全画面表示から抜けると、以前の表示状態に戻りますが、全画面表示時に切り替えた場合はそれが維持されます。
・オプション設定 - イメージビュアー に「閉じた時に画像をマーク」オプションを追加。イメージビュアーを閉じた時に、表示していた画像をマークします(適用するパス、拡張子、メモ内容を指定可能)。
・オプション設定 - イベント に「イメージビュアーで画像部分をダブルクリック」、「イメージビュアーで余白部分をダブルクリック」を追加。なお、「イメージビュアーで画像部分をダブルクリック」を設定している場合、クリックによる一時的な等倍表示は行われません。
・オプション設定 - エディタ - 「イメージエディタ」に「ファイル毎に個別起動」オプションを追加。編集対象が複数ある場合、ファイル毎に個別にイメージエディタを起動します。コマンドラインによる複数ファイル指定ができない場合にチェックしてみてください。

V11.53
・タグ関係のダイアログで、一覧の配色やフォントを他のリストに合わせました。またファイラーで割り当てられているのと同じキーで頭文字サーチを行えるようにしました。
・タグ検索の結果リストの反対側でタグの変更を行ったら、再検索して結果リストを更新するようにしました。
・CreateHardLink コマンドで、NTFSでなかったり左右のボリュームが異なっていたりした場合、警告を出してコマンドを中断するようにしました。

V11.52
・オプション設定 - 通知・確認 -「ディレクトリの削除制限」の削除確認については、「確認メッセージ」の設定にかかわらず、「いいえ」がデフォルトボタンとなるようにしました。

V11.51
・ワークリストに対する IncSearch_FM、Filter コマンド実行前に、ワークリストの内容が変更されていたら保存するようにしました。
・ワークリスト、結果リスト、FTP でも SelMask コマンドを利用できるようにしました。必要に応じて、ワークリストでは再読み込み、結果リストでは再検索、FTP ではリストの再取得が発生します。なおワークリストのセパレータは除外されます。
・ワークリストに選択マスクが適用されている場合、注意を促すため、ディレクトリ情報の先頭に "!" マークを表示するようにしました。
・アーカイブ、結果リスト、FTP でも IncSearch_FM および Filter コマンドを実行できるようにしました。

V11.50
・IncSearch、Filter コマンドのパラメータに CA を追加。実行前に、選択マスクを解除します。パラメータを複数指定する場合は ; で区切ってください。
・ワークリストに対しても、IncSearch_FM および Filter コマンドを実行できるようにしました。ただし選択マスク適用中のワークリストでは、内容の変更や上書き保存は行えません。またマスク適用前の変更の自動保存も行われません。マスク解除の際には再読み込みが行われるため、マスク適用前の変更内容は失われます。
・インクリメンタルサーチ・モードでの Migemo 状態を、通常モードとフィルタマスク・モードで個別に記憶するようにしました。
・ワークリストのドライブ情報にファイルリストのマスクが表示されていたのを修正。
・オプション設定 - 一般 - 操作 の「コンボボックスの自動補完」の設定が、正規表現チェッカーおよび電卓に適用されていなかったのを修正。

V11.49
・オプション設定 - 通知・確認 -「確認メッセージ」に「「いいえ」がデフォルトボタン」オプションを追加。
・FindTag コマンドの結果リストで SetTag、DelTag コマンドを実行した場合、再検索してリストを更新するようにしました。
・通常のファイルリストから FindTag コマンドの結果リストにコピーを行った場合、対象に検索タグを追加して再検索するようにしました。
・FindTag、FindMark コマンドの結果リストで ReloadList コマンドを実行したときに、再検索が正しく行われないのを修正。

V11.48
・ファイラー、イメージビュアーに AddTag (タグの追加)、DelTag (タグの削除) を追加。
・ファイラーに TrimTagData を追加。存在しない項目に関するタグデータを一括削除して、TAGDATA.TXT を更新します。なお、SetTag コマンドの UD パラメータは廃止。
・SetTag コマンドのパラメータにタグを指定できるようにしました。ダイアログを出さずに直接設定できます。
・FindTag コマンドのパラメータに複数のタグを指定した場合、; で区切るとAND検索、| で区切るとOR検索になるようにしました(混在不可)。
・タグ検索ダイアログに「結果リストから反対側へ反映」オプションを追加。
・タグ関係のダイアログに「入力欄を隠す」オプションを追加。また一覧の右クリックメニューに「タグ名の削除」、「タグの使用数をカウント」を追加。
・CreateHardLink コマンドで反対側に同名ファイルがあった場合、それを削除してからハードリンクを作成するかの確認メッセージを出すようにしました。
・オプション設定 - 通知・確認 -「ディレクトリの削除制限」に「ファイル削除も制限」オプションを追加。

V11.47
・タグの設定/検索ダイアログにおいて、タグ一覧の右クリックメニューから「タグ名の変更」と「存在しない項目のデータ削除」をできるようにしました。
・オプション設定 - 通知・確認 -「ディレクトリの削除制限」で、登録ディレクトリの上位ディレクトリが制限されていなかったのを修正。なお下位ディレクトリの制限はオプションとしました。
・オプション設定 - フォント・配色 - 「配色」に「ディレクトリ(削除制限)の文字色」を追加。指定すると、削除制限されているディレクトリの表示に用いられます。
・削除制限されているディレクトリに対するファイル情報の「種類」に、「ディレクトリ (削除制限)」と表示するようにしました。
・全画面表示のイメージビュアーでサムネイル表示を切り替えると、サイドバーなどの表示が戻ってしまう場合があるのを修正。
・サムネイル全面表示状態でイメージビュアーを全画面表示に切り替えたとき、サムネイルの列数が調整されないのを修正。

V11.46
・名前の変更ダイアログの最小高を少し大きくしました。なお、このダイアログはサイズ変更可能です。見にくい場合は必要に応じてサイズを調整してください。

V11.45
・Windows の「タスクバーを自動的に隠す」がオフの場合、最大化状態でイメージビュアーの全画面表示に移ると、タスクバー部分が覆えないのを修正。

V11.44
・FindTag コマンドによる結果リストがソートされていなかったのを修正。

V11.43
・ファイルやディレクトリに対するタグ付け機能を追加。タグの設定は SetTag コマンド(ファイラー、イメージビュアー)で、タグに基づく検索は FindTag(ファイラー) コマンドで行います。タグはファイル情報で確認可能。タグ情報は、実行ディレクトリの TAGDATA.TXT に保存されます。

V11.42
・ワークリストからテキストビュアーを開いて PrevFile/NextFile、SelectFile_NX コマンドを実行した場合、存在しないファイルはスキップするようにしました。
・ワークリストからイメージビュアーを開いた場合、存在しないファイルはあらかじめ表示対象から除くようにしました。
・無効なワークリスト項目に対する好ましくないコマンド実行をできるだけ抑止するようにしました。

V11.41
・オプション設定 - 一般 - 「ワークリスト」に「項目の自動削除」を追加。チェックすると、ワークリストの読み込みや更新の際に、存在しない無効な項目が自動的に削除されます(従来の動作)。チェックを外すと、存在しない項目は「無効な項目の文字色」(「配色」に追加)で表示されます。
・オプション設定 - 一般 - ワークリスト の「UTF-8でファイルに保存」を廃止。ワークリストは常に UTF-8 で保存します。
・ファイラーの WorkList コマンドのパラメータに DI を追加。カレントで表示中のワークリストに無効な項目がある場合、それを一括削除します。

V11.40
・オプション設定 - 通知・確認 に「ディレクトリの削除制限」を追加。一覧に登録したディレクトリを Delete、CompleteDelete コマンドで削除しようとした際に、指定したモード(削除禁止/確認して削除)による制限がかかります。
・CreateDir_IN;~、Clone_IN、CloneToCurr_IN コマンドの入力ボックスに「デフォルトを選択状態に」チェックボックスを追加。チェックすると、入力欄の初期状態が全選択になります。

戻る