2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーもなかなか、FTP接続や簡易マクロ、タグ管理機能なども実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


ダウンロード V12.56  nyanfi1256.zip 2018-11-15 5.2 MB (ソースコード付)
MD5: 9540cfccb8edef06febdf5500f002a3f
※本体から更新の確認、アップデートが可能です。

旧バージョン
nyanfi1255.zip/ nyanfi1254.zip/ nyanfi1253.zip/ nyanfi1252.zip/ nyanfi1251.zip
nyanfi1250.zip/ nyanfi1249.zip/ nyanfi1248.zip/ nyanfi1247.zip/ nyanfi1246.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V12.56
・オプション設定 - 一般1 - 「表示」の「ディレクトリ区切り文字」で、右クリックメニューからいくつかの特殊文字を参照できるようにしました。
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」に「▼ボタン」オプションを追加。チェックを外すと、ディレクトリ情報左端の▼ボタンを非表示にできます。
・オプション設定 - デザイン - 「タブバー」に「▼ボタン」オプションを追加。チェックを外すと、タブバー左端の▼ボタンを非表示にできます。また「削除ボタン非表示」を「削除ボタン」に改称しました(設定反転)。
・ディレクトリ情報でパスが省略表示されていたり、登録名で置換表示されていたりすると、右クリックによるサブディレクトリ選択ができないのを修正。

V12.55
・ハイコントラストがオンの場合、ディレクトリ情報左端やタブバー左端にある▼ボタンの背景色が通常のボタンと同じになるため、▼マークをボタンの文字色で表示するようにしました。
・オプション設定 - 一般1 - 「表示」の「ディレクトリ区切り文字」に "/" 以外を設定している場合、また FixTabPath コマンドでパスが固定されピンマークが表示されている場合、ディレクトリ情報の右クリックによるサブディレクトリ選択ができないのを修正。

V12.54
・オプション設定 - 一般1 - 「表示」に「ディレクトリ区切り文字」を追加。画面上でパスを表示する際のディレクトリ区切り文字を指定できます(ログなどは除く)。日本語フォントでも、U+2216 などの代用文字を指定することでバックスラッシュを表示できます。なお、オプション設定 - デザイン - 「ステータスバーの書式」の "P2" は、"\" を「ディレクトリ区切り文字」で置換するようにしました。

V12.53
・NyanFi 起動後に CreateDir_IN;~ を初めて実行したとき、「デフォルトを選択状態に」をチェックしていても選択状態にならないのを修正。

V12.52
・オプション設定 - テキストビュアー に「タブストップ ~ の拡張子」を追加。指定した任意のタブストップ幅で表示する拡張子を設定できます。

V12.51
・同名ファイルの比較において、ハッシュ比較を行う際に先頭32KBを事前チェックすることで、不一致判定を高速化しました。
・ファイル情報の右クリックメニューに「この項目内容を強調表示」を追加。オプション設定 - フォント・配色 - 配色の「ファイル情報の強調文字色」で強調表示されます。
・「結果リストから反対側へ反映」を有効にして検索を行った後でディレクトリの比較を行うと、結果リストでのカーソル移動で警告音が鳴ってしまうのを修正。

V12.50
・重複ファイルの検索で、結果リストのソートをパス付きファイル名順ではなく場所順にしました。
・ファイラーに SaveAsResultList コマンドを追加。カレントが検索結果リストの場合、それに名前を付けて保存します。保存したファイルは LoadResultList コマンドで読み込んで再利用できます(ReloadList コマンドによる再検索は不可)。

V12.49
・重複ファイルの検索で、「検索中」の状態でもESCキーで中断できるようにしました。また、先頭32KBのハッシュ値でファイル数を絞ってから全体のハッシュ値をチェックすることにより処理を高速化しました。

V12.48
・「重複ファイルの検索」ダイアログに「ジャンクション/シンボリックリンクを除外」オプションを追加。また検索処理を少し高速化しました。

V12.47
・ファイラーに FindDuplDlg コマンドを追加。「重複ファイルの検索」ダイアログを開き、ハッシュ値が一致するファイルを検索します。
・ファイラーに ToOppSameHash コマンドを追加。カーソル位置とハッシュ値が同じファイルが反対側にあったら、その位置に移動します。

V12.46
・オプション設定 - 一般2 に「キーボードの種類」を追加。自動、JP、US のいずれかを選択できます。自動以外を選ぶと、NyanFi から見たキーボードの種類を強制的に変更できます。

V12.45
・オプション設定 - キー設定 の「キー」グループのキャプションに、認識されているキーボードの種類(日本語キーボード=JP、それ以外=US)を表示するようにしました。

V12.44
・登録ディレクトリダイアログの入力欄で、先頭に "shell:" を付けることで特殊フォルダを指定できるようにしました。この場合はエクスプローラで開かれます。
・登録ディレクトリダイアログの入力欄で、先頭に "#:" を付けことでタグ検索(FindTag)を行えるようにしました。複数のタグを指定する場合、; (セミコロン)で区切るとAND検索、| で区切るとOR検索になります(混在不可)。タグ検索の結果リストからダイアログを開くと、その条件が自動的に入力されます。
・SubDirList コマンドで基準ディレクトリを切り替えたときに、シンプルスクロールバーの状態が更新されなかったのを修正。

V12.43
・オプション設定 - フォント・配色 - 配色に「代替データストリーム一覧の背景色」を追加。
・ディレクトリのファイル情報にも、代替データストリーム情報を表示できるようにしました。
・ディレクトリに対しても OpenADS コマンドを実行できるようにしました。
・代替データストリーム一覧で NewFile、NewTextFile コマンドを使えるようにしました。
・ExeCommands コマンドの定義済み変数に ThisName (実行中コマンドファイルのパス付きファイル名)を追加。
・ExeCommands コマンド内で Restart コマンドのパラメータを変数で指定した場合、それが解決されていなかったのを修正。

V12.42
・If 文の条件に ADS (ファイラーでカレントが代替データストリーム一覧)を追加。
・代替データストリーム一覧へのドラッグ&ドロップによるコピーに対応(代替データストリーム一覧からは不可)。
・代替データストリーム一覧でのコマンド制限を見直し。
・代替データストリーム一覧に対して SwapLR コマンドが正しく機能しなかったのを修正。

V12.41
・FixTabPath コマンドでタブの一時固定を解除する際に、すべてのタブを固定前のパスに戻すようにしました。
・代替データストリーム一覧から抜けたときに、そのファイル位置に戻るようにしました。
・代替データストリーム一覧で [..] 位置のタイムスタンプやファイル情報が正しく表示されなかったのを修正。

V12.40
・ファイラーに OpenADS コマンドを追加。カーソル位置のファイルの代替データストリーム一覧を仮想リストとして開きます。仮想リストに対しては、コピー、削除、閲覧などの基本的な操作が可能です。
・DeleteADS コマンドの削除中表示が、反対側のドライブ情報に表示される場合があるのを修正。

V12.39
・FixTabPath コマンドで一時固定されているパスが、TabHome コマンドによって変化しないようにしました。
・タブの右クリックメニューに「カレントパスを一時固定/解除」を追加。
・ファイラーに DeleteADS コマンドを追加。選択中(なければカーソル位置)のファイルから代替データストリームを削除します。パラメータに ZI を指定すれば Zone.Identifier のみの削除も可能。

V12.38
・ファイラーに FixTabPath コマンドを追加。タブを切り替えたときに、カレントパスが変化しないように一時固定します。
・InputDir コマンドのパラメータに ND2 を追加。ND のコンボボックスを、ドロップダウンを開いた状態で表示します。
・Redraw 補助コマンドは、ヘッダとドライブ情報を含むファイルリスト部分全体の描画を制御するようにしました。
・ExeCommandLine コマンドのパラメータに LC を追加。ダイアログを開いた時に、前回用いたコマンド内容を初期表示します。
・コマンドラインの実行ダイアログの「コンソールアプリの出力」で「一覧で表示」のみをチェックしている場合に正しく機能しなかったのを修正。

V12.37
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」に「DIR種別」を追加。ディレクトリのサイズが未取得の場合、代わりにその種別(<DIR> :通常ディレクトリ/ <SYM> :シンボリックリンク/ <JCT> :ジャンクション)を表示します。
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」に「実体表示」を追加。シンボリックリンクやジャンクションの場合、リンク先実体の更新日時を表示します。またファイルのシンボリックリンクでは、リンク先実体のサイズを表示します。この設定は、ファイル/ディレクトリ名検索における更新日時やサイズの比較にも影響します。
・オプション設定 - 一般2 - 「ファイル情報」に「代替データストリーム情報を表示」オプションを追加。ファイルにNTFSの代替データストリームがある場合、そのストリーム名やサイズを表示します。また Zone.Identifier の場合はそのテキスト内容も表示。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索 「その他」に 「代替データストリームを持つ」を追加。
・外部ツールやメニュー定義で設定しているパスの途中に .. が含まれていると、絶対パスに正しく解決できなかったのを修正。

V12.36
・Paste_CL コマンドによるディレクトリのクローン化は、同一パスで同名の場合のみにしました。

V12.35
・Paste コマンドのパラメータに CL を追加。コピーの場合に同名のファイルやディレクトリがあると自動改名書式にしたがってクローン化を行います(同名のものがなければ通常コピー)。
・最近編集/閲覧した/使ったファイル一覧で、栞マークの背景を表示するようにしました。
・最近編集/閲覧した/使ったファイル一覧、栞マーク一覧の右クリックメニューに「ステータスバー」を追加。カーソル位置のファイルについての情報を、オプション設定 - デザイン -「ステータスバーの書式」にしたがって表示します。
・RecentList コマンドのパラメータに BC を追加。最近使った項目のうちリンク先のファイルやディレクトリが存在しなくなっているものが削除されます(一覧の右クリックメニューからも可能)。
・オプション設定 - フォント・配色 の「配色」に検索欄を追加。
・オプション設定 - イベントの検索欄にフォーカスがあるときに ↓ / ↑ キーが機能していなかったのを修正。

V12.34
・最近編集/閲覧した/使ったファイル一覧、栞マーク一覧、拡張子別一覧のファイル一覧で、ShowFileInfo コマンド(パラメータは無視)が割り当てられているキーによってファイル情報をダイアログ表示できるようにしました(右クリックメニューからも可能)。
・最近使ったファイル一覧で、DEL キー、あるいは Delete コマンドが割り当てられているキーによって、カーソル位置の項目(「最近使った項目」内のショートカット)を個々に削除できるようにしました。
・オプション設定 - 一般2 - 「その他」の「開いたファイルを「最近使った項目」に追加」を、一般1 に追加した「最近使ったファイル」グループに移動。また「UNCパスをチェックしない」を追加。最近使ったファイル一覧を取得する際に、リンク先のUNCパスの存在チェックを行いません。拡張子の有無だけでファイルを判別するため、正しい表示にならない場合があります
・ファイラーに ShowLogWin コマンドを追加。ログウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
・アクティブな状況依存ヘルプ画面で F1 キーを押すと、呼び出し元の画面にフォーカスが戻るようにしました。これにより F1 キーで元画面とヘルプ画面の間を交互に行き来できます。

V12.33
・最近使ったファイル一覧の右クリックメニューに「使用日時を表示」を追加。チェックすると、ファイルそのものの更新日時の代わりに、「最近使った項目」に追加された日時が表示されます(エクスプローラと同じ)。
・CalcDirSize、CalcDirSizeAll コマンドのパラメータに SA (結果をサイズの小さい順にソート)、SD(大きい順にソート)を追加(例: CalcDirSizeAll_SD;DirSize.txt)。
・オプション設定 - キー設定 で、パラメータのコンボボックスが編集可能な場合、右クリックメニューからもパラメータを参照できるようにしました(キャレット位置に貼り付け)。
・オプション設定 - キー設定 で、RecentList コマンドのパラメータを設定できなかったのを修正。

V12.32
・オプション設定 - 一般2 - 「その他」に「開いたファイルを「最近使った項目」に追加」を追加。OpenByWin、OpenByApp、FileEdit、BinaryEdit コマンドで開いたファイルを「最近使った項目」に明示的に追加します。追加されたファイルは「最近使ったファイル一覧」に表示されます。
・RecentList コマンドのパラメータに AC を追加。最近使った項目(ファイル以外も含む)をすべて削除します(一覧の右クリックメニューからも可能)。
・ExeCommands コマンドで MsgOff にしている場合、ClearMark_AC、DirHistory_AC、EditHistory_AC、ViewHistory_AC、RecentList_AC コマンドでも確認メッセージを抑止するようにしました。

V12.31
・ファイラーに RecentList コマンドを追加。最近使ったファイル一覧を表示します。
・ショートカットのリンク先が取得できた場合、アプリケーション情報以外のファイル情報も表示するようにしました。またテキストプレビューやイメージプレビューも可能にしました。
・ExeCommands コマンドの定義済み変数に ModalResult を追加。直前に閉じられたモーダルダイアログの戻り値が入ります(1 = OK、2 = キャンセル、6 = はい、7 = いいえ、8 = 閉じる)。例: CreateDir: Test_ModalResult==1 (ディレクトリの作成ダイアログで OK が押されたか?)
・関連付けのポップアップメニューにアプリケーションのアイコンが表示されなくなっていたのを修正。(V12.29)。

V12.30
・文字列検索(GREP)および一覧ダイアログのフィルタに「AND/OR」オプションを追加。複数のキーワードを空白で区切って入力するとAND検索、"|" で区切るとOR検索できます。区切りが混在しているその場合は、空白(AND)の方が | (OR)よりも優先順位が高くなります。
・DirHistory_FM、FindTagName コマンドで検索語の区切りが混在している場合に、| (OR)の方が空白(AND)よりも優先順位が高かったのを修正。
・文字列置換を中断した場合、フィルタによる結果リストの絞り込みができなかったのを修正。

V12.29
・ファイラーに PowerShell コマンドを追加。PowerShell を起動します(FileRun_powershell に相当)。
・オプション設定 - 関連付け で、拡張子に .. を指定することで [..] 位置に対して関連付けを行えるようにしました。これにともない、オプション設定 - コマンド - OpenByApp -の「[..]の場合、カレントパスでコマンドプロンプトを起動」は廃止。チェックしていた場合、自動的に ".. = ExeCommands_:コマンドプロンプト:CommandPrompt" に変換されます。
・オプション設定 - 関連付け の入力コンボボックスで、右クリックメニューの編集動作が効かなくなっていたのを修正(V12.25)。

V12.28
・オプション設定 - コマンド - OpenByApp で「[..]の場合、カレントパスでコマンドプロンプトを起動」がチェックされている場合、ディレクトリへの関連付けよりも優先するようにしました。
・OpenByApp コマンド実行後、カレントにあるファイルがすべて選択状態になってしまう場合があるのを修正(V12.23)。

V12.27
・イメージビュアーで画像分割グリッドを表示している場合に白飛び警告を解除するとグリッドが消えてしまうのを修正。なお、透過画像などもあるため画像分割グリッドには外形線を常に表示するようにしました。
・オプション設定 - 一般2 - 「ファイル情報」の「未処理のキー入力がある場合スキップ」をチェックしてる場合、キーリピート後にカーソルが停止したファイルがフォントだと、そのプレビューが表示されない場合があるのを修正。
・オプション設定 - イメージビュアー -「最小表示タイム」が、アイコンやアニメーションGIfに対して適用されていなかったのを修正。

V12.26
・AddTab コマンドのパラメータに NX (現タブの次に挿入)、PR (現タブの前に挿入)を追加。
・ディレクトリ情報のダブルクリックや InputDir_ND で表示される入力欄の初期状態が全選択にならない場合があったのを修正。

V12.25
・CreateHardLink コマンドで同名ファイルがあった場合の確認メッセージに「すべてに適用」チェックボックスを追加。
・テキストビュアーのCSV/TSVレコードに「グラフ」ボタンを追加。
・テキストビュアーで固定長表示/通常表示を切り替えたときにカーソル行を保持するようにしました。
・CSV/TSVファイルで固定長表示の場合のルーラを、半角単位の目盛ではなく列単位(A、B、C…)で表示するようにしました。
・CSV/TSVファイルでない数値で始まる行からなるテキストファイルに対して、CsvCalc、CsvGraph コマンドが機能しなくなっていたのを修正(V12.22)。

V12.24
・フォントファイルのファイル情報に各種メトリック値(高さを100と仮定)を表示するようにしました。なお「フォント」フォルダ内にあるファイル(特に未インストールの場合)は情報の取得が制限されるようですが、適当な通常ディレクトリにコピーすれば確認可能です。
・シンボルフォントの場合のサンプル表示内容を変えました(デフォルトでU+0021から60字)。また FontSample.INI のキーに Symbol1~ を追加。シンボルフォントの場合の表示内容を変更できます。既存の FontSample.INI にデフォルトの Symbol1~ を追加したい場合は、NyanFi 実行中に FontSample.INI を一旦削除してから「フォントサンプル定義ファイルの編集」を行ってください。

V12.23
・オプション設定 - 一般 - 「コピー動作」の「同名時の自動改名書式」の設定を、アーカイブ内からファイルコピー(解凍)およびFTPアップロード/ダウンロードに対しても適用するようにしました(従来は xxx_連番.xxx の固定)。
・オプション設定 - コマンド に 「FileEdit」 - 「選択状態にかかわらずカーソル位置のみ開く」、「選択を解除しない」を追加。なお FileEdit、OpenByApp、OpenByWin で「選択状態にかかわらずカーソル位置のみ開く」をチェックしている場合、「選択を解除しない」の設定にかかわらず選択状態を解除しないようにしました。

V12.22
・設定メニュー - 「色見本をファイルに保存」を「色見本定義ファイルの編集」に変更。Swatchbook.INI (なければ新規作成)をテキストエディタで開き、再読み込みの確認メッセージを表示します。
・設定メニュー - 「フォントのサンプル表示設定をファイルに保存」を「フォントサンプル定義ファイルの編集」に変更。FontSample.INI (なければ新規作成)をテキストエディタで開き、再読み込みの確認メッセージを表示します。フォントを表示しているイメージプレビューの右クリックメニューからも可能。
・FontSample.INI のキーに ShowGrid、GridColor を追加。1行目のサンプルに指定色で基準ライン(上端、内部レディング、ベースライン、下端)を表示できます。
・タブ、改行記号の表示に用いていた文字(U+21C0、U+21B5)がないフォントがあるため、これらの記号は線で描画するようにしました。
・オプション設定 - コマンド - OpenByApp および OpenByWin に「選択を解除しない」オプションを追加。チェックするとコマンド実行後に選択状態を解除しません。
・単独のファイルに対して OpenByWin コマンドが機能しなくなっていたのを修正(V12.21)。
・名前の変更ダイアログで、禁止文字を置換しない場合、指定した名前にコロンが含まれていると、それ以前の部分が取り除かれた形で改名できてしまうのを修正。改名後の名前に禁止文字が残る場合、プレビューに警告を表示し、改名を行えないないようにしました。

V12.21
・アプリケーション一覧で、UWPアプリ関連の不要なウィンドウを表示しないようにしました。なお、UWPアプリはすべて ApplicationFrameHost として表示されます。判別はキャプションの内容で行ってください。またアイコンの取得が難しいため、擬似アイコン(Microsoft Edge は青地に "e"、他は "UWP")を表示します。
・設定メニューに「フォントのサンプル表示設定をファイルに保存」を追加。出力したファイルを編集すると、フォントファイルをイメージプレビューでサンプル表示する際の内容を設定できます(「NyanFi が用いるファイル」を参照)。
・複数のファイルを選択している場合に OpenByWin コマンドが正しく機能していなかったのを修正。

V12.20
・テキストビュアーに CsvGraph コマンドを追加。カーソル位置のCSV/TSV項目について、最小値/最大値間の相対的な変化を折れ線グラフで表示します。グラフ上をクリックすると、テキストビュアーのカーソルがその項目位置に移動します。なお オプション設定 - フォント・配色 にグラフ関係の配色を追加。
・ファイル情報を表示しようとした際に、他のプロセスによって使用中のため取得を抑止した場合、警告情報を表示するようにしました(強制取得の場合は除く)。
・排他制御によって読み込み禁止になっているファイルに対して名前の変更ダイアログを開いたとき、タイムスタンプが "1899/12/30 00:00:00" になってしまうのを修正。

戻る