2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーなどもなかなか、FTP接続や簡易マクロも実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


ダウンロード V10.16  nyanfi1016.zip 2017-09-16 4.4 MB (ソースコード付)
MD5: 4ac9c8316667214322ed40513a9eff47
※本体から更新の確認、アップデートが可能です。

旧バージョン
nyanfi1015.zip/ nyanfi1014.zip/ nyanfi1013.zip/ nyanfi1012.zip/ nyanfi1011.zip
nyanfi1010.zip/ nyanfi1009.zip/ nyanfi1008.zip/ nyanfi1007.zip/ nyanfi1006.zip

さらに古いバージョンの保管庫もあります。

V10.16
・実行ファイルやDLLなどのファイル情報項目に「マシン」(x86、x64)を追加。
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索で、テキストと思われる拡張子のファイルについて、テキスト内容を文字列検索できるようにしました。
・ファイル名検索で、「アーカイブ内も検索」をチェックし、マスクを空欄にして検索語を指定した場合、拡張子を持たずドットファイルでもないアーカイブ内ファイルがヒットしないのを修正。

V10.15
・V10.11以降、ヘルプファイルが更新されていなかったのを修正。

V10.14
・タブの設定ダイアログ(TabDlg)に、ワークリストの設定(そのまま、ホーム、指定)を追加。タブを切り替えると、ワークリストも指定されているものに切り替わります。
・CurrToOpp、CsrDirToOpp、LinkToOpp コマンドのパラメータに TO を追加。反対パス設定後に反対側へ移動します。
・一覧ダイアログにおいて = 位置で桁揃え表示している場合、横スクロール範囲が適切に設定されないのを修正(ListVar で改行コードを含む長い値内容は除く)。

V10.13
・C++Builder に Hotfix for Inherited VCL Form HighDPI Regression in 10.2.1 を適用。
・ディレクトリに対して ShowFileInfo コマンドを実行した場合、ディレクトリ容量を計算してから情報を表示するようにしました。

V10.12
・オプション設定 - 一般 で「カーソルを常に可視領域に」がチェックされている場合、フォーカスのないファイルリストのスクロールバーをマウスで動かしたときに、プレビューやファイル情報の不要な再描画が行われるのを修正。
・タブの設定ダイアログで、ホームを参照ボタンによって設定すると、末尾に \ が付加されないために正しく機能しないのを修正。

V10.11
・左右が同ドライブの場合、ディレクトリ関係の記号の上下に横線を表示するようにしました。また ∽ 記号は、階層数が1でも表示するようにしました(例: D:\Data ∽ E:\Backup\Data)。
・Windows 10 の場合、アプリケーション一覧のライブサムネイルが表示部の縦横比になってしまうのを修正。

V10.10
・テキストビュアーの情報ヘッダに、カレント側のファイル選択数を表示するようにしました。
・RAWファイルのExif情報に SubIFD2 が含まれていると、画像サイズが適切に取得されないのを修正。
・関数一覧/ユーザ定義文字列一覧/マーク行一覧のタイトルが正しく表示されなくなっていたのを修正。
・関数一覧/ユーザ定義文字列一覧でマーク行の表示が行われなくなっていたのを修正。

V10.09
・ListText、ListTail コマンドで一覧ダイアログを表示している場合の右クリックメニューに「カーソル位置を維持」を追加。一覧ダイアログで前後のファイルに移ったときに、カーソル位置を可能な限り維持します(ダイアログを閉じるとリセット)。
・テキストプレビューの右クリックメニューに「カーソル位置を維持」を追加。テキストファイルを連続的にプレビューした場合、プレビュー表示のカーソル位置を可能な限り維持します。
・数値用入力ボックスで、ボタンが画面内に正しく収まらなくなっていたのを修正(V10.01)。

V10.08
・ファイル情報が非表示(ShowProperty_OFF)でも、プレビューが表示(ShowPreview_ON)で、テキストプレビューが有効な場合、テキストと思われる拡張子のファイルについては、(ファイル情報を取得して)プレビューを試みるようにしました。

V10.07
・ファイラーに ToText コマンドを追加。テキストプレビューが表示されている場合、フォーカスを移します。ファイラーで ToLeft/ToRight、ToParentOnLeft/ToParentOnRight コマンドが割り当てられているキーによって、左/右ファイルリストに戻れます。
・テキストプレビューにフォーカスがある場合、ファイラーやテキストビュアーで割り当てられているのと同じキー(2ストローク操作は除く)でカーソル移動などを行えるようにしました。
・テキストプレビュー、ファイル情報、ログウィンドウにフォーカスがある場合、ファイラーと同様のラインカーソルを表示するようにしました(行背景αはなし)。
・ListLog コマンドで、表示フォントは一覧ダイアログのものを用いるようにしました。配色はログと同じ。

V10.06
・OpenStandard コマンドでテキストビュアーが開かれて戻ったとき、(「実行後にカーソルを下に移動」が有効な場合)カーソルが移動しなくなっていたのを修正(V10.04)。ただし、テキストビュアーで PrevFile/NextFile や Delete コマンドを実行した場合は、閉じるときに表示していたファイルの位置に移ります。

V10.05
・テキストビュアー、イメージビュアーの Delete コマンドのパラメータに SO を追加(指定はできたが機能していなかった)。選択されているファイルのみを削除します。

V10.04
・テキストビュアーに Delete コマンドを追加。選択中(無ければ表示中)のファイルを削除します。表示中のファイルが削除された場合、次のファイルを表示。このコマンドは、通常のファイルリストおよび検索結果リストにおいてのみ有効です。選択中のディレクトリは削除されません。また、バイナリ・ダンプ表示中のファイルは削除できません。削除はバックグラウンド・タスクでは行いません。
・テキストビュアーの SelectFile コマンドのパラメータに NX を追加。実行後に次のファイルを表示します。
・テキストビュアー、イメージビュアーからも ListLog コマンドを実行できるようにしました。
・ディレクトリ履歴での反対側の参照、アプリケーション一覧での一覧/ランチャーのフォーカス移動などを、ファイラーで ToParentOnLeft / ToParentOnRight が割り当てられているキーでも行えるようにしました。
・テキストビュアーでアーカイブ内ファイルを閲覧している場合、SelectFile コマンドが機能しないのを修正。

V10.03
・開発環境を C++Builder 10.2.1 にアップデート。
・オプション設定 - フォント・配色 - 「配色」に、「ステータスバーの背景色/文字色」(メイン画面)、「情報ヘッダの背景色/文字色」(テキストビュアー、イメージビュアー)を追加。
・イメージビュアーでサイドバーを表示している場合、オプション設定 - イメージビュアー -「情報ヘッダを下部に表示」がチェックされていたら、サイドバーに表示される一部の情報も下部に移動するようにしました。

V10.02
・キーボードが日本語キーボード以外の場合、USキーボードと見なし、仮想キーコード VK_OEM_PLUS のキーを "=" (全角)、VK_OEM_1 を ";"、VK_OEM_3 を "`" と表示/処理するようにしました。これにより、オプション設定 - キー設定で、BS 左の = にキーを割り当てられます。なお、USキーボードに対する選択コンボの表示項目を整理。

V10.01
・バックアップダイアログに [コマンドファイルとして保存]ボタンを追加。指定バックアップ元/先を選択中の設定で保存するコマンドファイルを作成します。
・If 文の条件に Removable (ファイラーでカレントがリムーバブル・ドライブ)を追加。
・Windows の設定でスケーリングを100%より大きくしている場合、バックアップダイアログ、マスク選択ダイアログで下部のボタンなどが表示されないのを修正。また、コマンドによって表示されるポップアップメニューのフォントが大きくなってしまう現象に対処。

V10.00
・ファイラーやランチャーで表示するアイコンの取得をスレッドで行うことで、操作性を改善しました。

V9.99
・Susie プラグインを利用している場合、対応拡張子を誤認する可能性があったのを修正。

V9.98
・オプション設定 - 一般 - 表示に「ファイル固有のアイコンを表示」を追加。チェックを外すと、ファイルリストで、ファイル固有のアイコンの代わりに、拡張子に対応するデフォルトのアイコンを表示します。
・オプション設定 - イベント に「ステータスバーをダブルクリック」、「ステータスバーを右クリック」を追加。
・INS キーに割り当てたコマンドが機能しないのを修正。

V9.97
・Windows の設定でスケーリングを100%より大きくしている場合、オプション設定 - フォント・配色 で、配色のインポート/エクスポートボタンが表示されないのを修正。

V9.96
・ExeExtMenu、ExeExtTool コマンドで、サブメニュー項目を抽出してポップアップ表示した場合、選択した項目が正しく実行されないのを修正。

V9.95
・V9.94の問題が解決できたので、メインメニューの追加メニュー/外部ツールにアイコンを表示するようにしました。

V9.94
・メインメニューでアクセラレータキーが効かなくなっていたのを修正(V9.92)。追加メニューや外部ツールのアイコンを表示すると、アクセラレータキーが効かなくなってしまうようなので、メインメニューにはアイコンを表示しないようにしました。解決策が見つかれば戻します。PopupMainMenu、ExPopupMenu コマンドでポップアップ表示した場合は正常に動作するので、アイコンを表示します。

V9.93
・オプション設定 - 一般 - 監視/更新 に「UNCパスをチェック」を追加。チェックを外すと、V9.81~V9.83で追加したUNCパスのチェック機能が無効になります。この場合、無効なUNCパスへのアクセスが発生すると、タイムアウトになるまで制御が返ってきません。環境によると思いますが、UNCパスを開いているファイルリストへのフォーカス移動などが遅い場合、このことを踏まえた上で、チェックを外してみてください。

V9.92
・オプション設定 - 追加メニューで、項目にアイコンを指定できるようにしました。なお、外部ツールについては実行ファイルのアイコンを表示するようにしました。
・ContextMenu コマンドで指定したメニュー定義ファイルで、! だけの行があったら、以降の項目はコンテキストメニューの先頭に表示するようにしました。
・ExeExtMenu、ExeExtTool コマンドで指定した項目がサブメニューの親だった場合、サブメニュー項目を抽出してポップアップ表示するようにしました。

V9.91
・オプション設定 - デザイン - ファイルリスト で「拡張子を分離しない」をチェックしていて、HideSizeTime_ON を実行した場合、拡張子部分が正しく表示されないのを修正。

V9.90
・ファイラーに HideSizeTime コマンドを追加。サイズと更新日時を隠し、名前と種類(拡張子)のみを表示します。これは一時的な変更で、状態は保存されません。
・DirHistory コマンドのパラメータに、GA(全体履歴を表示)、GS(全体履歴をソート/重複削除して表示)、GC(全体履歴を削除)を追加。全体としての履歴は、タブ/左右の個別履歴とは別に管理され、このコマンドでの表示にのみ用いられます。
・.apk (アプリケーションパッケージ)をZIPアーカイブとみなして扱うようにしました。
・同名ファイルの比較ダイアログに「結果を反転」オプションを追加。比較結果の選択状態を反転します(「ディレクトリも比較」、「反対側も選択」を考慮)。
・InputDir コマンドで、UNCパスのファイル名を入力すると、エラーが出るようになっていたのを修正(V9.81)。

V9.89
・Copy コマンドのパラメータに日付条件を指定できるようにしました。条件に合うファイルだけがコピーされます。
・バックアップダイアログに「日付条件」を追加。指定すると、条件に合うファイルだけがバックアップの対象になります。

V9.88
・オプション設定 - 一般2 - ログ に「スキップ項目を非表示」を追加。コピー・移動などで、スキップした項目をログに出力しません。
・アーカイブ内からのコピーで、タイムスタンプの許容誤差が考慮されていなかったのを修正。
・FTPアップロード/ダウンロードの同名ファイル処理で、タイムスタンプの比較が正しく行われていなかったのを修正。

V9.87
・文字列検索(GREP)の表示メニューおよび結果リストの右クリックメニューに、「フィルタの語を強調表示」を追加。結果リストをフィイルタで絞り込んでいる場合、検索文字列の代わりにフィルタの語を強調表示します。
・ドライブ一覧のコンテキストメニューに「ボリューム名の変更」、「最新の情報に更新」を追加。プロパティでボリューム名を変更した場合は、「最新の情報に更新」で反映されます。また、DriveList コマンドで一覧やポップアップを表示する際に、ボリューム名を更新するようにしました。
・「同名ファイルの処理」ダイアログで、左右がともに通常ディレクトリのとき、左右のディレクトリが同一の場合と異なる場合とに分けて、処理方法の選択状態を保持するようにしました。
・「同名ファイルの処理」ダイアログで、「名前を変更」を選択した場合は、「すべてに適用」は必ずチェックが外されているため、状態を保存しないようにしました。なお、この状態はタスク番号ごとに管理されています。

V9.86
・EjectDrive コマンドを実行したり、ドライブ一覧で[取り外し]ボタンを押したりしたとき、対象がCD/DVDドライブ(OS機能によってマウントされたISOドライブを含む)の場合は、コンテキストメニューの「取り出し」に相当する処理を適用するようにしました。
・ドライブ一覧に、CD/DVDドライブのトレイを開くボタンを追加。

V9.85
・振り分けダイアログで、プレビュー一覧の項目をダブルクリックすると、そのマッチ条件となった登録項目が上の一覧で選択されるようにしました。

V9.84
・ファイル/ディレクトリ名検索ダイアログで、前回のマスク欄の内容を保持するようにしました。ファイル名検索とディレクトリ名検索で個別に保持され、再起動時にも復元されます。
・ファイラーに OpenTrash コマンドを追加。エクスプローラでごみ箱を開きます。
・ファイラーに OpenCtrlPanel コマンド(OpenByExp_"shell:ControlPanelFolder" のエイリアス)を追加。コントロールパネルを開きます。

V9.83
・ReloadList コマンド実行時や、NyanFi がアクティブになった際の更新時(「アクティブ時に最新の情報に」が有効な場合)に、UNCパスが無効になっていた場合も、タイムアウト前にESCキーで中断できるようにしました。また、UNCパスを開いているファイルリストにフォーカスが入ったとき、そのパスの存在チェックを行うようにしました。更新やチェックの前にファイル情報の取得処理が発生した場合などには対応していません。
・オプション設定 - 起動時 に「初期パス以外のタブをホームに戻す」を追加。チェックすると、初期パスを設定したタブ以外のすべてのタブを、ホームに戻します

V9.82
・UNCパスの存在チェックで、見つからずにタイムアウトした場合も「中断」と表示されてしまうのを修正。場合によってメッセージを分けるようにしました。

V9.81
・ファイラーで無効なUNCパスを開こうとした場合、パスの存在チェック処理をタイムアウト前にESCキーで中断できるようにしました。チェックを開始して約1秒後に、注意を促すヒント表示が出ます。存在チェックは、その都度スレッドを生成して行います。
・ファイラーで大量のファイルがあるディレクトリを開こうとした場合、ファイルの列挙処理をESCキーで中断できるようにしました。
・InputDir コマンドでUNCパスを入力しようとした場合、名前として有効になるまで(\\コンピュータ名\共有名\)、補完処理を行わないようにしました。

V9.80
・文字列検索(GREP)の表示メニューおよび結果リストの右クリックメニューに、「項目番号をファイル単位で表示」を追加。「結果リストに項目番号を表示」とともにチェックすると、項目番号をファイル単位の連番で表示します。ファイル内で複数行ヒットした場合、最初の行だけに番号が表示されます。
・文字列検索(GREP)の結果リストにおいて、DELキーや Delete コマンドのキーで、カーソル位置の項目を一時的に削除できるようにしました。これは絞り込みを行った場合と同様で、「絞り込みの解除」によって元に戻ります。また、フィルタを適用する際にも解除されます。

戻る