2画面ファイラー NyanFi

キーボード操作主体の2画面ファイラーです(マウス操作も可能)。
そこそこ多機能、ビュアーもなかなか、FTP接続や簡易マクロ、タグ管理、Git連携機能なども実装。
デザインや操作を細かくカスタマイズできます。Windows 10 ダークモードにもなんちゃって対応。

戻る


※左側リストは、CalcDirSizeAll_SG コマンドでディレクトリ容量をグラフ表示中。

スクリーンショット


32ビット版 V14.26  nyanfi1426.zip 2019-11-09 5.8 MB (ソースコード付)
MD5: 3f49883d2d9f2b293c4494e9fe71b231

64ビット版 V14.26  nyanfi64_1426.zip 2019-11-09 6.8 MB (ソースコード付)
MD5: 6900466e0357bdcf756ee1754b7d2ca0

GitHub NyanFi_x86 / NyanFi_x64

Windows XP でも動作する最終版 nyanfi1051_5.zip 2018-03-25

過去バージョンの保管庫もあります。


NyanFi.exe が、カスペルスキーなど一部のウィルススキャンで誤検知されることがあるようです。その場合は、セキュリティソフトの信頼/除外リストなどに登録することで対処してください。もし NyanFi は信頼できないということでしたら、利用をお控えください。

V14.26
・カレントディレクトリのファイル情報で、拡張子別ファイル数の長すぎる拡張子名を省略表示するようにしました(ツールチップで確認可能、コピー時は元の内容)。
・文字列検索(GREP)の結果リストのフィルタによる絞り込みは、「次行表示」のチェック状態を考慮し、表示されている内容だけを対象とするようにしました。
・ExeCommands コマンドの定義済み変数に LastLogText を追加。ログウィンドウの直前の行内容(空行や " >All Task Ready" はスキップ)を取得します。
・リストボックスでズームを行うと、標準スクロールバーのダークモードが解除されてしまうのを修正。また一覧ダイアログでズームを行ったとき、水平スクロールバーが正しく更新されないのを修正。
・一覧やダイアログをスケーリングの異なるディスプレイに移動すると、リストボックスの標準スクロールバーやコンボボックスのダークモードが解除されてしまうのを修正。
・スケーリングが100%より大きいと、タブの底辺が正しく描画されない場合があるのを修正。

V14.25
・Windows 7 で起動できない場合があるのを修正(V14.23)。Windows 8 以降の関数(SetDisplayAutoRotationPreferences)を、Windows のバージョンではなく関数の存在をチェックして使用するようにしました。

V14.24
・イメージプレビューにディレクトリの特大アイコンを表示する場合、背景色にダークモードを適用するようにしました。
・オプション設定 - 関連付け の入力欄の内容が "ExeCommands_" で始まる場合、右クリックメニューからコマンド名を参照できるようにしました。
・Gitリポジトリで ReloadList_HL コマンドを実行したとき、ハードリンクのタイムスタンプが更新されない場合があるのを修正。
・ワークリストのディレクトリ項目に対して SetDirTime コマンドを実行した場合、タスク完了時に表示が更新されないを修正。
・登録ディレクトリダイアログや最近編集/閲覧したファイル一覧などで「場所」が省略表示されている場合、末尾が欠けることがあるのを修正(省略しきれない場合は除く)。
・「ダイアログ」フォントのサイズを大きくに設定していると、メッセージボックスのサイズが適切に調整されず、メッセージにボタンが重なってしまう場合があるのを修正。
・電卓でエラー表示から戻った後の背景色にダークモードが適用されないのを修正。
・テキストビュアーでスクロールバーのノブをドラッグしてスクロールすると表示が乱れる場合があるのを修正。

V14.23
・階層同期(SyncLR)の状態をタブごとに記憶するようにしました。
・オプション設定 - デザイン - 「ファイルリスト」に「拡張子幅」を追加。拡張子の最大表示幅を 'W' の幅を基準とした文字数で指定できます。
・タブレットモードの場合、ランドスケープモードに固定するようにしました(Windows 8 以降)。
・ShowLogWin コマンドでログウィンドウの表示/非表示を切り替えた直後、ファイル情報の項目名の表示幅が狭まって隠れてしまうのを修正。
・最近編集/閲覧したファイル一覧の項目に代替データストリームが含まれているとフリーズする場合があるのを修正。

V14.22
・ToOppSameItem コマンドで左右の項目位置を揃えるのが可能な場合、カレント側のトップ位置も調整するようにしました。
・オプション設定 - コマンド - SyncLR - 「項目位置も同期」を追加。階層同期機能が有効な場合、カーソル位置と同名の項目が反対側にあれば、その位置も同期して点線カーソルを表示します(ToOppSameItem_NO コマンド相当)。

V14.21
・名前の変更ダイアログのMP3/FLACタブで書式参照ボタンを押した場合、入力コンボボックスの直前のキャレット位置と選択状態を考慮して挿入するようにしました(連番タブの場合と同様)。
・名前の変更ダイアログの名前タブで「関連ファイルの同時改名」が適用されると、改名終了時にエラーが発生して正常に操作できなくなるのを修正(V14.05)。

V14.20
・オプション設定 - 一般 - ディレクトリ履歴 に「ソート方法を記憶する」を追加。ディレクトリが変化した際、履歴情報を元にソート方法を復元します。履歴はタブ/左右で個別管理されているため、同じディレクトリでも履歴が異なるとソート方法も異なります。またタブ毎に保持されているソート方法は無視され履歴にしたがいます。履歴がない場合は復元されませんので注意してください。特定のディレクトリに対して決まったソート方法を指定したい場合は、.naynfi ファイルの利用をお勧めします(DotNyanDlg)。.naynfi (上位継承を含む)でソート方法に「そのまま」以外を指定していると優先的に適用されます。
・オプション設定 - 一般 - ディレクトリ履歴 に「保存数」を追加。INIファイルやタブグループ・ファイルを保存する際のタブ/左右ごとの最大履歴数を指定できます。
・テキストビュアーでCSV/TSVファイルを固定長表示していて、OpenURL コマンドを実行したりダブルクリックしたりした場合は、カーソル位置の項目からURLを取得するようにしました。省略表示になっていても、元の内容から取得します。
・NyanFi 起動後、USB接続のカードリーダー・ライターなどに後からメディアを挿入した場合、ドライブ一覧やポップアップにアクティブなドライブとして表示されないのを修正。
・タブの設定ダイアログにおいて、「ワークリスト」で「設定」を選んだ場合、入力欄の背景にダークモードが適用されないのを修正。

V14.19
・テキストビュアーでCSV/TSVファイルを固定長表示している場合の右クリックメニューに「列幅の最小化」を追加。項目を選んでチェックすると、その列幅が最小化され内容が非表示になります。設定内容は代替データストリームに nyanfi.def という名前で保存されます。
・CSV/TSVレコードの右クリックメニューに「URLを開く」を追加。
・NTFSでないドライブで OpenADS コマンドを実行しようとした場合に警告を出すようにしました。
・横幅の広いメッセージボックスなどを表示した際に、メイン画面の左端からはみ出ないようにしました。

V14.18
・テキストビュアーでCSV/TSVエクスポートを行う場合、元ファイル全体を一時バッファに読み込んで処理するようにしました。オプション設定 - テキストビュアー の「テキスト最大読込サイズ」による制限がかかっている場合でも、すべての行内容がエクスポートされます(ソート状態も考慮)。
・CSV/TSVエクスポートダイアログの「出力ファイル名」欄に参照ボタンを、右クリックメニューに「元ファイル名を挿入」を追加。
・最大読込サイズを超えたCSV/TSVファイルをテキストビュアーで固定長表示している場合、情報ヘッダに "(部分)" が、最終行に "……続く……" が表示されないのを修正。
・テキストビュアーで Sort コマンドが正しく機能しない場合があったのを修正。

V14.17
・7-zip32.dll 文字化け対策版を用いてZIP/7z形式のアーカイブ内で RenameDlg コマンドを実行した場合、- や @ で始まる名前の改名も行えるようにしました。なお、ZIP/7z形式以外では警告を出すようにしました。
・テキストビュアーでのCSV/TSVファイルの固定長表示を改善。項目幅制限で1行に収まって余裕ができた場合、その分を振り分けて再調整を行うようにしました。
・NameFromClip コマンド実行後、ファイル情報がカーソル位置のものにならないのを修正。

V14.16
・FTPS接続を TLS1.2 に移行しました。

V14.15
・CsrDirToOpp コマンドのパラメータに LK を追加。反対側への反映動作を維持します。カーソル移動のたびにカーソル位置のディレクトリが反対側で開かれます。
・一般的なテキストボックス/コンボボックスの右クリックメニューにWeb検索を追加。WebSearch コマンドの設定を用いて選択語(無ければテキスト全体)を検索します。
・OpenStandard コマンドでカーソル位置の .nwl ファイルを開いてからファイルリストに戻った場合、元のカーソル位置に戻るようにしました。
・ファイラーで Enter キーに何も割り当てられていない場合、デフォルトの OpenStandard コマンドを明示的に割り当てておくようにしました。
・オプション設定 - 通知・確認 -「ディレクトリの削除制限」一覧の文字色にダークモードが適用されない場合があったのを修正。

V14.14
・ファイラーの Copy、Move コマンドのパラメータに PR を追加。タスク実行中に同名ファイルがあったときの処理(すべてに適用)をダイアログで事前に指定できます。なお直前に SetCopyMode 補助コマンドを実行することでも指定可能(例: SetCopyMode_N:Copy)。

V14.13
・文字列検索(GREP)/文字列置換画面において、マスク/サブディレクトリ設定部分およびフィルタ設定部分の最小幅を制限することで、入力欄が隠れないようにしました。なお設定部分の左右サイズは間の境界線をドラッグすることで変更できます。

V14.12
・ShowIcon コマンドのパラメータに AC を追加。キャッシュされているアイコンをすべて削除できます。
・アプリケーション一覧の右クリックメニューに「コマンドラインパラメータを表示」を追加。テキスト内容の後に、コマンドラインのパラメータ部分を追加表示します。
・文字列置換も文字列検索(GREP)と同様に、マスクが無指定のとき(選択時は除く)は[開始]ボタンを押せないようにしました。また不正な正規表現が入力されているときの配色が文字列検索(GREP)の場合と異なっていたのを修正。
・FTPリモート側の項目に対して CopyFileName コマンドを実行した場合、パス無しファイル名などが正しく取得できないのを修正。
・一覧ダイアログなどでマウスホイールによるズームイン/アウトが正しく機能しなくなっていたのを修正(V14.10)。

V14.11
・ヘルプの各オプション設定トピックに、主な設定項目のデフォルト値を記載するようにしました(空欄の場合やチェックボックスなどは除く)。
・V12.80で廃止した オプション設定 - イメージビュアー - 「見開き表示で1ファイルずつ移動」 に関する記述がヘルプに残っていたのを削除・修正。

V14.10
・ブラウザからリンク項目をドロップしたとき、ドメイン下で favicon.ico が取得できたらインターネットショートカットの代替データストリームに favicon という名前で保存し、リストのアイコン表示に用いるようにしました。なお IE のお気に入りと同様に .png 形式の favicon も表示できます。
・オプション設定 - 一般 - 表示 に「favicon 取得API」を追加。リンク項目のドロップ時に favicon.ico が取得できなかった場合に利用する取得APIのURLを指定できます(デフォルト: http://www.google.com/s2/favicons?domain=\D)。
・ブラウザからドロップしたリンク項目のファイル名に対して、URLエンコードされた文字列のデコードおよび禁止文字/連続空白の置換を行うようにしました。
・ダークモード適用時、オプション設定で「ダイアログ」フォント変更して適用した場合、直ちに反映されなかったのを修正。なお変更したフォントによっては、チェックボックスなどのキャプションの位置がずれる場合があります。そのときは NyanFi の再起動してください。
・アーカイブの作成ダイアログの拡張子表示が入力欄の後ろに隠れてしまっていたのを修正(V10.62)。

V14.09
・カーソル位置の代替データストリームに対して RenameDlg コマンドを実行することで、そのストリーム名を変更できるようにしました。
・ディレクトリやアーカイブに thumbnail.jpg という名前の代替データストリームがある場合、それを優先的にイメージプレビューするようにしました。
・FTPリモート側にある画像を ImageViewer コマンドで閲覧後、サムネイル表示を以前の状態を戻すようにしました。
・FTPリモート側にある画像を ImageViewer コマンドで表示させてから閉じようとしたとき、オプション設定 - イメージビュアー - 「閉じた時に栞マークを設定」が有効になっていると、エラーが出て閉じられなくなるのを修正。
・サムネイル非表示の状態でイメージビュアーを開いてからサムネイルを表示させた場合、内容が表示されなくなっていたのを修正(V14.08)。

V14.08
・Windows 10 以降の場合、「縮小・拡大アルゴリズム」で「高品質バイキュービック」を利用できるようにしました。「補間しない」を選択していた場合は値が一つずれるため設定し直してください。
・オプション設定 - イメージビュアー - 「サムネイル」に「縮小」を追加。サムネイルを作成する際の縮小アルゴリズムを指定できます。
・オプション設定 - イメージビュアー - 「サムネイル」に「代替データストリームにキャッシュ」を追加。取得したサムネイルを代替データストリームに保存します(thumbnail.jpg、thumbnail.txt)。「キャッシュしないパス(前方一致)」を指定可能。
・DeleteADS コマンドのパラメータに TC を追加。イメージビュアーで保存されたサムネイルキャッシュ(thumbnail.???)のみを削除します。
・イメージビュアーを開いたとき、カーソル位置を中心にしてサムネイルの取得範囲を広げていくようにしました。
・イメージビュアーでサムネイル表示のスクロールバーにダークモードが適用されない場合があるのを修正。
・イメージビュアーでサムネイル全面表示の場合、PageDown コマンドによる移動量が正しくなかったのを修正。

V14.07
・名前の変更ダイアログで、IMEの入力確定時にプレビューが動作せず、改名が正しく行われなくなっていたのを修正(V14.06)。また、連番/置換/MP3/FLACタブでのIME入力を修正。なおIMEに入力中の文字列がある間はプレビューが更新されません。途中で変換した内容は、すべて確定するか未確定文字列をキャンセルした時に反映されます。

V14.06
・ファイラー、イメージビュアーに SetInterpolation コマンドを追加。オプション設定 - イメージビュアー - 「縮小・拡大アルゴリズム」を変更します(複数間のトグル切り替え可能)。
・名前の変更ダイアログで、IMEによる入力が正しく行えない場合があるのを修正。

V14.05
・マウスのプロパティ - 「ポインターを自動的に規定のボタン上に移動する」を、デフォルトボタンを持つすべてのダイアログやメッセージボックスで機能するようにしました。
・単独項目に対して名前の変更ダイアログを開いた直後、名前の入力ボックスに前回の内容が一瞬表示されるのを修正。

V14.04
・オプション設定 - フォント・配色 に「ツールチップの背景色/文字色」を追加。
・最近使ったディレクトリ一覧(DirHistory_RD)で削除操作を行った場合、項目に該当するショートカットを削除するようにしました。
・名前の変更ダイアログで処理に失敗したときの再試行、およびワークリストの保存に失敗したときの再試行確認メッセージにダークモードが適用されていなかったのを修正。
・一部のエラーメッセージで、テキスト内容ではなく内部識別番号が表示されるようになっていたのを修正(V13.87)。

V14.03
・イメージビュアーでカラーピッカー使用中にマウスが画像上にある場合、カーソルキーでマウスポインタを1pxずつ移動できるようにしました。またクリックの代わりに ENTER キーでも確定できるようにしました。
・ファイラー、テキストビュアー、ディレクトリ履歴、タグ名検索、ランチャーのインクリメンタルサーチで、疑似キャレットを点滅させるようにしました。
・インスペクタの上部情報表示部分に「情報ヘッダの背景色/文字色」を適用するようにしました。
・ランチャーでのキー操作において、パラメータ付きの ToParent コマンドが割り当てられたキーによっても、親ディレクトリに移動できるようにしました。
・SubDirList コマンドのダイアログで、上部のパンくずリスト部分にもダークモードを適用するようにしました。だだし、描画が不完全になるのを避けるため、フラットではないボタンスタイルで表示します。適用しない場合は従来と同じ。
・SubDirList コマンドのダイアログ幅が左側ファイルリストよりも広い場合、メイン画面の左端からダイアログがはみ出ないようにしました。
・SubDirList コマンドのダイアログでのキー操作において、ToParent コマンドが割り当てられたキーによっても親ディレクトリ(パンくずリストで左)に移動できるようにしました。なお、PrevTab/NextTab コマンドのキーで左右に移動できなくなっていたのを修正。

V14.02
・すべての進捗バーの配色に「タスク進捗バー色/背景色」を適用するようにしました。これに伴い名称を「進捗バー色/背景色」に変更。なお自前で描画するようにしたため、アニメーション効果はありません。
・DirHistory コマンドのパラメータに RD を追加。最近使った項目(%APPDATA%\Microsoft\Windows\Recent)のうち、リンク先が通常ディレクトリのものが一覧表示されます。
・EqualListWidth のエイリアスとして BorderCenter コマンドを追加。ファイルリストの境界を中央に移動します。
・ヘルプメニューに「動作環境情報をコピー」を追加。NyanFi や OS の情報をクリップボードにコピーします。不具合報告などの際に利用してください。
・起動後初めて変更ダイアログを開いたとき、複数ファイルを選択していると、文字種設定などの共通部分にダークモードが適用されないのを修正。
・OptionDlg_KYO コマンドでキー設定を開いたとき、下部のタブを一旦切り替えないと2ストロークキーのコンボボックスが有効にならないのを修正。

V14.01
・開発環境を C++Builder 10.3.2 にアップデート。
・多数のアイコンを持つファイル(.exe、.dll など)をイメージビュアーで開いたとき、必要な表示高が画面サイズを超えると正しく表示されないのを修正。
・一覧ダイアログ、特殊フォルダ一覧、最近編集したファイル一覧などで、フィルタ欄の文字色にダークモードが適用されなくなっていたのを修正(v13.94)。

V14.00
・「ダークモード: パネルの背景色」が設定されていて、起動後に OptionDlg_KYO コマンドでキー設定を開いた後、通常のオプション設定を開くと、キー設定以外のタブページへのダークモード適用が不完全になるのを修正。

V13.99
・OptionDlg コマンドのパラメータに KYO を追加。直前の画面モードを保持したまま、「キー設定」のみのダイアログを開きます(設定メニュー - 「キー設定」でも可能)。
・OptionDlg コマンドの実行時、初回以外でも準備中ヒント表示を行うようにしました。
・ファイラーでインクリメンタルサーチ中に OptionDlg コマンドを実行できなくなっていたのを修正。
・MsgBox~ 補助コマンドのメッセージ指定で、' (シングルクォーテーション)内の文字列は、\ によるエスケープシーケンスを無視してそのまま表示するようにしました(例: MsgBox_":カレント:'%CurPath%'")。
・MsgBox~ 補助コマンドで指定したタイトルがメッセージボックスに表示されなくなっていたのを修正(V13.84)。
・Gitビュアーで、ブランチの削除確認メッセージにダークモードが適用されていなかったのを修正。

V13.98
・PlayList コマンドのパラメータに PP を追加。プレイリストが再生中なら一時停止、そうでなければ再生します。
・PlayList コマンドのパラメータで、再生モードや対象とともに LS も同時指定できるようにしました。
・PlayList_LS コマンドで表示される一覧ダイアログに、再生/一時停止および前/次曲再生ボタンを追加。また一覧で ENTER キーを押した場合、カーソル位置のファイルが再生中なら一時停止、そうでなければ再生するようにしました。
・画像を持たないMP3ファイルなどをプレビューしようとたときに "読み込み中..." 表示が残るのを修正。
・ListTail コマンドで開いた一覧ダイアログに、監視・通知ボタンが表示されない場合があるのを修正。
・最近編集/閲覧したファイル一覧、栞マーク一覧などで、ボタンのキャプションが省略表示になる場合があるのを修正。
・一覧ダイアログのステータスバーで、エンコーディングのBOM付/無がダブって表示されていたのを修正。

V13.97
・ダークモードを適用している場合、画像ファイルの変換で、選択した形式の拡張子が付加されず処理に失敗するのを修正。
・画像の印刷ダイアログにおいて、移動ボタンで印刷不可のファイルに移ったとき、プレビューに直前の表示画像の一部が残るのを修正。またダイアログで、再生中のアニメーションGIFが印刷不可になっていなかったのを修正。

V13.96
・オプション設定 - 関連付け の一覧にアイコンを表示するようにしました。
・メニューバー項目のアクセラレータキーがすべてデフォルトの状態で起動した場合(キー設定に依存)、項目幅の設定処理が行われず幅が広くなってしまうのを修正(V13.89)。なお v13.95 での修正は、これが起きていない場合のことで、項目幅が8pxずつ広くなっていたのを直したものです。

V13.95
・ダークモードが適用されているオーナー描画メニューのエッジ部分が太くならないようにしました。またサブメニューのマークが見やすいように背景部分の色を少し明るくしてみました。
・メニューバーの各項目の幅が少し広くなっていたのを元に戻しました。
・ファイルメニュー - 「最近開いたワークスト」のサブメニュー、別ウィンドウのテキストビュアーの右クリックメニュー、オプション設定 - 関連付け のテスト表示用ポップアップメニューにダークモードが適用されていなかったのを修正。
・スケーリングが100%より大きい場合、スプラッシュ画面およびバージョン情報のサイズがスケーリングされていなかったのを修正。
・文字列検索(GREP) - 拡張設定 - 出力方法 - 「起動アプリケーション」のチェックボックスを外していても、状態表示に「起動: ~」と表示されてしまうのを修正。

V13.94
・タイトルバーとウィンドウの境界線にもダークモードが適用されるようになりました(Windows の設定で「タイトルバーとウィンドウの境界線」にアクセントカラーが指定されていない場合)。

V13.93
・ソートダイアログの「ソート方法」グループボックス内でカーソルキーを押すと、確定して閉じてしまうようになっていたのを修正(V13.88)。

V13.92
・スケーリングが100%より大きい場合、グループボックスのキャプションが大きくなりすぎたり、チェックボックスやラジオボタンとそのキャプションとの間が詰まったりするのを修正。また ContextMenu コマンドのパラメータにメニュー定義ファイルを指定した場合、追加項目のアイコンがスケーリングされないのを修正。
・オプション設定を開いたときに、一般2 - 「NyanFi 呼び出しホットキー」、および コマンド - 「AppList」 - ホットキー の設定が解除されてしまうようになっていたのを修正(v13.84)。

V13.91
・ファイラー以外の画面のメニューバーで、非表示項目より後の項目をアクセラレータキーで選ぼうとするとずれてしまうのを修正(v13.89)。

V13.90
・PopupMainMenu コマンドで表示されるポップアップメニューにダークモードが適用されなくなっていたのを修正(v13.89)。

V13.89
・オプション設定 - フォント・配色 に「メニューバーの背景色/文字色/ホットトラッキング色」を追加。これにより、画面のすべての部分をダーク系に統一できます。

V13.88
・文字列検索(GREP) - 拡張設定 - 出力方法 - 「起動アプリケーション」にチェックボックスを追加。指定の有効/無効を切り替えられます。また、出力形式 - 「ファイル情報の書式」の書式文字列に $B (パス無しファイル名)を追加。
・オプション設定 - フォント・配色 - 「Windows 10 のダークモードを適用」が無効な場合、ソートダイアログでアクセラレータキーによってソート方法を変更すると「無効/非表示ウィンドウにはフォーカスを設定できません」というエラーメッセージが出るのを修正(V13.84)。

V13.87
・ファイルを開く/保存のコモンダイアログにもダークモードが適用されるようになりました(エンコーディング指定可能なテキスト保存ダイアログは除く)。
・名前の変更ダイアログでタブを切り替えたときのちらつきを改善。

V13.86
・オプション設定 - フォント・配色 で「ダークモード: パネルの背景色」を変更後、ファイル名検索ダイアログにすぐ反映されないのを修正。
・ダークモードで FindFileDirDlg、FindDirDlg、FindText、WebSearch、Paste_EX コマンドを実行した場合、非表示チェックボックスのキャプションが残ってしまうのを修正。
・ダークモードのオプション設定ダイアログで、検索ヒットマークの表示が乱れるのを修正。またスケーリングが100%より大きい場合に検索ヒットマークのサイズ/位置が合わないのを修正。

V13.85
・ファイル名検索ダイアログの拡張検索において、Exif情報の条件有効/無効に対する背景色が反転していたのを修正(V13.84)。

V13.84
・すべてのダイアログについてダークモードを適用できるようにしました(画像指定以外のコモンダイアログは除く)。なおダークモードにした場合、起動後最初にオプション設定を開くときに時間がかかります(準備中ヒント表示あり)。
・オプション設定 - フォント・配色 に 「ダークモード: 無効な項目の背景色」、「ダークモード: 不正な入力項目の背景色」を追加。
・アクセラレータキーが正しく機能しない個所や重複を修正。

V13.83
・文字列検索(GREP)/文字列置換の操作部、XMLビュアー、カラーピッカー、正規表現チェッカーについてもダークモードを適用できるようにしました。
・オプション設定 - フォント・配色 に「ダークモード: パネルの背景色」を追加。ダークモードが適用されている操作パネル部分の背景色を変更できます。
・名前の変更ダイアログの「連番」タブで使用できる書式文字列に \Z(~) を追加。指定した初期文字列から始まるアルファベット順の文字列になります(末尾が Z なら A に戻って桁上がり)。

V13.82
・オプション設定 - フォント・配色 - 「Windows 10 のダークモードを一部に適用」の対象に、各種一覧やダイアログの下部操作パネルのうち未対応だったものを追加(登録ディレクトリ、キー割り当て一覧、ドライブ一覧、タグ設定/検索など)。

V13.81
・オプション設定 - フォント・配色 - 「Windows 10 のダークモードを一部に適用」の対象を追加。主な標準スクロールバー(シンプルスクロールバー適用可能箇所、イメージビュアー、XMLビュアー、正規表現チェッカー)、InputDir_ND および Filter コマンドの入力コンボボックス、各種一覧のフィルタ欄、一部のダイアログの下部操作パネル、ドライブ使用率推移のコンボボックスに適用されます。
・起動後、イメージビュアーを最初に開いたとき、ルーペがサイドバーにドッキングしていると、下部の倍率ボタンが表示されないのを修正(V13.43)。

V13.80
・オプション設定 - フォント・配色 に「Windows 10 のダークモードを一部に適用」を追加。Windows 10 (1809以降)のダークモードを一部の配色に適用します。今のところ対応しているのは、メニュー項目(メニューバー部分は除く)のみです。
・オプション設定 - マウス操作 - 「ファイル名部分で選択」をチェックしている場合、名前が長すぎて省略表示になっていると、拡張子以降の部分をクリックしても選択されてしまうのを修正。

戻る