思考支援ツール
IdeaFragment2
混沌からカタチが生まれてくる喜びを

IdeaFragment2 は、思いつきや気になる言葉の断片を画面に並べ、
いろいろと動かしたり、眺めたりしながら、考えを練るためのツールです。
いわゆるKJ法のようなことが画面上でできます。

戻る

ダウンロード V2.26  if2u226.zip 2016-09-27 1.8 MB (ソースコード付)
MD5: 5ef57dd01f8745f621a24d852ef05f35

V2.26
・ランタイムテーマを有効にしました。
・リンク表示のアイコンで、ファイル固有のものもキャッシュするようにしました。

V2.25
・最大断片数1000の制限をなくしました。断片数1000を超えるファイルを以前のバージョンで開くと1000までしか読み込まれませんので注意してください。
・オプション設定の検索機能は、画面右下の検索欄に入力した文字列が変化するごとに検索が行われるようにしました。
・ヘルプ画面で、Ctrl+Fキーによって検索ボックスが開かないのを修正。

V2.24
・浮動化されたツールバーやグループリストの処理を改善。内容を表示したままスムーズに移動できるようになりました。
・オプション設定 - デザイン - フォントの「ダイアログ」で、10ポイント以下のサイズも指定できるようにしました。
・オプション設定 - デザイン - フォントの「断片」を変更すると、「選択中断片の文字」の配色が変わってしまうのを修正。
・V2.00でUnicode化されてから文字数に関して全角/半角の区別がなくなっていたにもかかわらず、ヘルプの記述などが古いままになっていたのを修正。

V2.23
・開発環境を C++Builder 10 Seattle から C++Builder 10.1 Berlin にアップグレードしました。
・初回起動時の画面位置が適切でなかったのを修正。

V2.22
・MP3ファイルの埋め込み画像を取得する際に、メモリ確保・解放のあやしい箇所があったの修正。

V2.21
・ファイル保存ダイアログのサイズ変更ができなくなってしまったのを修正。

V2.20
・開発環境を C++Builder XE6 から C++Builder 10 Seattle にアップグレードしました。
・起動時オプションで複数のデータファイルを指定できるようにしました。
・リンク先ファイルの名前に半角空白が含まれていると、関連付けによって開けない不具合を修正。

V2.17
・画像断片に埋め込み画像を持つMP3ファイルを指定できるようにしました。画像とともにリンクマーク/アイコンも表示でき、関連付けにしたがって開けます。
・リンクマークをアイコンで表示している場合、独自に関連付けが設定されていたら、そのアプリケーションのアイコンを表示するようにしました。
・管理者として実行していない場合、オプション設定 - その他2 -「データファイル(.IFD)の関連付け」の設定ボタンを無効にするようにしました。

V2.16
・オプション設定 - デザイン のフォントに「ダイアログ」を追加。ただしサイズは10ポイント固定。
・配色およびフォント設定コンボボックスの表示を改善。
・バージョン情報が中央に表示されなくなっていたのを修正。

V2.15
・内部レディングがあるフォントを使用した場合に表示が乱れるのを修正。
・「モノクロ(1色)で印刷する」にしていても、関係線に個別色が設定されているとそれがカラー印刷されてしまう不具合を修正。

V2.14
・断片のプロパティ・ダイアログを開くとフリーズする場合がある不具合を修正。

V2.13
・画像断片にメタファイル(.WMF、.EMF)を使用できるようにしました。

V2.12
・C++Builder XE6 不正なBMPファイルの脆弱性の修正を適用しました。

V2.11
・Susie プラグインで画像の表示を行うとメモリリークが発生する不具合を修正。

V2.10
・開発環境を C++Builder XE3 から C++Builder XE6にアップグレードしました。
・画像の表示や保存の処理に WIC を使用するようにしました。
・「画像として保存」の保存形式に TIF を追加。
・オプション設定 - 断片 に「画像の縮小・拡大アルゴリズム」を追加。

V2.09
・オプション設定 - プラグイン で、Susie プラグインの設定ダイアログを開けるようにしました。
・オプション設定 - プラグイン に「プラグインを優先的に使用する」を追加しました。

V2.08
・複数の Susie プラグインがあると、画像が表示できてい場合がある不具合を修正しました。

V2.07
・Windows のテーマを用いていると、設定画面の表示がおかしくなったり、項目検索結果の強調表示がされない不具合を修正しました。

V2.06
・全体図において、関係線の個別色が反映されない不具合を修正しました。

V2.05
・編集メニューに「元に戻す」と「やり直し」を追加しました。すべての編集操作を最大100回まで戻せます。「位置アンドゥ」と「位置リドゥ」は廃止。

V2.04
・オプション設定に、設定項目の検索機能を付けました。

V2.03
・メモリリークが発生する場合がある不具合を修正しました。

V2.02
・二重起動しようとしたアプリからのコマンドラインが正しく受け取れない不具合を修正しました。

V2.01
・「画像として保存」で、前回選んだファイルの種類が復元されない不具合を修正しました。
・画像断片のファイル参照ダイアログで、ファイルの種類に PNG と GIF が抜けていたのを追加。

V2.00
・開発環境を C++Builder 2007 から C++Builder XE3に変更しました。
・Unicode に対応し、多言語の混在などが可能になりました。データファイルは Unicode(UTF-8) で保存されます(読み込みは従来の ShiftJIS も可能)。
・オプション設定 - その他2 に「Unicode(UTF-8)でエクスポート」を追加しました。
・正規表現エンジン BREGEXP.DLL が不要になりました。
・PNG および GIF 画像も、Susieプラグインなしで表示できるようになりました。
・ファイルメニュー - 「画像として保存」で、PNG および GIF でも保存できるようになりました。


戻る