ホットキーユーティリティー
HotQ


ホットキーに以下のような機能を割り付けられるユーティリティーなのです。
 ・アプリケ-ションの起動(複数可)
 ・指定ウィンドウをアクティブにする(見つからない場合にアプリ起動も可)
 ・指定ウィンドウの最小化、閉じる (複数可)
 ・アクティブなウィンドウにキーを送る
 ・QXエディタ(新井健二(araken)さん作)に指定マクロを実行させる
 ・Windowsの終了、再起動、ログオフ
 ・フォアグランドウィンドウを最大、最小化、元サイズに、閉じる、位置・サイズ設定
 ・全てのウィンドウを最小化または元に戻す
 ・タスク切り替え
 ・フォアグランドのアプリケーションを強制終了
 ・サウンドを鳴らす、壁紙の変更、スクリーンセイバー起動
 ・モニタの電源を切る
 ・CDドライブのトレー開閉
 ・ポップアップメニューによるランチャー機能、文字列の貼り付け
 ・キーワードによるコマンドランチャー機能
 ・クリップボード履歴機能/定型文機能

ただし全ての設定は INIファイル編集で行います。
「初心者にやさしいソフト」なんてクソくらえぇ~ヽ^'Q';^丿

戻る

ダウンロード V1.75  hotq175.zip 2017-04-22 1.4 MB (ソースコード付)
MD5: 46a7519c104f43c96147a0d47aacea5e

V1.75
・定型文リストの定義ファイルの書式文字列に \\ (\ そのもの)、\- (これ以降、書式文字列を展開しない)を追加。

V1.74
・開発環境を C++Builder 10.2 Tokyo にアップグレード。
・クリップボード履歴の抽出、除外、解除ボタンを廃止。フィルタ欄に入力すると抽出表示、空欄にすると絞り込みを解除するようにしました。
・クリップボード履歴でフィルタ欄にフォーカスがある場合でも、 ↓/↑キーで履歴リストでの移動、Enter キーで選択中の項目を貼り付けられるようにしました。
・クリップボード履歴のフィルタに Migemo オプションを追加。Migemo モードで絞り込みを行えます([General] MigemoDir で Migemo のインストールディレクトリを指定)。

V1.73
・開発環境を 10.1 Berlin Update2 - Anniversary Edition にアップデート。
・クリップボード履歴で、Alt+F でフィルタ欄へ Alt+L で履歴リストへフォーカスできるようにしました。
・クリップボード履歴のフィルタ欄に文字列が入力されている場合、Enter で抽出、Shft+Enter で除外に、またフィルタ欄が空の場合 Enter で絞り込みを解除できるようにしました。
・クリップボード履歴でプレビュー表示によってカーソルが隠れた場合、見える位置までスクロールするようにしました。
・クリップボードへのコピーを行ったソフトで「クリップボード アクセスが拒否されました」というエラーが出る場合がある不具合に対処。

V1.72
・履歴リストの表示で、タブ文字の後が1文字欠けてしまうようになっていたのを修正。

V1.71
・[ClipboardList] SelBgColor (選択項目の背景色)を追加。
・[General] WmPasteClass で、Edit、Tedit、TLabeledEdit、TMemo、TRichEdit については無指定でもデフォルトで適用するようにしました。
・履歴リストでプレビュー表示が変化するときに、リストが一瞬揺れるのを修正。
・クリップボード履歴への追加処理を修正しました。

V1.70
・開発環境を C++Builder XE6 から C++Builder 10 Seattle にアップグレードしました。

V1.69
・ホットキー設定に Description を追加。ホットキー一覧に表示する説明文を設定できます。
・ホットキーに ActivateWndTitle~ などしか設定されていなと、一覧でその内容が表示されないのを修正。

V1.68
・不明なコマンドを実行しようとしたり、処理に失敗したときにエラーメッセージを表示するようにしました。
・[PopupMenu] PopupDir 下のサブディレクトリのショートカットファイルが実行されない不具合を修正。

V1.67
・部分一致によるウィンドウタイトルの判定が単独では機能していなかったのを修正。
・INIファイル内にコメント(行頭が;)を書けるようにしました。

V1.66
・部分一致によるウィンドウタイトルの判定を可能にしました(ActivateWndTitleM1~、MinimizeWndTitleM1~、CloseWndTitleM1~)。なお、検索語を / で囲むと正規表現パターンとみなされます。
・ホットキー一覧表示の位置・サイズが正しく保存・復元できなくなっていたのを修正。

V1.65
・開発環境を C++Builder XE3 から C++Builder XE6 に変更しました。
・壁紙画像の読み込みに WIC を使用するようにしました。
・[ClipboardList] に WmPasteClass (WM_PASTE メッセージで貼り付けを行うクラス名)を追加。

V1.63
・Vista 以降で MONITOR_OFF が効かない不具合を修正。

V1.62
・定型文リストで項目を編集した際に保存されていなかった不具合を修正。
・定型文リストの項目編集欄では、改行(\n)とタブ(\t)を展開して扱うようにしました

V1.61
・定型文定義ファイルの選択ボタンを追加([ClipboardList] TextDataBtn1~8 で定義ファイル名を割当)。
・Command に CLIPBOARD_T1~8(クリップボード履歴を開き、定型文選択ボタンにアクセス)を追加。

V1.60
・[ClipboardList] に Transparent(透明化の度合い)を追加しました。
・[ClipboardList] に MaxLineCnt(履歴に入れる最大行数)を追加しました。
・[ClipboardList] に ExceptWord1~(履歴に入れない検索語、正規表現可)を追加しました。
・クリップボード履歴の右クリックメニューに、「ソート : サイズ」と「ソート : 行数」を追加しました。
・定型文リストのポップアップメニューに「セパレータを挿入」を追加しました。
・定型文リストでセパレータを削除できない不具合を修正。
・定型文リストのポップアップメニューで「定型文の定義ファイルを編集」が有効にならない不具合を修正。

V1.59
・定型文リストに項目の編集機能を追加しました。
・定型文リストのタブや改行を、履歴リストと同様に表示するようにしました。

V1.58
・履歴リストのステータスバー表示をバイトから文字数に修正しました。

V1.57
・履歴リストにプレビュー機能を追加([ClipboardList] PreviewLn、FontSizeV、FgColorV、BgColorV)。
・WallPaper=none で壁紙無しにならない不具合を修正しました。

V1.56
・[ClipboardList] ShowLnCt (履歴リスト項目の行数表示)、LnCtColor(行数表示の文字色)を追加しました。

V1.55
・クリップボード履歴の画面に定型文機能を追加しました(タブで切替)。
・Command に CLIPBOARD_C と CLIPBOARD_T を追加しました。

V1.52
・[General] Editor にQXエディタ以外が設定されている場合でも、[General] QxEditor にQXエディタを指定しておけば、QXマクロを実行できるようにしました。

V1.51
・RECYCLE(設定の再読込)が正しく行われない不具合を修正しました。
・二重起動しようとしたアプリからのコマンドラインが正しく受け取れない不具合を修正しました。

V1.50
・開発環境を C++Builder 7 から C++Builder XE3に変更しました。
・クリップボード履歴などで、Unicode に対応しました。
・Unicode(UTF-8 BOM付)のメニュー定義ファイルも読み込めるようにしました。
・壁紙にPNGおよびGIFファイルも指定できるようにしました。


戻る