HTML→テキスト変換ツール
H2Tconv

H2Tconv は、ローカルあるいはインターネットからのHTML文書をテキストに変換するツールです。
HTML文書からタグを取り除き、段落、整形、見出し、横罫線、箇条書き等をテキストで再現します。またタイトルや日付等の情報を埋め込んだヘッダ/フッタを付けることもできます。
変換したテキストは、クリップボートにコピーしたりファイルに出力できます。
複数HTMLファイルを変換した場合、結果を連結して一つにまとめることも可能。

変換内容は以下の通りです。


ダウンロード V1.13  h2tcv113.zip 2017-04-28 1.3 MB (ソースコード付)
MD5: 0860541a121fe8d5922addb4b907848b

V1.13
・開発環境を C++Builder 10.2 Tokyo にアップグレード。
・ブラウザからリンク項目をドロップできるようにしました。なお、ドロップは、入出力ページの一覧部分でのみ受け入れるようにしました。

V1.12
・変換の設定に「指定部分の削除」を追加。指定した class または id の要素(div、section、article、article、nav、table、ul、ol、dl)を削除します。

V1.11
・開発環境を C++Builder 10 Seattle から C++Builder 10.1 Berlin にアップグレードしました。
・ランタイムテーマを有効にしました。
・変換の設定 に「コンテンツ区切り罫線」を追加。指定した class の div 要素や、section、article、nav 要素の前に罫線を挿入できます。
・ヘルプ画面で、Ctrl+Fキーによって検索ボックスが開かないのを修正。

V1.10
・開発環境を C++Builder XE6 から C++Builder 10 Seattle にアップグレードしました。

V1.01
・文中に全角文字が含まれている場合、「桁数で改行」や位置揃えなどが正しく行われなくなっていたのを修正。
・変換の設定 - HR罫線 - 「罫線文字」が全角だと、1行の文字数が倍になってしまうのを修正。

V1.00
・開発環境を C++Builder 2007 から C++Builder XE6 に変更しました。
・その他の設定に「出力コード」を追加。出力ファイルの文字コードを指定できます。
・日本語を含むURLは、エンコードして処理するようにしました。
・その他、細かな修正を行いました。

V0.91
・変換に失敗した場合の処理を改善しました。

V0.90
・画面にメニューボタンを付け、設定の読込・保存などの機能を追加しました。
・バージョン情報はメニューに移しました。
・コマンドラインで設定ファイルを指定できるようにしました。

V0.89
・開発環境を C++Builder 6 から C++Builder 2007 に変更しました。
・コメントアウトされていない <script> や <style> 部分を削除するようにしました。


戻る