HTML→テキスト変換ツール
H2Tconv

H2Tconv は、ローカルあるいはインターネットからのHTML文書をテキストに変換するツールです。
HTML文書からタグを取り除き、段落、整形、見出し、横罫線、箇条書き等をテキストで再現します。またタイトルや日付等の情報を埋め込んだヘッダ/フッタを付けることもできます。
変換したテキストは、クリップボードにコピーしたりファイルに出力したりできます。
複数HTMLファイルを変換した場合、結果を連結して一つにまとめることも可能。

変換内容は以下の通りです。


ダウンロード V1.19  h2tcv119.zip 2018-10-15 1.4 MB (ソースコード付)
MD5: 9096a15a7b2663b35897c604a9566100

V1.19
・コマンドラインから変換を行った場合、桁数、連続空行制限、出力ファイル名の字数制限の設定が正しく適用されなかったのを修正。

V1.18
・置換で冗長な処理があったのを修正。

V1.17
・「置換の設定」タブを追加。変更後のテキストに対して文字列置換(正規表現も使用可能)を行えます。
・INIファイルをUTF-8で保存するようにしました。
・「テキスト出力先」が「元と同じ」で、「その他の設定」の「タイトルから出力ファイル名をつくる」をチェックしている場合、複数ファイルを変換すると出力先が実行ディレクトリになってしまうのを修正。

V1.16
・開発環境を C++Builder 10.2.3 にアップデート。
・ESCキーで変換を中断できるようにしました。
・コマンドラインからの変換で、対象にディレクトリを指定できるようにしました。その階層下にあるすべてのHTML文書(*.*htm*)を検索して対象とします。
・メッセージボックスを画面の中央に表示するようにしました。

V1.15
・文字実体参照で、› と € が抜けていたのを修正。

V1.14
・開発環境を C++Builder 10.2.2 にアップデート。
・すべての文字実体参照と数値文字参照を変換するようにしました。なお、非ユニコードで出力する場合、 、©、®、 、 、–、— については適当な文字に変換しますが、それ以外でコードにない特殊文字は ? になりますので注意してください。

V1.13
・開発環境を C++Builder 10.2 Tokyo にアップグレード。
・ブラウザからリンク項目をドロップできるようにしました。なお、ドロップは、入出力ページの一覧部分でのみ受け入れるようにしました。

V1.12
・変換の設定に「指定部分の削除」を追加。指定した class または id の要素(div、section、article、article、nav、table、ul、ol、dl)を削除します。

V1.11
・開発環境を C++Builder 10 Seattle から C++Builder 10.1 Berlin にアップグレードしました。
・ランタイムテーマを有効にしました。
・変換の設定 に「コンテンツ区切り罫線」を追加。指定した class の div 要素や、section、article、nav 要素の前に罫線を挿入できます。
・ヘルプ画面で、Ctrl+Fキーによって検索ボックスが開かないのを修正。

V1.10
・開発環境を C++Builder XE6 から C++Builder 10 Seattle にアップグレードしました。

V1.01
・文中に全角文字が含まれている場合、「桁数で改行」や位置揃えなどが正しく行われなくなっていたのを修正。
・変換の設定 - HR罫線 - 「罫線文字」が全角だと、1行の文字数が倍になってしまうのを修正。

V1.00
・開発環境を C++Builder 2007 から C++Builder XE6 に変更しました。
・その他の設定に「出力コード」を追加。出力ファイルの文字コードを指定できます。
・日本語を含むURLは、エンコードして処理するようにしました。
・その他、細かな修正を行いました。

V0.91
・変換に失敗した場合の処理を改善しました。

V0.90
・画面にメニューボタンを付け、設定の読込・保存などの機能を追加しました。
・バージョン情報はメニューに移しました。
・コマンドラインで設定ファイルを指定できるようにしました。

V0.89
・開発環境を C++Builder 6 から C++Builder 2007 に変更しました。
・コメントアウトされていない <script> や <style> 部分を削除するようにしました。


戻る