チベットの真実を訴えるピースウォーク 2009/09/19

サイレントウォーク中に読み上げられた口上


パターン1

ご通行中の皆さま、お騒がせしております。
皆さまは、チベット問題をご存じでしょうか。
独立国チベットは50年前に中国に侵略されました。

現在「上野の森美術館」で行われている「聖地チベット - ポタラ宮と天空の至宝 」展は、チベット侵略の事実を隠しています。

チベットは中国の一部ではありません。
聖地チベットは独立国チベットに住む、チベット人のものです。

私たちはその真実を日本の皆さまに訴えるため、また、犠牲者に哀悼の意を表し上野公園に向かって平和的に行進しています。

50年前まで、チベットは、独立した国家でした。
独立国チベットは、中華人民共和国の成立後、すぐに武力で侵略され、不当な手段で国そのものを奪われました。

中国共産党は6,000以上の寺院を破壊し、信仰の対象である仏像を破壊しつづけてきました。
中国支配下の50年間で、120万人のチベット人が拷問や死刑、戦闘、飢餓などで命を落としています。
そのような歴史の真実を、どうか日本の皆さまにも知っていただきたいと思います。


パターン2

ご通行中の皆さま、お騒がせしております。
私たちは、今日から「上野の森美術館」で行われる「聖地チベット - ポタラ宮と天空の至宝 」展における偏った展示内容に抗議し、日本の皆さまにチベットの真実を訴えるために、現在上野公園に向かって行進しています。

チベットは、かつては2千年の歴史を持った独立国でした。
しかし、50年前に、中国共産党に侵略されてしまいました。
侵略以後、中国共産党は、6千に及ぶ寺院を破壊し、同時に膨大な数の仏像を破壊してきました。

それなのに、侵略と略奪の事実を隠したまま、チベットの財宝を「中国の宝」として世界中で展示しています。
結果的にこの展覧会は、中国政府によるチベット支配の正当性を主張するための展覧会となっています。

チベットではいまもなお、人々は死の恐怖におびえて暮らしています。
私たち日本人は、自由な社会の一員として、彼らのために声を上げる義務があると思います。

日本の皆さまに、ぜひチベットの実情を、真実を知っていただきたいと思います。